BREAKERZ『10番勝負』オフィシャルレポート。3rdバトルは“同期の戦友”シドとガチンコ対決

BREAKERZが今年7月に迎えるデビュー10周年に向けて、1月21日のZepp Nambaより開幕した『BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS-』。全10公演、1公演ごとにそれぞれ違うアーティストを迎えて行われるこのイベントライブは、“10番勝負”という名の下に、BREAKERZがリスペクトしているアーティストと熱いバトルを交わす対バン形式のライブだ。

1月21日より始まったこの対バンバトルも早や第3戦目。GRANRODEO、SKY-HIに続いて今宵の相手は強豪シドの登場だ。今年1月、シングル「硝子の瞳」をリリース、5月には日本武道館2daysも控えている中でのタイムリーな参戦、抜かりなきベストマッチなコラボライブになること間違いなし。会場はイベント初日と同じくZepp Nambaに再び舞い戻っての大阪。一夜限りのガチンコ勝負いざ行かん。

まず、先手はシド。 耽美的なエレクトロビートのSEに導かれてメンバーが登場するや、超満員99%以上女子の視線が一斉にステージに吸い寄せられる。オープニングは、まさにBREAKERZのデビュー10周年を祝福するのにピッタリなナンバー「ANNIVERSARY」。軽快なナンバーに乗せて、マオ(vo)の「歌ってみる?」のひと言で最初から会場全員がシンガロング。両手を振りかざし、ド頭からすでにID-S(※シドのオフィシャルファンクラブ)もTEAM BREAKERZ(※BREAKERZファンの呼称)も分け隔てなくバンドを応援するその光景が美しい。

続いての「V.I.P」はまさにVIP対応!? で呼ばれたゲストにふさわしい、ベテランならではの演奏力を聴かせ、続けざまにビート感溢れる「Dear Tokyo」で再びサビメロの大合唱が起これば、そこはもうシド独壇場。彼らの世界に会場が魅きこまれた瞬間だった。

「約2ぶりの大阪ライブ~、みんな最後まで楽しんでください。新曲です」と、1月にリリースされたばかりの最新シングル曲「硝子の瞳」。じっと聴き入ってしまうメロディアスなナンバー。続いてメジャー1stシングルの「モノクロのキス」でアーティスティックな世界観をしっかりと構築。確かな演奏力と楽曲の構成力は、シドの築いてきたヒストリーを見せつけた。

2度目のMC、BREAKERZとの楽屋話を披露して和ませたあとに「今日は懐かしい曲やめずらしいバラードもやっていきます」と、アコースティックで叙情的なバラード「hug」。続いて、会場からどよめきが起こった「空の便箋、空への手紙」。それもそのはず、この曲はインディーズ1stアルバム『憐哀-レンアイ-』収録曲。タンゴ調の耽美的なナンバーは、これもまたシドの音楽観を深く刻みつけて静かに終わった。

そうかと思えば3度目のMCにて「いよいよ後半戦ですよ~」と再びオーディエンスを焦らせての新曲「チイサナツバサ」、そして「もうあと2~3ヵ月したら夏だよ」と心地よいグルーヴで後半戦を盛り上げていく「夏恋」。さらにスカビートを取り入れた色気溢れる「妄想日記」、ラストは黒っぽいリズムがじわっと熱量を上げさせる「眩暈」。バンドの音楽性の幅広さと世界観の深さを届けた。歓声の中、何度も「ありがとう」を繰り返しながらステージを去って行くマオの姿が印象的だった。

続いて、BREAKERZが登場。「いくぞ、オオサカー!」とDAIGOの弾ける声と共に拳を振り上げるナンバーが始まった。畳みかけるビートとハードなギターの曲だ。と、おっとネタバレは、まだまだこの先あと7本を残しているからこのへんにして。とにかく言えるのは、BREAKERZデビュー10周年の前哨戦としての10番勝負だとしても、ここでのBREAKERZ、選曲にしろパフォーマンスにしろ、まったくの出し惜しみなし、至れりつくせりなのだ。「おおっ!」「えっ?」「へぇ~」といった擬音が思わず出てしまう構成&演出に、訪れた新旧のファンを楽しませること間違いない。

もちろんMCのDAIGO節もたっぷり期待してOK。例えば、今日のライブの気分は「S・I・D」(=サイコーに イイ感じで ドカンと行こう!)とか(笑)また、お茶の間では絶対に見られないDAIGOのワイルド&セクシーな佇まい、AKIHIDEとSHINPEIのWギタープレイもライブならではの醍醐味(DAIGO味!)。やはり、10年という歳月を共にしたバンドのコンビネーション&フォーメーションは、直(じか)に会場でその感触を味わってほしい。

そう言えば、この日対バンのシド、DAIGOがしきりに言っていた「同じ時代を駆け抜けた同期の仲間、戦友であり同志」といったそのバンド同志の絆は、本当にライブの随所で見られ、この日が特別であることを印象付けていた。

ライブ中盤では、DAIGOがシドの曲の1フレーズを歌い、その流れから幻の曲として語り継がれていた伝説的な「ヒトリジメ」でのコラボが再び実現(※筆者注:この曲は2014年日本武道館で行われたシド主催イベント『Collabo BANG!』にDAIGOがソロ出演した際に演奏した一夜限りのコラボ曲。作詞:マオ、作曲:DAIGO)、さらにアンコールのセッションでは、シド曲の「嘘」とBREAKERZの1stシングル「SUMMER PARTY」を2バンド全員プレイで披露。ステージ上にWドラム&ベース&ボーカル+トリプルギターの総勢9人が集まって演奏する姿の豪華さ。エンディングではお立ち台ギリギリまでメンバーが寄り添って乗っているという仲睦まじさ、これはもうバトルというよりは男子会、という楽しさに溢れていた。

お互いのバンドがブレイクする前から知り合いで、共にこの厳しい音楽業界で10年サバイブしてきたからこその濃密な連帯感、それを情熱的なオーディエンスと共に分かち合った、まさにスペシャルな一夜だった。

さぁ、まだまだ続く『BREAKERZ 10周年10番勝負 -VS-』第4戦目は、3月5日 MY FIRST STORYとZepp Nagoyaにて。まだまだ予測不能、ブッ壊されるライブに期待したい。

TEXT BY 斉田 才
PHOTO BY 山下 桂子


リリース情報

2017.01.18 ON SALE
BREAKERZ
SINGLE「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」


ライブ情報

BREAKERZ 10周年10番勝負 -VS-
-VS- MY FIRST STORY

03/05(日) 愛知・Zepp Nagoya

-VS- Trignal
03/20(月・祝)東京・Zepp DiverCity(TOKYO)

-VS- 超特急
04/02(日)愛知・Zepp Nagoya

-VS- 倉木麻衣
04/08(土) 東京・EX THEATER ROPPONGI

-VS- VAMPS
04/14(金) 東京・Zepp Tokyo

-VS- ゴールデンボンバー
04/16(日) 東京・Zepp Tokyo

-VS- GLAY
04/29(土) 東京・Zepp DiverCity(TOKYO)


BREAKERZ OFFICIAL WEBSITE
http://breakerz-web.net/


170220-TR-090008

170220-TR-090006

170220-TR-090009

170220-TR-090010

170220-TR-090007

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人