【今週のオリコン】欅坂46、初アルバムが25万枚超え首位発進!シングルはSKE48が通算17作目の1位獲得

【アルバム】
欅坂46の初アルバム『真っ白なものは汚したくなる』(7月19日発売)が、発売初週に27.9万枚を売り上げ、今週発表の最新7月日31付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:7月17日~7月23日)で初登場1位を獲得した。

全アーティストを通じて初アルバムでの初週売上25万枚突破は、2013年3月11日付においてNMB48が『てっぺんとったんで!』(2013年2月発売:初週売上32.8万枚、最高1位)で達成したのに続いて、およそ4年半(4年5ヵ月)ぶりの快挙となり、昨年の鮮烈なデビューから右肩上がりの注目度の高さをうかがわせた。

今作は初回仕様限定盤TYPE-A・Bと通常盤の3形態からなり、女性アーティストの1stシングルで歴代最高の初週売上(26.2万枚)を記録した「サイレントマジョリティー」からの全シングル4作を全形態に収録。また新曲は、リード曲「月曜日の朝、スカートを切られた」やデビュー以来、不動のセンターを務める平手友梨奈のソロ曲「自分の棺」など全形態あわせて16曲におよび、圧巻の内容となった。

【アルバム、その他のトピック】
◆テミン(SHINee)の日本におけるソロ2ndミニアルバム『Flame of Love』(7月18日発売)が、初週売上5.0万枚で2位に初登場。前作の日本1stミニアルバム『さよならひとり』(2016年7月発売)が記録した最高3位と累積売上4.9万枚を初週にして上回る好スタートとなった。
◆スピッツの結成30周年を記念した全45曲入りシングルコレクション『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』(7月5日発売)が、週間売上2.2万枚で3位に入り、初登場1位を獲得した先々週7月17日付から3週連続TOP3入り。
◆韓国の5人組男性グループ、MYNAMEの日本における5thアルバム『MYNAME is』(7月19日発売)が、初週売上2.1万枚で4位に初登場。『I.M.G.~without you~』(2015年3月発売)から4作連続、通算6作目のアルバムTOP5入りを記録した(ベスト盤を含む)。
◆西川貴教が総合プロデュースを務め、音楽プロデュサーの志倉千代丸が企画・制作を手がけるイケメンアイドルプロジェクト、B-PROJECTの1stアルバム『S級パラダイス BLACK』(7月19日発売)が、初週売上1.6万枚で5位に初登場。同日発売の『~ WHITE』(同)は、初週売上1.5万枚で初登場7位となり、2作ともにTOP10入りを記録した。
◆徳永英明の4年ぶり17枚目のオリジナルアルバム『BATON』(7月19日発売)が、初週売上1.4万枚で8位に初登場。徳永のアルバムTOP10入りは今作で通算30作目となり、「アーティスト別アルバムTOP10獲得作品数ランキング」の男性ソロ部門において、槇原敬之と並び歴代3位タイとなった(歴代1位は矢沢永吉の53作、2位は長渕剛で39作)。
※「徳永英明」の「徳」と「英」は旧字体が正式表記

【シングル】
SKE48の最新シングル「意外にマンゴー」(7月19日発売)が、発売初週に27.3万枚を売り上げ、今週発表の最新7月31日付オリコン週間シングルランキング(集計期間7月17日~7月23日)で初登場1位を獲得した。

SKE48の「シングル1位獲得作品数」は今作で通算17作目となり、これまで同数でならんでいた乃木坂46の16作を上回り、同記録における女性グループ歴代単独3位に浮上。また「シングル1位連続獲得作品数」も「バンザイVenus」(2011年3月発売)から17作連続とし、同記録ではAKB48(35作連続)に次ぐ女性グループ歴代2位の座をキープしている。

SKE48にとって21作目のシングルとなる今作は、前作「金の愛、銀の愛」(2016年8月発売)の初週売上25.2万枚を上回る好スタートを記録。表題曲は「パレオはエメラルド」(2011年7月発売)以来6年ぶりの夏ソングで、センターには初選抜での大役となった小畑優奈が抜擢された。

【シングル、その他のトピック】
◆水樹奈々が、今月19日に同時発売したシングル2作が、TOP3にそろって初登場。「TESTAMENT」が初週売上3.3万枚で2位、「Destiny’s Prelude」が同3.1万枚で3位を獲得し、ソロアーティストとしては歴代最多となる2度目のシングル2作同時TOP3入りを達成した。水樹は過去、2011年4月25日付において「SCARLET KNIGHT」(2位)と「POP MASTER」(3位)でシングル2作同時TOP3入りを初記録。当時、女性ソロアーティストとしては4人目、男性ソロアーティストを含めても7人目【※1】の快挙を成し遂げていたが、今回これを上回る2度目の達成によって、堂々のソロアーティスト新記録樹立となった。
なお、今週付では、水樹がキャラクターボイスを務める「風鳴翼」名義のシングル「戦姫絶唱シンフォギアAXZ キャラクターソング3(月下美刃)」(7月19日発売)も初週売上1.3万枚で8位に初登場。シングル3作(以上)同時のTOP10入りは、ソロアーティストでは4人目の達成【※2】となる。

【※1】女性ソロでは故・藤圭⼦さん、松田聖子、浜崎あゆみ、男性ソロではさだまさし、寺尾聰、氷川きよしがそれぞれ1度達成。
【※2】ソロでは故・尾崎豊さん、倖田來未(ともに3作同時)、宇多⽥ヒカル(4作同時)がそれぞれ達成。

◆10-FEETによる最新シングル「太陽の月(太陽4号/月~sound jammer せやな~/少し眠っていたんだ)」(7月19日発売)が、初週売上2.5万枚で4位に初登場。前作「ヒトリセカイ×ヒトリズム」(今年2月発売)の最高4位とならんで自己最高位タイを記録するとともに、前々作「アンテナラスト」(2016年7月発売:最高5位)以来3作連続のTOP5入りとなった。
◆THE RAMPAGE from EXILE TRIBEによる3rdシングル「Dirty Disco」(7月19日発売)が、初週売上2.3万枚で5位に初登場。1stシングル「Lightning」(最高2位)から3作連続のTOP5入りとなった。
◆動画共有サイトの“歌い手”からメジャーデビューを果たした男性ソロシンガー、天月-あまつき-のメジャー3rdシングル「Mr.Fake/ツナゲル」(7月19日発売)が、初週売上1.6万枚で6位に初登場。初週にして累積売上枚数、獲得順位いずれもシングル自己最高を記録するとともに、同じく初のTOP10入りを果たした。
◆韓国の男性グループ、ROMEO(ロミオ)の日本における1stシングル「WITHOUT U」(7月19日発売)が、初週売上1.4万枚で7位に初登場し、初陣をTOP10入りで飾った。


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人