miwa感涙!映画「君100」、miwa×坂口健太郎率いるバンド“The STROBOSCORP”が一夜限りの生ライブを披露

miwaと俳優・坂口健太郎のW主演で贈る、歌姫と一途男子のオリジナル恋愛映画「君と100回目の恋」が2月4日に公開。このたび、映画公開を直前に控え、豪華キャストによる舞台挨拶付き公開直前ライブイベントが行われた。

映画「君と100回目の恋」は、時をかけめぐりながら想いあう2人の超純愛な物語。主人公たちが組む劇中バンド“The STROBOSCORP”(ストロボスコープ)の楽曲が、ふたりの気持ちを歌いあげ、物語を紡いでいく。

イベントでは、映画を凝縮した一夜限りの「君100」ミュージック楽曲が、熱い演奏と共に届けられた。

■「君と100回目の恋」公開直前ライブイベント
日程:1月30日(月)
会場:Zepp Tokyo(江東区青海1-3-11)
登壇者:miwa(日向葵海 役)、坂口健太郎(長谷川陸 役)、竜星涼(松田直哉 役)、真野恵里菜(相良里奈 役)、泉澤祐希(中村鉄太 役) ※敬称略

【上映前舞台挨拶】
1月30日、映画「君と100回目の恋」の劇中で、葵海役のmiwaと陸役の坂口が中心となり結成されたバンド“The STROBOSCORP“の、一夜限りの生ライブつきスペシャル上映会がZepp Tokyoにて行われた。

映画上映前の舞台挨拶にはmiwa、坂口健太郎、竜星涼、真野恵里菜、泉澤祐希が登場。miwaから「皆さん、今日はミニライブあり、映画ありの盛りだくさんです! 最後まで楽しんでください!」と挨拶があり、続けて坂口が「ミニライブ付きの豪華なイベントになっています。映画が終わったあとの僕たちのライブ楽しんでください」とコメント。また、会場の女の子から「カッコイイ」と掛け声を掛けられた坂口は、それに照れて応えていた(笑)。

続いて、直哉役の竜星が「こんなにお集まりいただき、僕たち人気なんだなぁ。ミュージックステーションも出させていただきメジャーデビューか! という勢いでやらせていただきます!」と挨拶。里奈役の真野は、会場を見渡し「なんか、ライブっていう感じですねぇ。いいですね。今日は皆さんと一緒に楽しくライブを観させていただければなぁと思います」と発言。そして最後は、鉄太役の泉澤が「映画を楽しんでいただき、アーティスト泉澤改めアーティスト鉄太を最後まで楽しんでいってください!!」と挨拶し、会場は笑いに包まれた。

続いて会場MCが、miwaと坂口に、本作が公開直前を迎えた心境を質問。これに対し、miwaは「この作品は私にとってすごく特別な作品で、映画の主演をさせていただき、本作の楽曲も描かせていただき、映画も音楽も私には忘れられない大切なものになりました。そんな<君と100回目の恋>を、いよいよ皆さんの目に触れていくことに、本当にうれしく思っています」と答えた。

そして坂口は「僕にとっては、やっと皆さんに観てもらえる日が来るんだなぁと、不思議な気持ちです。これから公開したあとに、徐々に周りから映画の噂や感想を聞いて、初めて実感がわくんだろうなぁと思っています」と話した。

続いてMCが、竜星、真野、泉澤に、岡山での合宿について聞くと、竜星が「本当に皆仲がいいんですよ」と答え、「岡山の直島に一緒に行ったよね」と泉澤と肩を組むと、泉澤さんは少し照れながら「うん」と返事。そして坂口が「ふたりで仲良く出かけていった写真が送られてきて、いいなぁと思っていたら、しっかりとかわいいクリアファイルのお土産を買ってきてくれて良かったです」と語った。そして真野は「竜星君が本当にムードメーカーになってくれて、私は年の近い人がいても人見知りしてしまうことがあるんですけど、竜星くんのおかげで本当に楽しくて良かったです」と発言。仲の良い撮影現場の雰囲気が伝わった。

またMCから、「普段ひとりで歌われているmiwaさんですが、今回初めてバンドを組んでみた感想を」と聞かれたmiwaは「本当に今忙しい皆さんが、私が書いた曲を必死に練習してくれてうれしくて、岡山で初めて合わせたときに、私が<これで映画行けるね!>って言ったら、みんながすごいうれしそうな顔をしてくれて。そのあとは、みんなで練習終わりにカラオケに行ったり、私はバンドを組んだことがないんですが、本当のバンドみたいで楽しかったです。なんだか、毎日が学校の放課後みたいでした!」と素敵なエピソードを披露した。

続いてMCが、3日間に渡り撮影された本作の見せ場のひとつである“The STROBOSCORP“のライブシーンについて質問すると、真野が「竜星くんがずっとほかの曲を練習していて怒られていたのに、実はしっかりと映画の曲を練習していて、最後のライブのシーンでは、みんながしっかり合っていてすごく感動しました」と岡山でのライブシーンの秘話を披露。

