楽曲総再生回数1兆回!「世界で最も稼ぐDJ」カルヴィン・ハリス、サマソニのヘッドライナーに決定

ストリーミングを含む楽曲総再生1兆回、YouTube動画再生100億回以上を誇り、米経済誌「フォーブス」による「世界で最も稼ぐDJ」ランキングで2013年から4年連続1位に輝いているカルヴィン・ハリスが、今年8月19・20日の2日間にわたって開催される、日本最大級の都市型ロックフェスティバル『サマーソニック2017』に、単独のDJとして同フェス史上初となるヘッドライナーとして出演することが決定した。

来日は2012年にサマーソニックに出演して以来5年ぶり通算5度目となる。

カルヴィン・ハリスは、昨年の米最大級の野外ロックフェスティバル『コーチェラ』でもDJとして初のヘッドライナーを務め、昨年10周年を迎えた『Apple Music Festival』にも出演し、ロンドンから世界中のファンを熱狂させるなど、ダンスミュージックという垣根を超えて幅広く活躍し、トップアーティストとして不動の人気を誇っている。

また、昨年は「ウィー・ファウンド・ラヴ」以来、5年ぶりにリアーナと共演した「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」が全米総合チャート最高3位を記録。さらに、世界最大級の音楽ストリーミングサービス“Spotify”ではリリース以降4ヵ月間連続でグローバルチャートトップ10入りを果たしたほか、同曲のミュージックビデオは12億回以上再生され、MTV Video Music Awardsにて「最優秀男性ビデオ賞」を受賞するなど特大ヒットを記録している。

自身が作詞作曲から楽器演奏やプロデュース、ボーカルまで務めた意欲作「マイ・ウェイ」や「サマー」など、リリースする曲が立て続けに世界的ヒットを記録。カルヴィン特有の、中毒性を持つ深く細やかなサウンドプロダクションは、多くのDJやアーティストからも高いリスペクトを受け続けている。

また、端正なルックスで男女問わずファンが多い彼は、これまでにエンポリオ・アルマーニの広告モデルを務めたことがあるほか、昨年は英国で最も活躍した人物を称える「GQアワード」にて「GQメン・オブ・ザ・イヤー」の“ソロ・アーティスト賞”を受賞するなど、さらに音楽を超えた各方面からその功績が称えられている。

長きに渡り、世界のダンスミュージックはもちろん、音楽シーンそのものをリードしてきたカルヴィン・ハリスが、5年ぶりにファン待望の来日。どのように日本の夏を盛り上げてくれるのか、今から期待と注目が高まっている。


イベント情報

サマーソニック2017
08/19(土)・20(日)
東京:ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ
大阪:舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)


サマーソニック2017 OFFICIAL WEBSITE
http://www.summersonic.com/2017/

カルヴィン・ハリス ソニー・ミュージック OFFICIAL WEBSITE
http://www.sonymusic.co.jp/calvinharris


170206-TR-160010

170206-TR-160009

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人