スキマスイッチのコラボアルバムトレーラー第3弾に小田和正、RHYMESTER、KAN登場

本日2月15日にリリースとなった、スキマスイッチのコラボアルバム『re:Action』特設サイトにて、アルバム参加アーティストによる第4弾トレーラー映像とレコーディング時写真が公開された。

第4弾となる今回は、小田和正、RHYMESTER、KANとのレコーディング映像が公開。これで、すでに公開されている、奥田民生、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、フラワーカンパニーズ、GRAPEVINE、TRICERATOPS、澤野弘之、BENNY SINGS、真心ブラザーズ、SPECIAL OTHERSと合わせて、参加アーティスト全12組とのレコーディング映像がすべて公開となった。

アルバム『re:Action』は、約2年をかけて制作された、スキマスイッチ楽曲のリアレンジ・リプロデュースアルバム。デビュー以来、すべての楽曲をセルフプロデュースで制作してきたスキマスイッチが、個性豊かな12組のアーティストの様々なプロデュースに身をゆだねる姿が新鮮であり、それが音でも表現されている。

また、アルバム発売を記念して、好評のTwitter企画第4弾「#全力スキマツイッチ」を、本日2月15日、21時~22時にスキマスイッチ公式Twitterにて実施!

アルバムタイトルにちなんで、スキマスイッチのふたりがファンからの質問&むちゃぶりに“ナイス・リアクション”で答えるという本企画。もしかしたら、話題の映画のあの人からの投稿も!? 「#全力スキマツイッチ」のハッシュタグとともに、スキマスイッチに聞いてみたいこと、やってもらいたいことをどしどし投稿しよう。

なお、スキマスイッチは2月16日に都内3店舗(銀座山野楽器本店・タワーレコード渋谷店・SHIBUYA TSUTAYA)にて、アルバム『re:Action』発売記念 特典手渡し会を実施。参加方法など詳細はオフィシャルサイトまで。

M11.「ゴールデンタイムラバー」プロデューサー RHYMESTER コメント
■宇多丸

(最初にプロデュース依頼を聞いたとき)まず、今まで完全セルフプロデュース体制を貫いてきたこと&だからこその、ここに来ての冒険的なトライに、素直に「流石だなぁ」と思いました。その上で、スキマファンの気持ちを裏切らずに、どう僕らなりに「壊して」いくべきか、そのハードルの高さを噛みしめた次第。僕らもこれまで山ほどフィーチャリングものはやってきたけど、今回はありがちなやり方を避けて、あえてちょっと変わったバランスでアプローチしてみました。ジンがトラック的にも頑張った!
特に「ゴールデンタイムラバー」はそもそも歌の符割がラップ的であるため、この手の異種格闘コラボの元祖RUN DMC「Walk This Way」ばりに、「原曲の歌詞をそのままラップとして歌う」試みがばっちりハマったのが、この曲ならではの聴かせどころになって良かったなと。
スタジオでの共同作業、間の駄話込みで、とっても楽しかったっす! いずれライブでも一緒に盛り上がるのが楽しみです。

■Mummy-D
(最初にプロデュース依頼を聞いたとき)うれしかった! と、同時にぼくらのチカラでスキマスイッチの楽曲が生まれ変わるのかどうか、不安でもありました。でも、やるからにはぶっ壊してやるぞというサディスティックな気持ちも、ちょっと。
『Groove Up 、Pump Up、Shape Up』ですね。ライザップのトレーナーになった気分です(笑)。聴きどころは、Mountain Mocha Kilimanjaro の粋な演奏と、それを軽々乗りこなす大橋卓弥のウタと、フザケたラップです。
お二人と同じ空間にいると、なんか癒されます。もっと一緒にくだらない曲とかいい曲とか作りたいです。飲みに行きたいです。もっと売れて、お金持ちになりたい。

■DJ JIN
(最初にプロデュース依頼を聞いたとき)これでスキマスイッチのお二方と仲良くなれるなあ、と楽しみでした。
自分から言うに及ばずですが、スキマのセンス/スキル/精度は間違いないです。なので、どうライムスターらしさをブツけてハジけられるかが勝負でした。スキマスイッチの「ど」ファンク・ミュージック版で。ぜひ乾杯しましょー!

M12.「回奏パズル」プロデューサー KAN コメント
スキマスイッチの既存の曲を、いろんなアーティストにプロデュースしてもらうアルバム。と聞いたときには「おっ、おもしろいじゃん」と思いましたが、しかし、私に関しては例外で、スキマスイッチのすべての曲のすべてのメロディと歌詞を“素材”として、あらたな楽曲を作る、という、ものすごい発注をされたときには、正直ヒザがカックンとなりました。「こんなこと頼めるのはKANさんしかいない!」「KANさんならできます!」とまで言われちゃったひにゃぁ、そんなの、断ったほうが弱虫ってことぢゃないですかぁ。というわけで、正々堂々、男らしくチャレンジさせていただきました。
これまでのスキマスイッチをよく御存知の皆さまにはもちろん、スキマスイッチをなんにも知らないという新しい聴き手の皆さまにも、再構築されたその楽曲を単純に“すげぇイイ曲じゃん♪”と思っていただけなければならない。という高い意識を持って臨みました。幸い、充分な制作期間をいただいていたこともあり、充分に納得のいく作品に仕上がったと思います。
聴きどころは2つ。後半に行くにつれて、これでもかとうねり押し寄せてくるストリングスを物ともせずに歌いきる大橋くんの歌唱。そして、プロデューサーとしての権限を最大限に乱用しての私の華麗なギターソロです。
音楽家としてたいへんに貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。そのお返しに、きっといつの日か、ものすごく貴重な経験をさせてあげますので、覚悟しておきなさい。


リリース情報

2017.02.15 ON SALE
ALBUM『re:Action』


ライブ情報

スキマスイッチTOUR 2017“re:Action” 
04/30(日)愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール w/TRICERATOPS
05/16(火)香川・高松festhalle w/ORIGINAL LOVE
05/17(水)高知・高知県立県民文化ホール オレンジホール w/フラワーカンパニーズ
05/23(火)大阪・オリックス劇場 w/KAN
05/30(火)東京・中野サンプラザ w/フラワーカンパニーズ
06/12(月)宮城・東京エレクトロンホール宮城 w/RHYMESTER
06/20(火)東京・Zepp DiverCity w/澤野弘之
06/22(木)新潟・新潟LOTS w/RHYMESTER
06/29(木)北海道・ニトリ文化ホール w/KAN
07/04(火)福岡・福岡サンパレスホール w/GRAPEVINE
07/05(水)福岡・福岡サンパレスホール w/奥田民生
07/14(金)広島・広島文化学園HBGホール ※対バンアーティスト近日発表
07/18(火)愛知・Zepp Nagoya w/SPECIAL OTHERS


ニューアルバム『re:Action』&全国ツアー特設サイト ※トレーラー映像およびレコーディング時写真はこちら。
http://www.office-augusta.com/sukimaswitch/reaction/

スキマスイッチ OFFICIAL WEBSITE
http://www.office-augusta.com/sukimaswitch/


170126-TR-160011

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人