【今週のオリコン】Acid Black Cherry、初スピンオフアルバムが1位に!シングルはジャニーズWESTが通算5作目の首位獲得

【アルバム】
Janne Da Arcのボーカルを務めるyasuのソロプロジェクト、Acid Black Cherryによる初のスピンオフ企画アルバム『Acid BLOOD Cherry』(6月21日発売)が、発売初週に4.6万枚を売り上げ、今週発表の最新7月3日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:6月19日~6月25日)で初登場1位を獲得した。

Acid Black Cherry名義作品によるアルバム1位は、アルバム自己最高売上を記録している『2012』(2012年3月発売:累積売上17.9万枚)が2012年4月2日付で獲得して以来、およそ5年ぶり(5年3ヵ月ぶり)で通算2作目。TOP10入りは初作の『BLACK LIST』(2008年2月発売:最高2位)から11作連続となった。

なお、オリジナルアルバム4作はすべて2位以上を記録しており、カバーも含めた企画アルバムでの1位は今作が初となる。

今年7月18日にデビュー10周年を迎えるソロプロジェクト、Acid Black Cherryは、これまで作詞・作曲・編曲のすべてをyasuが手がけてきたが、今作には同プロジェクトのクリエイティブにyasuと馴染みの深いクリエイター、プレイヤーたちも参加。文字どおり“刺激的な血”(=Acid BLOOD)を注ぎ込み、yasuとともにハードでダークな世界観を表現している。

【アルバム、その他のトピック】
◆今年2月にデビュー5周年を迎えたA.B.C-Zの4thアルバム『5 Performer-Z』(6月21日発売)が、初週売上4.0万枚で2位に初登場。前作3rdアルバム『ABC STAR LINE』(2016年7月発売)が2016年8月1日付で記録した最高3位ならびに初週3.2万枚を、順位・初週売上ともに上回る好スタートとなった。今作には世界的ダンサー、TAKAHIROの振り付け・演出によるリード曲「テレパシーOne! Two!」を含む全12曲が収録されている。
◆秦 基博のベストアルバム『All Time Best ハタモトヒロ』(6月14日発売)が、週間売上2.4万枚で3位に入り、初登場1位を獲得した先週6月26日付から2週連続のTOP3入りとなった。
◆今年結成20周年を迎える藤井フミヤ・藤井尚之による兄弟ユニット、F-BLOODの9年ぶりとなる最新アルバム『POP‘N’ROLL』(6月21日発売)が、初週売上1.5万枚で4位に初登場。今作で1stアルバム『F-BLOOD』(1998年3月発売)が1998年3月23日付で記録した最高6位を上回り、19年3ヵ月ぶりにアルバム最高位を更新するとともに、同ユニット初のアルバムTOP5入りを果たしている。
◆湘南乃風にとって初のコンセプトアルバム第1弾『踊れ』(6月21日発売)が、初週売上1.2万枚で5位に初登場。通算8作目のアルバムTOP5入りを記録した。今作ではタイトルどおり“踊れ”をコンセプトにした新曲全6曲を収録のほか、初回盤付属のDVDには、全国アリーナツアー『宴 ~俺たちと一緒にタオルまわさねぇか!! TOUR2016~』より、名古屋・日本ガイシホール公演の模様が収録されている。
◆声優で歌手の福山潤の最新アルバム『OWL』(6月21日発売)が、初週売上0.9万枚で6位に初登場。2月27日付で初登場6位を記録した1stシングル「KEEP GOING ON!」(今年2月発売)に続いて、自身初のアルバムTOP10入りを果たした。
◆英ロックバンド、レディオヘッドの3rdアルバム『OK コンピューター』の20周年記念盤『OK・コンピューター・OKNOTOK・1997 2017』(6月23日全世界同時発売)が、初週売上0.7万枚で8位に初登場。同日付週間ランキングの洋楽アルバム部門1位を獲得した。今作には、DISC1のオリジナル盤に加え、DISC2には3曲の未発表曲「I Promise」「Lift」「Man of War」と、8曲のシングルBサイド曲が収録されている。

