【今週のオリコン】AAA、現体制ラストアルバムが首位発進!シングルはHey! Say! JUMPが19作連続1位獲得

【アルバム】
AAAの最新アルバム『WAY OF GLORY』(2月22日発売)が、発売初週に10.8万枚を売り上げ、今週発表の最新3月6日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:2月20日~2月26日)で初登場1位を獲得した。

AAAのアルバム1位は通算5作目で、前々作『GOLD SYMPHONY』(2014年10月発売:累積8.3万枚)から3作連続。また、今作の初週売上枚数は『AAA 10th ANNIVERSARY BEST』(2015年9月発売:累積16.7万枚)の初週8.6万枚を上回り、アルバム自己最高初週売上を記録した。

伊藤千晃のグループ卒業を3月に控えるAAAにとって、現体制におけるラストアルバムとなった今作。4月からの新体制スタート、6月からのアリーナツアーに向けて、同グループのアルバムとしては過去最高の滑り出しで弾みをつけた。

【アルバム、その他のトピック】
◆SKE48の2ndアルバム『革命の丘』(2月22日発売)が、初週売上10.0万枚で2位に初登場。前作の1stアルバム『この日のチャイムを忘れない』(2012年9月発売:最高2位、累積15.2万枚)とならんで自己最高位タイを記録した。
◆SHINeeの日本における5作目のアルバム『FIVE』(2月22日発売)が、初週売上6.8万枚で3位に初登場。SHINeeの日本盤アルバムは1作目の『THE FIRST』(2011年12月発売:最高4位)から5作すべてがTOP5入り(その内1位獲得は2作)となった。
◆クリエイターユニット、HoneyWorksによる4作目のフルアルバム『何度だって、好き。 ~告白実⾏委員会~』(2月22日発売)が、初週売上3.4万枚で、同ユニット、アルバム自己最高位タイの4位に初登場。初週売上枚数は『僕じゃダメですか?~「告白実⾏委員会」キャラクターソング集~』(2014年11月発売)の初週2.7万枚を上回り、同・自己最高を記録した。
◆miwaによる通算5作目のオリジナルアルバム『SPLASH☆WORLD』(2月22日発売)が、初週売上3.1万枚で5位に初登場した。miwaのアルバム作品はベスト盤『miwa ballad collection ~graduation~』(2016年1月発売:最高1位)を含めた全6作がいずれもTOP5入り。
◆ASKAの最新アルバム『Too many people』(2月22日発売)が、初週売上2.2万枚で7位に初登場。ASKAのソロアルバム作品は『SCRAMBLE』(2012年10月発売)が、2012年10月29日付で4位にランクインして以来4年4ヵ月ぶり、通算11作目のTOP10入りとなった。
◆SHISHAMOの最新アルバム『SHISHAMO 4』(2月22日発売)が、初週売上1.4万枚で8位に初登場。今作は前作『SHISHAMO 3』(2016年3月発売:最高7位)の累積1.3万枚を初週で上回り、アルバム自己最高の売上を記録した。
◆第89回アカデミー賞で史上最多タイとなる14部門にノミネートされるなど、話題を呼んでいる映画「ラ・ラ・ランド」のサントラ盤『ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック)』(2月17日発売)が、先週2月27日付の31位から上昇し18位(週間売上0.8万枚)となり、初のアルバムTOP20入り。同映画は24日より日本公開となり、その反響を受けてのさらなる上昇に期待がかかる。

【シングル】
Hey! Say! JUMPの最新シングル「OVER THE TOP」(2月22日発売)が、今週発表の最新3月6日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:2月20日~2月26日)で初登場1位を獲得。発売初週売上は27.2万枚で、「真剣SUNSHINE」(2016年5月発売:累積31.3万枚)の初週26.7万枚を上回り、シングル自己最高初週売上を記録している。

今作でシングル1位獲得作品数を通算19作目に伸ばしたHey! Say! JUMPは、同時にデビューからのシングル連続1位獲得数も「Ultra Music Power」(2007年11月発売)から19作連続に更新。同連続獲得数はアーティスト歴代4位【※】の記録となる。

今年11月にデビュー10周年を迎える同グループにとって、19作目のシングルとなる今作。疾走感溢れる表題曲は読売テレビ・日本テレビ系アニメ『タイムボカン24』のオープニングテーマに起用されている。

【※】歴代1位はKinKi Kids(37作連続)、2位はKAT-TUN(26作連続)、3位はNEWS(21作連続)。

【シングル、その他のトピック】
◆小沢健二のおよそ19年ぶりのCDシングル「流動体について」(2月22日発売)が、発売初週に3.8万枚を売り上げ、今週発表の最新3/6付オリコン週間シングルランキング(集計期間:2月20日~2月26日)で2位に初登場した。今作が獲得した2位は「カローラIIにのって(トヨタ カローラII CMソング)」(1995年1月発売)とならびシングル自己最高位タイとなる。

「春にして君を想う」(1998年1月発売:最高34位)以来、久々のCDシングルリリースとなった小沢は、「大人になれば」(1996年9月発売)が1996年10月14日付で7位を獲得して以来、20年5ヵ月ぶり【※】のシングルTOP10入りを果たしている。

表題曲は、小沢が昨年の5月から6月にかけて⾏った6年ぶりの全国ツアーで披露した新曲7曲のうちの1曲。またカップリングには、2012年に東京オペラシティで12日間にわたり⾏われたコンサートで披露された「神秘的」が収録されている。

【※】男性ソロアーティストによる同TOP10入りまでのブランクとしては4番目の長さで、北島三郎(1969年7月21日付~2010年1月18日付、40年半ぶり)、山本譲二(1982年2月1日付~2011年4月11日付、29年2ヵ月ぶり)、五木ひろし(1984年9月17日付~2006年5月1日付、21年7ヵ月ぶり)に次ぐ記録。

◆つばきファクトリーのメジャーデビューシングル「初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア」(2月22日発売)が、初週売上3.5万枚(35,241枚)で3位に初登場。つばきの花のように端正で凛とした美しさと、エバーグリーンの瑞々しさと強さを兼ね備えたグループになってほしい、との思いが込められた同グループは、つんく♂作詞作曲による「Just Try!」を含むトリプルA面シングルで上位TOP3入りの好スタートを切った。
◆昨年9月よりEXILE AKIRAが加入し6人体制となった、EXILE THE SECONDの2017年第1弾シングル「SUPER FLY」(2月22日発売)が、初週売上3.5万枚(34,632枚)で4位に初登場。前作「WILD WILD WILD」(2016年9月発売)が記録した初週売上3.4万枚(33,659枚)を上回る好スタートとなった。80年代のFUNKカラー溢れる今作表題曲は、2016年に3ヵ月連続でリリースされたシングル3作などを含む彼らの最新アルバム『BORN TO BE WILD』(3月1日発売)にも収録される。
◆amazarashiの最新シングル「命にふさわしい」(2月22日発売)が、初週売上1.6万枚で5位に初登場。「季節は次々死んでいく」(2015年2月発売)が記録したシングル自己最高位の11位を上回り、同グループ初のシングルTOP5入りを果たした。


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/


170227-st-193102

小沢健二「流動体について」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人