KEYTALK、三代目「ニッパー大使」に就任!山内惠介からの“たすき継承式”も開催

2017.02.07

ビクターエンタテインメントのロゴマークやグッズとして、音楽ファンを中心に広く親しまれている犬マーク「ニッパー(NIPPER)」の認知度向上と、親しみやすいキャラクターの訴求を図ることを目的として、ビクターに所属するアーティストが1年間アンバサダーを務める「ニッパー大使」。

これまで、初代に山崎あおい、二代目に、2015年、2016年と「NHK紅白歌合戦」に2年連続出場を果たした演歌歌手、山内惠介が大使を務めてきたが、このたびその三代目に、KEYTALKが就任することが決定した。

就任期間は1年。ビクター創立90周年(1927年〜)にあたる2017年、KEYTALKは、アーティスト活動の中でニッパーのPRやグッズの共同開発など、様々なコラボレーションを展開しながら、音楽ファンを中心に幅広い層に向けた情報発信を図っていく。

大使就任の発表に先立ち、ビクター本社ビルにて、二代目・山内惠介から三代目・KEYTALKへのニッパー大使たすき継承式が開催。たすき継承式の模様は、2月8日(ニッパーの日)19時から、LINE LIVEにて放送される。

たすき継承式の最後には、KEYTALKのメンバーを代表して小野武正(g&cho)が「山内さんに二代目をしっかりやっていただいたお陰で僕らが三代目を引き継げるので、本当にお疲れさまでした」とねぎらいの言葉を贈ると、山内惠介は「お互いにニッパーに感謝しながら、これからの歌手人生を歩んでいきたいなと思います」と笑顔を見せながらたすきを手渡した。

なおKEYTALKは、3月18日、幕張メッセ国際展示場にて開催される『ビクターロック祭り2017』への出場が決定している。

山内惠介 コメント
今日は悲しいですね。だって、ニッパー大使が今日で終わってしまうんですから。新年早々、こんな悲しいことはありません。
昨年は、皆様の応援のお陰で、2年連続で「NHK紅白歌合戦」に出場させていただき、最高の歌い納めができました。紅白2年目のジンクスを打ち破ることを目標に掲げて、その幸先のスタートがニッパー大使でして、ニッパー大使になれたからこそ2年連続の紅白出場がかなえられたんです。ニッパーのニは、2年連続の2なんです。

KEYTALK コメント
■小野武正(g&cho)
ついに来ましたねえ、僕らの番が。ここぞ、ここぞといつも狙っていました。ニッパー大使の名にふさわしい行動、そしてビクターを背負うカッコいい音楽を作っていきたい。
■八木優樹(ds&cho)
下北沢出身のバンドなので、下北沢にニッパーを連れていってみんなで遊びたい。
■寺中友将(vo&g)
八木くんに(ニッパーの)コスプレをしてもらって、みんなで盛り上がれたらいいなと思います。
■首藤義勝(vo&b)
巨匠(寺中)に蓄音器の着ぐるみを着てもらって、僕はニッパーの首に着物を巻きつけて…。


LINE LIVE「三代目ニッパー大使たすき継承式会見(山内惠介、KEYTALK)」視聴URL
https://live.line.me/channels/520/upcoming/980931

山内惠介 OFFICIAL WEBSITE
http://yamauchikeisuke.com/

KEYTALK OFFICIAL WEBSITE
http://keytalkweb.com/


170207-CI-085001

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人