まさかの英語詞!映画「SING/シング」より、トレエン斎藤×坂本真綾の共演シーン一部公開

明日3月17日に日本公開となるアニメーション映画「SING/シング」。このたび、トレンディエンジェルの斎藤司演じるブタのグンターと、坂本真綾演じるブタのロジータが、テイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ」に乗せて見事なパフォーマンスを披露する本番ステージシーンの一部抜粋映像が公開された。

本番のステージ上で普段の自分の日常を再現するかのように、洗濯物をとりこみながら歌うロジータの姿から始まる本映像。次にグンターが洗濯機の中から登場すると会場からは大きな笑い声が上がる。その様子に不安になるバスター(コアラ)だが、そんな不安を吹き飛ばすかのように、軽快なサウンドに乗せて息の合ったダンスパフォーマンスみせるふたり。果たして無事ステージは成功するのか!? 特徴の異なるふたりの見事な歌声とすばらしい英語の発音にも注目だ。

斎藤は本シーンについて「日本語の歌詞になおせる歌はよかったんですけれども、英語のまま歌うこの曲は発音がやっぱり難しくて、“shake it off”とか、なかなか上手くできてないですよね」と振り返るが、それは坂本真綾も同じだったようで「アフレコ収録の場に英語の発音を指導してくださる先生がついてくださっていたのですが、難しくてなかなかOKが出ず苦労しました(苦笑)」と明かしている。

意外にも互いに苦労したシーンだと明かしつつ、続く展開ではさらなる見事なパフォーマンスをみせるふたり。その続きは劇場で確かめよう。


映画情報

「SING/シング」
2017年3月17日(金)全国ロードショー
監督・脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
出演:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー他
【吹替え版】
演出:三間雅文
日本語吹替え版音楽プロデューサー:蔦谷好位置
日本語歌詞監修:いしわたり淳治
出演(吹替え版):内村光良、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央
配給:東宝東和
(C)Universal Studios.


映画「SING / シング」作品サイト
http://sing-movie.jp/


170316-TR-090004

170316-TR-090005

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人