超特急・タカシ、“松尾太陽”として映画『一礼して、キス』に出演。「公開まで楽しみにしていてください!」

今年秋、全国ロードショーされる、大ヒット少女まんが原作『一礼して、キス』(呼称『して、キス』)に、メインダンサー&バックボーカルグループ、超特急のタカシとして活躍中の、松尾太陽が出演していることが明らかとなった。

役どころは、高校3年生の岸本杏(池田エライザ)の弓道をする姿に恋をする、中尾暢樹演じる三神曜太の親友“由木直潔”役。

由木は、三神の中学時代の同級生で弓道が大好きな少年だったが、重病を患い闘病生活が続いている。病院ぐらしの由木をみて、三神は由木の代わりに弓道を始めた。由木と三神の絆は深く何でも話せる友。三神が恋する杏のある勘違いをきっかけに、杏とも友達になるという、映画にとっての重要な役柄となる。

松尾太陽は、『一週間フレンズ。』に続いて2作目の映画単独出演。今回は、闘病中の高校生という難しい役どころに挑戦している。

松尾太陽 コメント
由木直潔役を演じさせていただきました松尾太陽です。
由木は、自分自身が重病を抱えているのに、何事にも相手のことを優先して考えてくれる。でも、その中に自分の意見もしっかりある、尊敬できるキャラクターだと感じました。そんな純粋で真っ直ぐな彼を思って役を生きさせていただきました。
撮影はあっという間でしたが、『して、キス』の現場は素敵なキャストの皆さんと監督・スタッフの皆さんで、とても環境にも恵まれているなと感じました! この作品に参加できて本当に良かったと思っています。『一礼して、キス』公開まで楽しみにしていてください!

【映画『一礼して、キス』について】
「色気の魔術師」との異名をとる“加賀やっこ”の大ヒット少女まんが『一礼して、キス』(呼称『して、キス』)がついに実写映画化作品。高校3年生の岸本杏の弓道をする姿に恋をした三神曜太。この作品は、そんな三神のひたすらに一途な杏への片想いを描く直線的胸キュンラブストーリーだ。

主演の岸本杏役には、twitterフォロワー50万、『CanCam』専属モデルで、エライザポーズは10代女子で知らないものはいないほどの人気ぶり、映画やドラマ、CMに引っ張りだこで、同世代の女優でいちばん波に乗っている池田エライザ。先輩・岸本杏の弓道をする姿に恋をした後輩の三神曜太役には『動物戦隊ジュウオウジャー』にて主演のジュウオウイーグル/風切大和役の中尾暢樹が映画初主演をつとめる。

監督は、『クローバー』『今日、恋をはじめます』の恋愛映画からホラー作品まで繊細な演出で知られ、『ReLIFE』など公開作品が目白押しのヒットメーカー、古澤健。


映画情報

『一礼して、キス』
今秋全国ロードショー

出演:池田エライザ、中尾暢樹、松尾太陽
監督:古澤健
脚本:浅野晋康
原作:加賀やっこ『一礼して、キス』(小学館「ベツコミフラワーコミックス」)
制作:ポリゴンマジック株式会社
配給:東急レクリエーション
製作:「一礼して、キス」製作委員会
Twitter:@shitekiss
(C)2017加賀やっこ・小学館/「一礼して、キス」製作委員会


リリース情報

2017.04.26 ON SALE
超特急
SINGLE「超ネバギバDANCE」


超特急 OFFICIAL WEBSITE
http://bullettrain.jp

映画『一礼して、キス』作品サイト
http://shite-kiss.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人