タワレコ渋谷店、騒然!GRANRODEO、“GRANRODEO×TOWER RECORDS 〜Pierrot Dancin’ CAFE〜”を電撃訪問

2月11日、GRANRODEOのニューアルバム『Pierrot Dancin’』発売記念ミニライブ&公開収録が、東京・タワーレコード渋谷店B1F「CUTUP STUDIO」にて行われた。

イベント前にGRANRODEOのふたりは、1Fの『Pierrot Dancin’』展開パネルにサインを入れ、その足で2F、TOWER RECORDS CAFE 渋谷店にて開催中の“GRANRODEO×TOWER RECORDS ~Pierrot Dancin’ CAFE~”に電撃訪問するサプライズを敢行。

店内はもちろん、カフェ周辺に居合わせた客からの驚きの混ざった歓声に出迎えられて入店したふたりは、展示中のパネル24枚すべてにその場でサイン。店内外からの客からの声に応えながら店内を1周したあと、コラボカフェのポスターや特典のコースターやポスターにもサインやコメントを入れた(現在店内にて展示中)。

そして、KISHOWは“UNDER THE SKY”、e-ZUKAは“メモリーズ”を片手に、「乾杯!…と言ったら乾杯ですよ~」というe-ZUKAのお約束もありつつ、アルバム発売を祝して、店内の客と乾杯。さらに、ふたりが各テーブルを回り、お客様全員と乾杯するというファン垂涎のサービスも!

イベント準備のため、ふたりがカフェを退出したあとも、店内はしばらく興奮に包まれ、サインが入ったばかりのパネルをさっそく撮影するファンも多数見受けられた。

イベント前には、控室にてカフェのコラボメニューを試食したふたり。KISHOWはまず“少年のカレー”のヒレカツに手を伸ばし、野菜とバランスよく食べたあと、“Pierrot Dancin’プレート”のライスバーガーには豪快にかぶりつき「ハンバーグが美味しい」と満足した模様。

リハーサルを終えたe-ZUKAも合流し、乾杯のときにも飲んでいた“メモリーズ”を「これ美味しいよね」。その後、KISHOWに薦められた“少年のカレー”をひと口食べ、「うん、いい辛さで美味しい」とのコメントが。

ちなみにKISHOWも「カレーがいちばんだなあ」ということで、メニュー選びに迷ったら、GRANRODEOお墨付きの“少年のカレー”がおススメだ。

e-ZUKAからは、「こんなに美味しいしメニューもいっぱいあるし、毎日ローテーションで食べられるね!」というコメントも飛び出した今回のコラボカフェは、3月1日まで、TOWER RECORDS CAFE渋谷店、札幌ピヴォ店、梅田NU茶屋町店で開催中だ。

そして、イベントでは、ロデオボーイ・ロデオガールが会場を埋めつくすなか、WEB RADIO「GRANRODEO MOBILE WEB RADIO”バララジ”」の公開収録が行われ、発売されたばかりのアルバム『Pierrot Dancin’』の収録曲順に、楽曲が生まれたきっかけや経緯、収録時のエピソードなどをていねいに解説。

特に新曲の話では、目の前のロデオボーイ・ロデオガールの反応を見て「やっぱりね! みんなこういう曲好きでしょ!」と満足気な表情を浮かべるシーンも。Q&Aのコーナーでは、通常どおりのメールでの質問に加え、会場からも質問を募り、あっと驚くような質問にもしっかり回答した。

公開収録終了後には、アコースティックスタイルでのミニライブも開催。1曲目「少年の果て」に続く2曲目は、先日行われたYOSHIKIとの番組出演の際に、ピアノで弾いてくれたというエピソードから「The Other self」。

最後は、「ここ数日のプロモーションでアコースティックを披露し始めたばかり。だから、みんな聴くのは初めてかな?」と始まった「日常ホライズン」。どちらも飛び跳ねるようなリズムのオリジナルからガラリと印象が変わり、メロディも歌詞も新鮮に感じられるアレンジに客席も聴き入っていた。5月からのツアーのアコースティックコーナーでも「日常ホライズン」が披露される機会があるかもしれない。

トークあり、ライブありのスペシャルイベントはこうして終了。GRANRODEOらしいアットホームな雰囲気に包まれた1時間半を過ごしたロデオボーイ・ロデオガールも満足そうに会場をあとにした。


リリース情報

2017.02.08 ON SALE
ALBUM『Pierrot Dancin’』


“GRANRODEO×TOWER RECORDS ~Pierrot Dancin’ CAFE~”の詳細はこちら
http://towershibuya.jp/news/2017/01/19/88685

GRANRODEO OFFICIAL WEBSITE
http://www.granrodeo.net/


170213-TR-160001

170213-TR-160002

170213-TR-160003

170213-TR-160004

170213-TR-160005

170213-TR-160006

170213-TR-160007

170213-TR-160008

170213-TR-160009

170213-TR-160010

170213-TR-160011

170213-TR-160012

170213-TR-160013

170213-TR-160014

170213-TR-160015

170213-TR-160016

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人