映画「咲-Saki-」より、浜辺美波、浅川梨奈、廣田あいから“清澄高校麻雀部”の部室仲よしショット公開

異例の大ヒットを記録した少女たちの青春麻雀漫画「咲-Saki-」が、実写ドラマ・映画化プロジェクトを宣言し、2月3日より、映画「咲-Saki-」が、TOHOシネマズ日本橋ほか全国にて大ヒット公開中。初日を含めた3日間で観客動員は約8,294人、興行収入約12,496,800円を記録している。

公開2日目・3日目には、東京と大阪にて「清澄高校」「龍門渕高校」「風越女子高校」「鶴賀学園」の高校別舞台挨拶も行われ、スクリーンから飛びだした各高校ごとのチームワークのよさを味わえる舞台挨拶となった。舞台挨拶が行われた劇場ではその高校のグッズが完売するなど、人気の高さを伺わせた。

また、それぞれの会場ではサプライズ企画として、キャストのサイン入りポスタープレゼントや、観客との記念写真撮影も行われるなど、うれしい企画が盛りだくさん。これまで出演したラジオや配信番組でも開始前は緊張の面持ちだったが、始まるとトークが止まらず、コーナーを飛ばしたりするほどのリアルな仲のよさには定評があり、それが画面にも現れている。

そんななか「清澄高校」は、2月4日に東京・日本橋、神奈川・川崎、東京・錦糸町に、翌2月5日には大阪・梅田、なんばに登場。オープニング曲「きみにワルツ」やエンディング曲「NO MORE CRY」をスペシャルユニット“清澄高校麻雀部”として歌い、CD発売を記念したインストアイベントも東京・大阪で行われた。

浜辺美波が演じるヒロイン宮永咲の「カン!」の言い回しと、舞台挨拶やイベント終了を意味する「完」を掛け合わせた終了時の挨拶「一緒に楽しもう、カン(完)!」が決め台詞となり、座長・浜辺に合わせて、清澄高校は息のあった「カン(完)」を発し、深々とお辞儀をするのが印象的だった。

そんな、舞台挨拶でも阿吽の呼吸を見せていた清澄高校麻雀部から、県大会出場直前の部室での仲よしショットが公開された。部長・竹井久を囲む咲、和、優希、まこ。絶対にインターハイに進むぞという勢いと、県大会出場を手にした喜びが溢れ出た、生き生きとした表情が印象的な1枚だ。彼女たちの県大会での勇姿は、劇場で確かめよう。


映画情報

「咲-Saki-」
全国にて絶賛公開中

出演:浜辺美波 浅川梨奈 廣田あいか 古畑星夏 山田杏奈
加村真美 樋口柚子 星名美津紀 吉崎 綾 武田玲奈 岡本夏美 あの 大西亜玖璃 長澤茉里奈 山地まり
永尾まりや 柴田杏花 小篠恵奈 金子理江 菊地麻衣 / 玉城裕規 長谷川朝晴  佐野ひなこ/ 夏菜
※「吉崎 綾」の「崎」は、山へんに立+可が正式表記

原作:小林 立(掲載「ヤングガンガン」スクウエア・エニックス刊)
脚本:森ハヤシ
音楽:T$UYO$HI(The BONEZ)
監督:小沼雄一
オープニングテーマ:「きみにワルツ」清澄高校麻雀部
エンディングテーマ:「ハローグッバイ」フレデリック
(C)小林 立/SQUARE ENIX・「咲」プロジェクト


リリース情報

2017.01.11 ON SALE
Blu-ray&DVD「咲-Saki-」

2017.02.01 ON SALE
清澄高校麻雀部
SINGLE「きみにワルツ/NO MORE CRY」

2017.02.01 ON SALE
ALBUM『映画&ドラマ「咲-Saki-」オリジナル・サウンドトラック』


「咲-Saki- 実写化プロジェクト」OFFICIAL WEBSITE
http://www.saki-project.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人