【今週のオリコン】B’z、シングル49作連続首位&乃木坂46が初ミリオン達成!アルバムは秦 基博が初の1位に

【シングル】
B’zの最新シングル「声明/Still Alive」(6月14日発売)が、発売初週に12.1万枚を売り上げ、今週発表の最新6月26日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:6月12日~6月18日)で初登場1位を獲得した。

B’zのシングル1位獲得は通算49作目で、「太陽のKomachi Angel」(1990年6月発売)から49作連続。自身がアーティスト歴代最多を誇るシングルの通算1位獲得作品数(歴代2位:嵐で通算47作)と連続1位獲得作品数(同:嵐で40作連続)をともに更新し、あわせて「50作」の金字塔樹立にあと1作と迫ったB’zは、同じく歴代最多となるシングル1位獲得週数(歴代2位:ピンク・レディーで63週)も66週に伸ばした。

今作はB’zにとって2年ぶり、通算53作目のシングル。両A面でリリースされ、表題曲「声明」は“UCC BLACK無糖”のTVCM曲、もう一方の「Still Alive」はTBS系で1月期に放送された木村拓哉主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』の主題歌にそれぞれ起用されている。

【シングル、その他のトピック】
◆乃木坂46がシングル「インフルエンサー」(3月22日発売)で、2012年2月のデビュー以来初のミリオンセールスを達成した。今作は、今週発表の最新6月26日付オリコン週間シングルランキングにおいて、週間売上0.3万(3,413)枚で12位にランクイン。発売開始からの累積売上は100.1万枚にのぼり、ランキング登場13週目での100万枚突破となった。

なおシングルのミリオンセールスは、直近では今年6月12日付においてAKB48が「願いごとの持ち腐れ」(5月31日発売)で通算30作目の達成を果たしているが、それ以外のアーティストでは、EXILEが2013年11月18日付において「EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~」(2013年4月発売)で記録して以来、3年7ヵ月ぶりの達成となる。

乃⽊坂46にとって通算17作目のシングルで“乃木坂史上最も高速なダンス”を披露して話題となった今作。4月3日付同ランキングでシングル自己最高初週売上となる87.5万枚を記録して1位に初登場すると、その後も5週連続でTOP10入りを果たすなど好調をキープしていた。乃木坂46はシングル前作「サヨナラの意味」(2016年11月発売:最高1位)も現時点で累積売上96.9万枚に達しており、今作に次ぐミリオン突破を視野に入れている。

◆Da-iCEの最新シングル「トニカクHEY」(6月14日発売)が、初週売上3.6万枚で2位に初登場。今作は「もう一度だけ」(2015年1月発売:最高2位)とならぶ自己最高位タイを記録するとともに、前作「恋ごころ」(2016年11月発売:最高3位)の初週売上2.9万枚を上回る好発進で、同グループは11作連続のシングルTOP10入りを果たした。
◆AKB48の最新シングル「願いごとの持ち腐れ」(5月31日発売)が、週間売上3.4万枚で3位にランクインし、初登場1位を獲得した先々週付から3週連続のTOP3入りとなった。
◆こぶしファクトリーの最新シングル「シャララ!やれるはずさ/エエジャナイカ ニンジャナイカ」(6月14日発売)が、初週売上2.2万枚で4位に初登場。デビュー以来4作連続のシングルTOP5入りとなった。
◆ふわふわの最新シングル「チアリーダー/恋花火」(6月14日発売)が、初週売上1.7万枚で5位に初登場。同グループは、原宿駅前パーティーズの構成ユニット、原駅ステージA(エース)とふわふわの合同CDデビュー両A面シングル「Rockstar/フワフワSugar Love」(2016年4月発売)で最高5位を記録しているが、同グループ単独名義の作品としては「恋のレッスン」(2016年7月発売)の最高8位と累積売上1.5万枚をともに上回る好セールスで初のTOP5入りとなった。
◆THE ORAL CIGARETTESの最新シングル「トナリアウ/ONE’S AGAIN」(6月14日発売)が初週売上1.4万枚で6位に初登場。前作「5150」(2016年11月発売)の最高10位と初週売上1.3万枚をいずれも上回り、獲得順位、初週売上ともにシングル自己最高を記録した。
◆男性5人組ダンスボーカルユニット、龍雅-Ryoga-の最新シングル「Believe In Magic」(6月14日発売)が、初週売上0.8万枚で9位に初登場。同ユニットは初のTOP10入りとなった。

【アルバム】
秦 基博のベストアルバム『All Time Best ハタモトヒロ』(6月14日発売)が、発売初週に4.2万枚を売り上げ、今週発表の最新6月26日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:6月12日~6月18日)で初登場1位を獲得した。

今作は『青の光景』(2015年12月発売)による最高2位を上回り、秦は初のアルバム1位獲得を達成。

またシングルでも「朝が来る前に」(2009年1月発売)と「アイ」(2010年1月発売)の5位が獲得最高位で、シングル「シンクロ」(2006年11月発売)でのデビュー以来、アルバム・シングル通じて初の「オリコン1位」獲得となった。

今作は秦のデビュー10周年を記念して発売された、自身初のオールタイムベストアルバム。東宝系3DCG アニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌に起用された「ひまわりの約束」(2014年8月発売)をはじめ、「シンクロ」からの全シングル曲が収録されている。

【アルバム、その他のトピック】
◆“ミュージックビデオあるある”を詰め込んだミュージックビデオや、巧妙な口パクなどでも話題を集めている岡崎体育の2ndアルバム『XXL』(6月14日発売)が、初週売上1.3万枚で2位に初登場。1stアルバム『BASIN TECHNO』(2016年5月発売)で記録した最高9位、初週売上0.6万枚をともに上回り、初のアルバムTOP3入りを果たした。
◆DOBERMAN INFINITYの2nd ミニアルバム『#PLAY』(6月14日発売)が、初週売上0.9万枚で4位に初登場。『THE LINE』(2015年12月発売)で記録した最高5位を上回り、アルバム自己最高位更新の好スタートとなった。
◆B1A4の日本における4thアルバム『4』(6月14日発売)が、初週売上0.8万枚で5位に初登場。彼らは日本で発表した1stアルバム『1』(2012年10月発売)から4作すべてがTOP10入りを記録している。
◆村上佳佑のメジャーデビューミニアルバム『まもりたい』(6月14日発売)が、初週売上0.6万(5,593)枚で8位に初登場。男性ソロアーティスト(グループからのソロデビューを除く)の1stアルバムによるTOP10入りは、2016年12月26日付のピコ太郎『PPAP』による6位以来で、今年では初めて。今作には、“NIVEAブランド” 2016-2017年CMソング「まもりたい~この両手の中~」をはじめとする全5曲が収録されている。
◆シェネルの約2年半ぶりとなるオリジナルアルバム『Destiny』(6月14日発売)が、初週売上0.4万(4,178)枚で10位に初登場。前作『シェネル・ワールド』(2015年2月発売)に続いて2作連続、通算6作目のアルバムTOP10入りを記録した。今作には、TBS系金曜ドラマ『リバース』(主演・藤原竜也、原作・湊かなえ)の主題歌「Destiny」を含む全11曲が収録されている。


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人