【今週のオリコン】スピッツ、結成30周年記念盤が首位&19作同時TOP100入り!シングルはHey! Say! JUMPが20作連続で1位

【アルバム】
スピッツの結成30周年を記念した全45曲入りシングルコレクション『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』(7月5日発売)が、発売初週に13.1万枚を売り上げ、今週発表の最新7月17日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:7月3日~7月9日)で初登場1位を獲得した。

スピッツのアルバム1位獲得は通算11作目で、『小さな生き物』(2013年9月発売)が2013年9月23日付で獲得して以来3年10ヵ月ぶり。また同日に発売され、「魔法のコトバ」(2006年7月発売)から「みなと」(2016年4月発売)までのシングル曲に、今年あらたにレコーディングした楽曲を加えた全15曲収録の『CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection』も8位(初週売上1.0万枚)でTOP10入りし、『~1991-1997~』も98位となった。

そのほかスピッツは、同日にアナログ盤を中心に発売された過去作品も多数ランクインしており、今週付では上記3作を含む全19作がTOP100入り。アルバムランキングにおける19作の同時TOP100入りは、2013年1月14日付で達成したAKB48とならびアーティスト歴代最多タイの記録となり、男性アーティスト(グループ・ソロ含む)としては故マイケル・ジャクソンが2009年7月20日付、ザ・ビートルズが2009年9月21日付ほかで、ともに記録した16作を上回り、歴代最多となった。

今週付1位を獲得した『CYCLE HIT 1991-2017 ~』にはデビュー曲「ヒバリのこころ」(1991年3月発売)から、41thシングル「みなと」(2016年4月発売)までの全シングル表題曲に、今年4月からフジテレビ系情報番組『めざましテレビ』のテーマソングに起用されている「ヘビーメロウ」など新曲3曲を含めた全45曲が3枚組で収録されている。

【アルバム、その他のトピック】
◆GENERATIONS from EXILE TRIBEの4thアルバム『涙を流せないピエロは太陽も月もない空を⾒上げた』(7月5日発売)が、初週売上9.5万枚で2位に初登場。前作の3rdアルバム『SPEEDSTER』(2016年3月発売)が記録した初週7.1万枚を上回り、自己最高のアルバム初週売上を記録した。今作は「涙」「PIERROT」「太陽も月も」のシングル3曲をはじめ、初CD化された片寄涼太出演映画&ドラマ『兄に愛されすぎて困ってます』主題歌の「空」を含む全13曲が収録されている。
◆韓国9人組ガールズグループ、TWICEの日本デビューアルバム『#TWICE』(6月28日発売)が、週間3.7万枚で3位に入り、初登場2位を獲得した先週7月10日付に続いて2週連続TOP3入りを記録した。
◆4人組男性ボーカルユニット、浦島坂田船(読み:うらしまさかたせん)の最新アルバム『Four the C』(7月5日発売)が、初週売上2.9万枚で4位に初登場。前作『CRUISE TICKET』(2016年3月発売、最高5位)が記録した累積2.0万枚、またFourpe(cv.浦島坂田船)名義によるシングル「SHOW MUST GO ON!!」(4月発売、最高8位)が記録した累積2.2万枚を初週で上回り、アルバム・シングル通じて自己最高売上を記録した。
◆the HIATUSの細美武士が率いる4人組ロックバンド、MONOEYESの2ndアルバム『Dim The Lights』(7月5日発売)が、初週売上2.8万枚で5位に初登場。1stアルバム『A Mirage In The Sun』(2015年7月発売、最高3位)に続いて2作連続のTOP5入りを記録している。
◆三浦祐太朗が、自身の母で1980年に芸能界を引退した元歌手・山口百恵の名曲を歌い継いだ最新カバーアルバム『I’m HOME』(7月5日発売)が、初週売上1.2万枚で7位に初登場。自身がボーカルを務めていたロックバンド、Peaky SALT名義の作品も含め、アルバム・シングルを通じて自己最高位・最高売上を記録するとともに、初のTOP10入りを果たした。今作は三浦自身が厳選したという「さよならの向う側」「秋桜」「謝肉祭」「イミテイション・ゴールド」「夢先案内人」「プレイバック part2」「曼珠沙華」「いい日旅⽴ち」の全8曲が収録されている。
◆LOVE PSYCHEDELICOの最新アルバム『LOVE YOUR LOVE』(7月5日発売)が、初週売上0.8万枚で10位に初登場。今作で通算10作目となるアルバムTOP10入りを記録した。『IN THIS BEAUTIFUL WORLD』(2013年4月発売)以来、約4年ぶりのオリジナルアルバムとなる今作は、上⼾彩主演の映画『昼顔』主題歌の「Place Of Love」を含む全13曲が収録されている。

