【今週のオリコン】HKT48、デビューからのシングル連続1位記録を10作に更新!アルバムはNMB48が3度目の“てっぺん”

2017.08.08

【シングル】
HKT48の最新シングル「キスは待つしかないのでしょうか?」(8月2日発売)が、発売初週に20.0万枚を売り上げ、今週発表の最新8月14日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:7月31日~8月6日)で初登場1位を獲得した。

HKT48のシングル1位獲得作品数は、デビュー曲の「スキ!スキ!スキップ!」(2013年3月発売)から今作までで節目の通算10作目。あわせて、同グループが女性アーティスト歴代最多を誇るデビューからのシングル連続1位獲得作品数【※】も10作連続に更新している。

今作はHKT48の10作目のシングルで、表題曲のセンターポジションは「最高かよ」(2016年9月発売)以来2作ぶり2度目の松岡はなが担当。疾走感と瑞々しさ溢れる楽曲のミュージックビデオは現役女子大生の映画監督・松本花奈氏がメガホンを取った。

【※】歴代2位は欅坂46の4作連続。グループからのソロ、ユニットデビューとなるアーティストは対象外。

(C)AKS

【シングル、その他のトピック】
◆BOYS AND MENの最新シングル「帆を上げろ!」(8月2日発売)が、初週売上16.5万枚で2位に初登場した。同ユニットは「BOYMEN NINJA」(2016年1月発売:最高1位)以来4作連続、通算4作目のシングルTOP3入り。表題曲は、メンバーの勇翔も出演しているドラマ『マジで航海してます。』(MBS・TBS系)の主題歌に起用された。
◆ももいろクローバーZにとって、およそ1年ぶりとなる最新シングル「BLAST!」(8月2日発売)が、初週売上5.0万枚で3位に初登場し、前作「ザ・ゴールデン・ヒストリー」(2016年9月発売:最高2位)に続いて2作連続のTOP3入り。今作の通常盤と初回限定盤Aには、表題曲に加えてニューヨーク・ヤンキース田中将大投手の登場曲「何時だって挑戦者」が収録されている。
◆TVアニメ第2期が今秋放送予定の『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場するアイドルグループ、Aqoursの担当声優たちの同名ユニットによる「『ラブライブ!サンシャイン!!』デュオトリオコレクションCD VOL.1 SUMMER VACATION(夏への扉 Never end ver.)」
(8月2日発売)が、初週売上2.6万枚で4位に初登場。Aqours関連シングル作品は「君のこころは輝いてるかい?」(2015年10月発売:最高3位)以来すべてがTOP5入りとなった。
◆韓国の9人組男性グループ、SF9の日本における2ndシングル「Easy Love」(8月2日発売)が、初週売上2.5万枚で5位に初登場。今作は、日本デビューを飾った前作「Fanfare」(今年6月発売)の最高6位と、累積売上2.4万枚を初週にしてそれぞれ上回る好スタートとなり、ともにシングル自己最高を記録した。

【アルバム】
NMB48の3rdアルバム『難波愛~今、思うこと~』(8月2日発売)が、発売初週に15.9万枚を売り上げ、今週発表の最新8月14日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:7月31日~8月6)で初登場1位を獲得した。

NMB48のアルバム1位獲得作品数は、『てっぺんとったんで!』(1st:2013年2月発売)と『世界の中⼼は⼤阪や~なんば自治区~』(2nd:2014年8月発売)に続いて通算3作目。オリジナルアルバムでは1stから3作連続の1位獲得となった。

今作にはリード曲「まさかシンガポール」をはじめ、「ドリアン少年」「僕以外の誰か」などの1位獲得シングルも収録。NMB48は今作を引っ提げ、タイ・香港・台湾での初のアジアツアーと、神奈川、愛知、大阪でアリーナツアーを行うことが決まっている。

【アルバム、その他のトピック】
◆UVERworldの約3年ぶりとなる9thアルバム『TYCOON』(8月2日発売)が、初週売上8.2万枚で2位に初登場。ベスト盤も含め、UVERworldは『BUGRIGHT』(2007年2月発売)から9作連続、通算10作目のアルバムTOP5入りとなった。
◆EXILE HIRO、DJ MAKIDAI、VERBAL (m-flo)、DJ DARUMAからなるクリエイティブユニット、PKCZ(R)の1stアルバム『360°ChamberZ』(読み:スリーシックスティ・チェンバーズ/8月2日発売)が、初週売上4.2万枚で3位に初登場。初アルバムにしてTOP3入りを果たし、好スタートを切った。本作には、EXILE THE SECOND、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBEをはじめ、海外からもMETHOD MAN (Wu-Tang Clan)、AFROJACKなど豪華アーティストが参加している。
◆山下達郎の『COME ALONG』シリーズの33年ぶり3作目となる新作アルバム『COME ALONG 3』(8月2日発売)が、初週売上2.8万枚で4位に初登場。最新マスタリング盤で同日発売された同シリーズの第2弾『COME ALONG 2』も初週売上1.1万枚で10位に初登場し、アルバム2作同時TOP10入りを記録した。山下達郎にとって、アルバム2作同時TOP10入りは1976年のソロデビュー以来初めて。また男性ソロアーティストによるアルバム2作同時TOP10入りは、斉藤和義が2013年11月4日付で記録した『斉藤』(2位)、『和義』(3位)以来、3年9ヵ月ぶりとなる。
◆Hey! Say! JUMPの最新アルバム『Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O』(7月26日発売)が、週間売上2.5万枚で5位にランクイン。初登場1位を獲得した先週8月7日付から2週連続のTOP5入りとなった。
◆声優で歌手としても活躍している宮野真守の約2年ぶりとなる6thアルバム『THE LOVE』(8月2日発売)が、初週売上1.9万枚で6位に初登場。前作『FRONTIER』(2015年9月発売)が記録した初週売上1.8万枚を上回り、アルバム自己最高初週売上の好スタートとなった。
◆欅坂46の初アルバム『真っ白なものは汚したくなる』(7月19日発売)が、週間売上1.4万枚で7位にランクイン。初登場1位を獲得した7月31日付から3週連続のTOP10入りとなった。
◆1988年に解散したロックバンド、BOOWYが、1987年7月31日(兵庫・ワールド記念ホール)、8月7日(神奈川・横浜文化体育館)の2夜限定で開催した伝説的ライブ『“GIGS” CASE OF BOOWY』の全演奏曲目を収録したライブアルバム『“GIGS”CASE OF BOOWY -THE ORIGINAL-』が、ライブから30年を迎える8月7日に発売となり、集計期間(7月31日~8月6日)内に店着発売され、初週売上1.2万枚で8位に初登場。来週以降さらなる浮上が期待される。
※「BOOWY」の2個めの「O」はスラッシュありが正式表記


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人