【シングル】
ジャニーズWESTの最新シングル「おーさか☆愛・EYE・哀/Ya! Hot! Hot!」(6月21日発売)が、発売初週に13.8万枚を売り上げ、今週発表の最新7月3日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:6月19日~6月25日)で初登場1位を獲得した。

同グループは通算5作目のシングル1位獲得。また今作の初週売上枚数は、前作「人生は素晴らしい」(2016年7月発売:最高2位)の初週12.2万枚を上回る好スタートを記録するとともに、「バリ ハピ」(2015年7月発売:最高1位、初週10.1万枚)以来4作連続、通算6作目の初週10万枚突破となった。

今作は同グループの通算7作目のシングル。「おーさか☆愛・EYE・哀」はダンスミュージックの第一人者として知られる松尾 潔がプロデュースを手がけたディスコナンバーで、ラッキィ池田によるキャッチーな振り付けも話題に。「Ya! Hot! Hot!」はメンバーたちも出演する“サーティワン アイスクリーム”の新CMソングに起用されている。

【シングル、その他のトピック】
◆米津玄師による最新シングル「ピースサイン」(6月21日発売)が、初週売上5.9万枚でシングル自己最高位タイの2位に初登場した。表題曲がTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』のオープニングテーマに起用されている今作。初週売上枚数は、「LOSER/ナンバーナイン」(2016年9月発売:最高2位)の4.8万枚を上回り、シングル自己最高を記録した。なお米津は7作目のシングルで通算5作目のTOP5入りとなる。
◆アンジュルムの最新シングル「愛さえあればなんにもいらない/ナミダイロノケツイ/魔⼥っ⼦メグちゃん」(6月21日発売)が、初週売上4.5万枚で3位に初登場。今作は、前作「上手く言えない/愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間/忘れてあげる」(2016年10月発売:最高3位)の初週売上3.1万枚を上回る好スタート。また、同グループはスマイレージからの改名後からシングル全作がTOP3入りとなった。
◆TVアニメ2期が今秋放送予定の『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場するアイドルグループ、Aqoursの派生ユニット、Guilty Kissの担当声優による2作目のシングル「コワレヤスキ」(6月21日発売)が、初週売上3.1万(31,178)枚で4位に初登場した。今作は、自らの前作「Strawberry Trapper」(2016年6月発売)の初週3.1万(30,602)枚を上回り、同・派生ユニット(そのほかCYaRon!、AZALEAが2作ずつ発売)シングルのシリーズ最高初週売上枚数を更新。また獲得順位もAZALEAの「GALAXY HidE and SeeK」(今年5月発売)の最高4位とならび同シリーズ最高位タイとなった。
◆ゆずの新作『謳おう』EP(カナリア/タッタ/天国/保土ヶ谷バイパス)」(6月21日発売)が、初週売上2.1万枚で5位に初登場した。全編アコースティックをコンセプトとした今作は、日本テレビ系『NEWS ZERO』のテーマソング「カナリア」やフジテレビ系『めちゃ×2 イケてるッ!』2017年テーマソング「タッタ」、さらに弾き語り一発録りでレコーディングを行った「天国」と、岩沢厚治詞曲による「保土ヶ谷バイパス」も収録した充実の内容。ゆずのシングルTOP10入りは「少年」(1998年9月発売:最高10位)から45作連続、通算45作目となった。
◆声優で歌手としても活躍する内田真礼の最新シングル「+INTERSECT+」(6月21日発売)が、初週売上1.3万枚で8位に初登場。キャラクター名義以外の自身の作品としては、「Resonant Heart」(2016年5月発売:最高13位)の初週売上1.1万枚を上回る過去最高の滑り出しで、最高獲得順位も「ギミー!レボリューション」(2014年10月発売)の12位を更新し、初のシングルTOP10入りを果たした。
◆田原俊彦の最新シングル「フェミニスト」(6月21日発売)が、初週売上0.3万枚で21位に初登場した。田原がメジャーレーベルから作品をリリースするのはおよそ11年ぶり。今作は、女性の持つ母性と美しさを讃えた内容で演歌・歌謡曲ジャンルに位置付けられており、同日付の演歌・歌謡部門で1位を獲得している。


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人