最後に、miwaと坂口が、これから映画を観る観客へ向けてコメントを聞かれ、miwaは「皆さんが、この映画に向けた期待をすごく感じることがてきました。このあと、しっかり<君と100回目の恋>の世界に浸っていただきたいと思います。最後まで映画の世界に浸ってください!」と挨拶。

そして、坂口は「まずは、すごく楽しんで観てもらって、この映画はすごく音楽が大切な作品になっていて、僕はひとつのシーンでですね、曲を聴いたら、涙を流してしまったんですね。そのくらい心に訴えかけてくれる曲を作ってくれて、映画の中で美しく流れている音楽を……これ、音楽聴くと泣いちゃうねぇ。僕は泣いちゃいました。その後のライブも楽しんでください。ありがとうございます!」と男泣かせな挨拶をし会場をあたため、その場を去った。

【映画上映〜The STROBOSCORP登場】
そして映画の上映がスタート。上映中は映画の胸キュンシーンに悲鳴を上げる観客や、時おり笑いも交えた声が会場から溢れ出し、本作を心の底から楽しんでいると思いきや、映画終盤にかかると涙を流す観客が溢れ、場内は最高の感動に包まれた。

そんな映画の感動の余韻が残る、落ち着いた会場の雰囲気の中、miwaを先頭に映画の世界の中にいた“The STROBOSCORP“が登場! 会場は一気に興奮の渦に包まれ、観客総立ちの大熱狂となった。

そして、観客に向け、miwaが「皆さんこんばんわ。The STROBOSCORPです。今日は本当に、一夜限りの最初で最後のライブになると思います」と挨拶。そして坂口が「緊張しました。でも、3人が後ろにいてくれると緊張は少しほぐれましたが、皆さん映画どうでしたか?」と声を掛けると観客は大熱狂! 竜星さんが「グルーヴ感を大切にしたいですよね!」とジョークを言うと、miwaが「それではいきますよ、<単純な感情>!」と声を掛け、一気にエンジン全開で演奏がスタート!

演奏が終わると里奈役の真野が登壇。miwaに演奏の感想を聞かれ「久々にステージ横でみんなの演奏を観れて、今感動しちゃいました」と答えると、坂口が演奏について「素敵な4人で楽しく組むことができて良かったです。ありがとうございました!」と話した。

そしてメンバーが口々に発言。
「私たちThe STROBOSCORPは<君と100回目の恋>で結成されたバンドです。映画のクライマックスシーンで演奏をしていて、映画の撮影が終わったあとも、これだけじゃなくて、どこかでライブとかしたいねって話をしていたことが、今日現実となりました!」
「竜星が<あのときの練習していた俺たちに言ってやりたいよ! Zeppで演奏するんだぜ>って! あのときはこんな演奏するとは思っていなかったので…皆で頑張ったね!」
「私の曲をみんなで演奏できたのも良かったんだけど、ライブ会場の中で、観客と一緒に応援してくれた恵里菜も大変だったね」

続いて、「アイオクリ」についてmiwaが「私が陸のことを考え、葵海なら陸と一緒にこんなことを考えながら歌を作るんじゃないかなぁと考えながら作りました。聴いてください」と語り、The STROBOSCORPの最後の演奏も大盛り上がりの中、終了。

しかし、4人がステージから立ち去り、会場が暗転すると、観客からアンコールを望む拍手が始まり、miwaがギターを持ち再び登壇。

miwaは、映画の主題歌「君と100回目の恋」を披露し、感極まったmiwaは最後、涙を流しながら熱唱。観客の多くも感動の涙を流し、一夜かぎりのスペシャルナイトは幕を閉じた。


映画情報

「君と100回目の恋」
2017年2月4日ロードショー
出演:miwa 坂口健太郎
竜星涼 真野恵里菜 泉澤祐希
太田莉菜 大石吾朗 堀内敬子/田辺誠一
監督:月川翔(「黒崎くんの言いなりになんてならない」)
脚本:大島里美(「ダーリンは外国人」「1リットルの涙」)
プロデュース:井手陽子
製作:「君と100回目の恋」製作委員会
制作・配給:アスミック・エース
(C)2017「君と100回目の恋」製作委員会


リリース情報

2017.01.25 ON SALE
ALBUM『君と100回目の恋 Original Soundtrack』


映画「君と100回目の恋」作品サイト
http://kimi100.com/

miwa OFFICIAL WEBSITE
http://www.miwa-web.com/


170131-CI-025009

170131-CI-025010

170131-CI-025011

170131-CI-025001

170131-CI-025002

170131-CI-025007

170131-CI-025008

170131-CI-025012

170131-CI-025006

170131-CI-025003

170131-CI-025005

170131-CI-025004

170131-CI-025013

170131-CI-025014

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人