【今週のオリコン】嵐、大野智主演映画の主題歌が48作目の首位!アルバムは関ジャニ∞が9作連続で1位に

【シングル】
嵐の最新シングル「つなぐ」(6月28日発売)が、発売初週に38.9万枚を売り上げ、今週発表の最新7月10日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:6月26日~7月2日)で初登場1位を獲得した。

嵐のシングル1位獲得は今作で通算48作目となり、現在アーティスト歴代1位のB’z(通算49作)に肉薄。同・連続獲得作品数も「PIKA★★NCHI DOUBLE」(2004年2月発売)から41作連続に更新した。

今作は嵐にとって52作目のシングルで、表題曲は7月1日より公開されているリーダー・大野智の主演映画『忍びの国』の主題歌。嵐の楽曲が映画主題歌に起用されるのは、2013年に⼆宮和也主演作『プラチナデータ』で「Breathless」が起用されて以来、約4年ぶりのこととなる。

【シングル、その他のトピック】
◆EXILE THE SECONDの最新シングル「Summer Lover」(6月28日発売)が、初週売上3.6万枚で2位に初登場した。今作は、前作「SUPER FLY」(今年2月発売)の初週売上3.5万枚と最高4位をともに上回る好スタート。同ユニットは、改名前のTHE SECOND from EXILE時代も含めてシングル全作がTOP5入りとなった。
◆TVアニメ第2期が今秋放送予定の『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場するアイドルグループ、Aqoursの担当声優たちの同名ユニットによる「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours CLUB CD SET(Landing action Yeah!!)」(6月30日発売)が、初週売上3.1万枚で3位に初登場した。収録曲の「Landing action Yeah!!」は、現在展開中の「Aqours Next Step! Project」のテーマソング。
◆ゆずの新作『4LOVE』EP(愛こそ/日常/ビーチ/ロンリーカントリーボーイ)」(6月28日発売)が、初週売上2.4万(24,345)枚で4位に初登場した。ゆずは、先週付で5位を獲得した『謳おう』EP(カナリア/タッタ/天国/保土ヶ谷バイパス)」(今週付13位)に続いて2週連続の新作EP発売。今作も上位入りとなり、「少年」(1998年9月発売:最高10位)からの自身のシングルTOP10入り数を46作連続、通算46作目に更新した。また、ゆずは、今週付アルバムランキングで18位(週間売上0.5万枚)にランクインした20周年記念ベスト『ゆずイロハ 1997-2017』(今年4月発売:最高1位)の累積売上が30万枚を突破した(累積売上30.4万枚)。
◆スターダストプロモーションの若手俳優集団・EBiDANから生まれた9人組ダンス&ボーカルユニット、SUPER★DRAGONの2ndシングル「ワチャ-ガチャ!」(6月28日発売)が、初週売上2.4万(23,770)枚で5位に初登場した。今作は、1stシングル「Pendulum Beat!」(2016年11月発売:最高7位、累積1.5万枚)、1stアルバム『1st Impact』(今年1月発売:最高11位、累積1.0万枚)の獲得最高位と累積売上枚数をいずれも上回る好調ぶり。シングル・アルバム通じて初のオリコンTOP5入りを果たし、その勢いをうかがわせた。
◆まねきケチャの3rdシングル「どうでもいいや/ありきたりな⾔葉で」(6月28日発売)が、初週売上2.3万枚で、シングル自己最高位タイの6位に初登場。同ユニットにとって、ユニバーサル ミュージックからの第1弾となる今作は、発売初週で前作「タイムマシン/SPLASH」(2016年10月発売:最高6位)の累積2.1万枚を上回り、シングル自己最高売上を記録している。
◆林部智史の3rdシングル「だきしめたい」(6月28日発売)が、初週売上1.0万枚で10位に初登場。今作の初週売上枚数は、現時点で累積10.5万枚を売り上げている初作「あいたい」(2016年2月発売:最高11位)の初週売上0.2万枚と、前作「晴れた日に、空を見上げて」(今年2月発売:最高13位)の同0.6万枚をともに上回る自己最高のスタート。さらにシングル自己最高位獲得にして初のシングルTOP10入りも達成した。

【アルバム】
関ジャニ∞の最新アルバム『ジャム』(6月28日発売)が、発売初週に32.7万枚を売り上げ、今週発表の最新7月10日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:6月26日~7月2日)で初登場1位を獲得した。

関ジャニ∞のアルバム発売は1年7ヵ月ぶりで、ミニアルバム、ベストを含めて今作で11作目。アルバム1位獲得は『KJ2 ズッコケ大脱走』(2007年6月発売)から9作連続、通算9作目となった。また今作の初週売上枚数は、『JUKE BOX』(2013年10月発売:最高1位、累積39.2万枚)の初週売上32.3万枚を上回り、アルバム自己最高の好スタートとなった。

今作には「侍唄(さむらいソング)」から最新シングル「なぐりガキBEAT」までの、週間1位獲得シングル5作のほか、レギュラー出演中の音楽バラエティ番組『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で繋がりを得た、豪華アーティストやプロデューサーたちの楽曲提供による新曲も多数収録されている。

【アルバム、その他のトピック】
◆TWICEの日本デビュー作となったベストアルバム『#TWICE』(読み:ハッシュタグトゥワイス/6月28日発売)が、初週売上13.1万枚で2位に初登場。今作の初週売上は、男女海外アーティストによる1stアルバムの初週売上としては歴代3位となる好スタートを記録した(歴代1位は少女時代『GIRLS’ GENERATION』/2011年6月13日付の初週23.2万枚、2位はBoA『LISTEN TO MY HEART』/2002年3月25日付の初週23.1万枚。※再デビュー、グループからのソロデビュー等による作品は除く)。また、男女通じて1stアルバムによる初週10万枚突破は、2015年1月19日付で記録した乃木坂46の『透明な色』(2015年1月発売、初週22.2万枚)以来、2年6ヵ月ぶりとなる。
◆イケメン役者育成ゲーム「A3!」(読み:エースリー)より誕生した、ゲーム内演劇ユニット・秋組のミニアルバム『A3! First AUTUMN EP』(6月28日発売)が、初週売上3.2万枚で3位に初登場。同日発売された、冬組のミニアルバム『A3! First WINTER EP』(同)は、初週売上2.8万枚で5位に初登場した。
◆BiSHの最新ミニアルバム『GiANT KiLLERS』(6月28日発売)が、初週売上2.9万枚で4位に初登場。前作『KiLLER BiSH』(2016年10月発売、最高7位)が記録した累積1.6万枚、またシングル『プロミスザスター』(2017年3月発売、最高4位)の累積2.6万枚をともに上回り、アルバム・シングル通じて自己最高売上を記録した。
◆CORNELIUSの11年ぶりのオリジナルアルバム『Mellow Waves』(6月28日発売)が、初週売上1.2万枚で10位に初登場。CORNELIUSのアルバムTOP10入りは、2006年11月6日付で『Sensuous』(2006年10月発売)が8位を記録して以来、10年8ヵ月ぶり通算7作目となった。なお、CORNELIUSは今作を引っ提げ、10月の新潟公演を⽪皮切りに全国ツアー『Mellow Waves Tour 2017』を開催することが決定している。


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人