【シングル】
Hey! Say! JUMPの通算20作目のシングルで、メンバー・有岡大貴、八乙女光、高木雄也の3人組ユニット・A.Y.T.による楽曲も収録した両A面シングル「Precious Girl/Are You There?」(7月5日発売)が、発売初週に25.6万枚を売り上げ、今週発表の最新7月17日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:7月3日~7月9日)で初登場1位を獲得した。

Hey! Say! JUMPの「シングル1位獲得作品数」は、今作で節目の通算20作目に到達。また、あわせて「デビューからのシングル連続1位獲得作品数」も「Ultra Music Power」(2007年11月発売)から同じく節目の20作連続に更新し、同・連続記録ではアーティスト歴代4位の座につけている。

「Precious Girl」は恋する女性に向けての応援歌。Hey! Say! JUMPも出演中のコーセーコスメポート“フォーチュン”CMソングに起用されている。もう一方の「Are You There?」は、6月より放送中の日本テレビ 新深夜ドラマ『孤食ロボット』の主題歌。同ドラマの主演も務めるA.Y.T.の3人が、懐かしさを感じさせるテクノポップサウンドにのせて、前向きな思いを明るく歌い上げる。
※「高木雄也」の「高」ははしご高が正式表記

【シングル、その他のトピック】
◆SEKAI NO OWARIの最新シングル「RAIN」(7月5日発売)が、初週売上5.9万枚で2位に初登場。表題曲が、現在公開中の映画『メアリと魔女の花』の主題歌に起用されている今作は、前作「Hey Ho」の最高3位を上回る好スタート。同バンドは「眠り姫」(2012年5月発売:最高4位)以来、9作連続のシングルTOP5入りを記録している。
◆AAAによる、新体制発足後初のシングル「No Way Back」(7月5日発売)が、初週売上3.4万枚で3位に初登場。AAAは「Love Is In The Air」(2013年6月発売:最高3位)から17作連続のシングルTOP5入りを達成し、変わらぬ人気ぶりをうかがわせている。
◆Suchmosの最新シングル「FIRST CHOICE LAST STANCE(WIPER/OVERSTAND)」(7月5日発売)が、初週売上2.8万枚で4位に初登場した。同グループは、前作「MINT CONDITION(MINT)」(2016年7月発売:累積3.4万枚)の初週売上0.9万枚と最高14位をともに大きく上回り、初のシングルTOP5入り。今作は自主レーベル「F.C.L.S.」からの第1弾シングルとなる。
◆フェアリーズの最新シングル「恋のロードショー」(7月5日発売)が、初週売上2.4万枚で6位に初登場した。今作は初週で、前作「Synchronized ~シンクロ~」(今年3月発売:最高4位)の累積売上2.2万枚を上回る好スタートで、同グループは「Kiss Me Babe/ひらり」(2015年3月発売:最高5位)から6作連続、通算13作目のシングルTOP10入り。
◆俳優で、歌手としても活躍中のDEAN FUJIOKA(ディーン・フジオカ)による1st EP「Permanent Vacation/Unchained Melody」(7月5日発売)が、初週売上1.5万枚で7位に初登場。シングル初ランクインをTOP10入りで飾った。今作には、自身の主演映画『結婚』の主題歌「Permanent ~」と、同じくインフルエンサーを務める報道・情報番組『サタデーステーション/サンデーステーション』のエンディングテーマ「Unchained ~」に起用された表題曲2曲加え、人気アニメ『ユーリ!!! on ICE』のオープニングテーマ「History Maker(EP mix)」を含む全4曲が収録されている。
◆嵐の最新シングル「つなぐ」(6月28日発売)が、週間売上2.6万枚で5位となり、先週付(初登場1位)に続いて2週連続のTOP5入り。
◆TVアニメ第2期が今秋放送予定の『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場するアイドルグループ、Aqoursの担当声優たちの同名ユニットによる「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours CLUB CD SET(Landing action Yeah!!)」(6月30日発売)が、週間売上0.7万枚で10位となり、先週付(初登場3位)に続いて2週連続のTOP10入りとなった。


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人