miwa、マンウィズ、NOKKOら豪華アーティストが参戦!『shibuya eggman 35周年 大感謝祭』開催

渋谷のライブハウス、shibuya eggman主催イベント『LIVE EGG BUDOKAN 〜shibuya eggman 35周年 大感謝祭〜』が、2月19日、東京・日本武道館で行われた。

shibuya eggmanといえば、“音楽家の登竜門”と称されており、桑田佳祐、井上陽水、久保田利伸、REBECCA、プリンセス プリンセス、X JAPAN、福山雅治、斉藤和義、JUDY AND MARYなど、数々の名だたるレジェンドアーティストが出演したことで知られる老舗ライブハウスである。

さて、3階席までビッシリ老若男女のファンで埋めつくされた当イベントは、白いワンピースを翻してキュートに登場したmiwaからスタート。メジャーデビュー曲「don’t cry anymore」をパワフルに熱唱してくれた彼女は、2010年にeggmanのステージでデビューを果たし、いまや初の主演映画「君と100回目の恋」も大ヒット公開中と、女優業もこなすトップクラスのシンガーソングライターへと成長した。

sumika、Czecho No Republic、SUPER BEAVERと、eggman発の話題のロックバンドたちもお祝いに駆けつけた。

SUPER BEAVERの渋谷(vo)は、冗談っぽく「武道館ワンマンの視察も兼ねてきました!」と発言し、場内を沸かせつつもeggmanへの心からの感謝の気持ちを歌に託し、笑顔でステージを後にした。

続くMAN WITH A MISSIONは、eggman出演当時に演奏していた懐かしい曲群を次々と披露し、ラストのアッパーチューン「FLY AGAIN」では、オーディエンスをこれでもかと煽りまくり、場内の熱気は最高潮へ。

そして、本日の目玉でもある “shibuya eggman 35th special session band”では、
本公演でMCを務めたISEKIが、ジャン・ケン・ジョニー(MAN WITH A MISSION)とmiwaをステージに呼び込み、キマグレンの名曲「LIFE」を披露し、NOKKOが自身の代表曲「Raspberry Dream」「人魚」「Friends」などを高らかに歌い上げるというなんとも贅沢なステージを展開。

ラストは、eggmanの名前の由来になったThe Beatlesの「I am the walrus」で締めくくり、オーディエンスからの鳴り止まぬ拍手と声援でイベントは幕を閉じた。

35年間に渡って日本の音楽シーンを牽引してきたshibuya eggman。これから先、この場所からどんなアーティスト、どんな素晴らしい音楽が輩出されるのか――。今から楽しみでならない。

TEXT BY 三木万也

<セットリスト>
■miwa
M1 君に出会えたから
M2 ストレスフリー
M3 don’t cry anymore
M4 アイオクリ
M5 ヒカリヘ

■sumika
M1 Lovers
M2 MAGIC
M3 ソーダ
M4 ふっかつのじゅも
M5 伝言歌

■Czecho No Republic
M1 Amezing Parade
M2 MUSIC
M3 No way
M4 Firework
M5 ダイナソー

■SUPER BEAVER
M1 →
M2 秘密
M3 美しい日
M4 青い春
M5 人として

■MAN WITH A MISSION
M1 DON’T LOSE YOURSELF
M2 WELCOME TO THE NEWWORLD
M3 NEVER FXXKIN’MIND THE RULES
M4 DANCE EVERYBODY
M5 TAKE ME HOME
M6 PANORAMA RADIO
M7 FLY AGAIN

■ISEKI
M1 PROMISE
M2 LIFE

■NOKKO
M1 76th Star
M2 May be tomorrow
M3 Raspberry Dream
M4 人魚
M5 Friends

■ALL LINE UP
EN1 I Am The Walrus


shibuya eggman OFFICIAL WEBSITE
http://eggman.jp/


170220-CI-191001

170220-CI-191002

170220-CI-191003

170220-CI-191004

170220-CI-191005

170220-CI-191006

170220-CI-191007

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人