MVが300万回再生を突破!注目度急上昇中のポルカドットスティングレイ、ミニアルバム『大正義』のリリースを発表

2016年、アンダーグラウンド的な自己戦略活動から、猛烈な勢いでオーバーグラウンドへと駆け上がり、2017年注目を集める新人アーティストのひとつとして知られる、福岡発、超常ハイカラギターロックバンド、ポルカドットスティングレイ。

ミュージックビデオのクオリティがアーティスト、クリエイター、そして濃厚な音楽ファンを刺激し続け、代表曲である「テレキャスター・ストライプ」は公開1年も経たずYouTube300万回再生を突破するという快挙を成し遂げている。昨年末にはGoogle AndroidのTV CM、Web CMにまで出演するという異例なタイアップも。

Webと現実の世界を行き来する、リアルとバーチャルを戦略的に使い分けるそんな彼らが、2月3日、初の東名阪ワンマンツアーの初日である名古屋池下アップセットにて、邦楽ロックファンが期待せざるを得ない、次なる作品の発売を解禁した。

バンドの勢いをそのまま真空パッケージしたような、人気を呼ぶにふさわしい“大正義”なヒットチューン満載の6曲が収録された1stミニアルバム『大正義』。今作より、ユニバーサル シグマにより制作、マネジメントが行われながらも、今回もインディーズリリースとして4月26日に発売(予定)となる。

かねてより自身のライブにてパフォーマンスし続け、すでにファンの間で親しまれているリードトラック「エレクトリック・パブリック」。縦横無尽に暴れまわるセルフアレンジに音楽ファンも脱帽、その攻撃的ギターサウンドは1度聴いたら必ず虜になる「シンクロニシカ」。そして、底抜けにキラーチューンの予感しかしない新曲「本日未明」。 さらに、現在CDは廃盤で配信でのみ存在する作品『極彩』から、あらたにリレコーディングした「夜明けのオレンジ(大正義 ver.)」など、全6曲を収録。

今回、ベース・ウエムラの不慮の事故による腕の負傷により、ポルカドットスティングレイがリスペクトするtricotのベーシスト、ヒロミ・ヒロヒロ、そして、以前よりウエムラと親交があり、レコーディングの友情参加に至ったヒトリエのベーシスト、イガラシが参加、という超強力アシストも実現。

急速な成長を見せ、その勢力を伸ばしまくるバンド、ポルカドットスティングレイに注目だ。


リリース情報

2017.04.26 ON SALE
MINI ALBUM『大正義』


ライブ情報

ポルカドットスティングレイ 2017 TOUR 骨抜き
『ポルフェス05 “骨抜きにするワンマン”』
02/19(日)東京・Shibuya WWW


ポルカドットスティングレイ OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/polka_fukuoka

ポルカドットスティングレイ OFFICIAL WEBSITE
http://polkadotstingray-official.jimdo.com/


170205-CI-103002

170205-CI-103001

170205-CI-103003

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人