ブルエン、武道館公演を映像作品化。田邊駿一×キュウソネコカミ・ヤマサキ セイヤのラジオ対談も決定

1月11日に最新アルバム『THE END』をリリースし、絶好調の活動を続けるブルエンことBLUE ENCOUNT。

そんなブルエンが、昨年10月9日に1万1千人の満員のオーディエンスのもと繰り広げた感動的なステージが話題となった、初の武道館ワンマン公演『LIVER’S 武道館』を収録した映像作品「LIVER’S 武道館」が、3月22日にリリースされることが決定した。

ブルエンの映像作品としてひとつの公演がそのままパッケージ化されるのは初めて。さらに初回盤のBlu-ray&DVDには、特製ラバーバンドと当日のドキュメンタリー映像も収録。ファンには待望の商品と言えそうだ。

そしてこのたび、ボーカルの田邊駿一が、アーティスト同士が1ヵ月に渡り毎週日曜日の21時からの1時間トークセッションを繰り広げるFM802の人気番組「Walkin’ Talkin’ -徒然ダイアローグ-」に、2月のゲストとして出演することが決定! 4週に渡って、キュウソネコカミのヤマサキ セイヤと対談を繰り広げる。

FM802のアーティスト番組「MUSIC FREAKS」で、ヤマサキ セイヤは2014年10月〜の1年間、田邊駿一は2015年10月〜の1年間、DJをつとめていたことがあり、また田邊駿一の「MUSIC FREAKS」のゲストとしてヤマサキ セイヤが出演してトークしたこともあったりと、ふたりの相性の良さはもはやおなじみ。

初回2月5日の放送では、そんなふたりが改めて「バンド始めたきっかけ」「原点にあるバンド」をテーマに対談。選曲も、「バンド初期に書いた曲」や「原点になっている楽曲」をテーマにオンエア。アーティスト同士だからこそ語られる言葉、流れる楽曲もお楽しみに。

そして本日1月30日、20時ごろよりスペースシャワーTVの公式スマートフォンアプリ「スペシャアプリ」にて配信されるBLUE ENCOUNTのトーク番組『BLUE ENCOUNT 「TOUR 2017 break “THE END”」 前決起集会』にメンバーが出演。商品化が決定した武道館公演の様子も一部オンエアされるとのことなので要チェックだ。

さらに3月からスタートする全国ツアー『TOUR 2017 break “THE END”』のチケットがオフィシャルサイトにて本日いっぱい受付中。この機会をお見逃しなく。


リリース情報

2017.01.11 ON SALE
ALBUM『THE END』

2017.03.22 ON SALE
Blu-ray&DVD「LIVER’S 武道館」


番組情報

FM802「Walkin’Talkin’」
02/05(日)21:00〜22:00
02/12(日)21:00〜22:00
02/19(日)21:00〜22:00
02/26(日)21:00〜22:00
出演:ヤマサキ セイヤ(キュウソネコカミ)、田邊駿一(BLUE ENCOUNT)

※InterFM897でも放送(毎週木曜21:00〜22:00)。
※RADIO NEO(InterFM Nagoya)はFM802と同日同時間に放送です。
※FM802はスマホやPCでもきけます。radikoプレミアムなら全国で聴くことができます。 放送時間に聞けなかった場合も、放送後1週間以内はradikoの新機能「タイムフリー」でさかのぼって聴くことができます。


ライブ情報

TOUR2017 break “THE END”
03/12(日)香川・高松Festhalle
03/20(月)千葉・幕張メッセ国際展示場
04/02(日)北海道・Zepp Sapporo
04/08(土)宮城・仙台PIT
04/09(日)新潟・LOTS
04/15(土)大阪・Zepp Osaka Bayside
04/16(日)広島・BLUE LIVE
04/26(水)愛知・Zepp Nagoya
04/27(木)愛知・Zepp Nagoya
05/07(日)福岡・福岡国際センター


「Walkin’ Talkin’ -徒然ダイアローグ-」の詳細はこちら(FM802)
http://funky802.com/i/S4192

「Walkin’ Talkin’ -徒然ダイアローグ-」の詳細はこちら(InterFM897)
https://www.interfm.co.jp/wt/

radiko(FM802)
http://radiko.jp/#802

「THE END」特設サイト
http://blueencount.jp/theend/

BLUE ENCOUNT OFFICIAL WEBSITE
http://blueencount.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人