シン・ゴジラVSエヴァ。高橋洋子、デビュー25周年シングルで鷺巣詩郎とタッグ

高橋洋子のデビュー25周年を記念して、鷺巣詩郎&高橋洋子のスペシャルタッグマッチによるニューシングルのリリースが決定した。

「エヴァンゲリオン」→「シン・ゴジラ」と続いてきた鷺巣詩郎×庵野秀明総監督のクリエイティブ楽曲に、高橋洋子のボーカルが合体。本シングルは2016年に大ヒットとなり、音楽集CDがレコード大賞特別賞を獲得した映画「シン・ゴジラ」と、誰もが聴いたことのある「往年のエヴァンゲリオン名曲」から楽曲を抜粋し、作曲・鷺巣詩郎自らリアレンジを施す。

高橋洋子は2016夏にアリーナホールで行われた『ドラゴンクエスト ライブスペクタルツアー』で“龍の女王”を演じるなど、現在も精力的に活動中。

また、高橋洋子は3月22日・23日に開催される『シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽』コンサートにも出演。さらに同タイミングにてベストアルバムのリリースも決定した。

ベストアルバム『YOKO SINGS FOREVER』には、「残酷な天使のテーゼ~魂のルフラン」のセルフカバー新録も含む全18曲を収録予定。3月22日にリリースされる。

(C)2016 TOHO CO.,LTD


リリース情報

2017.03.22 ON SALE
SINGLE「鷺巣詩郎&高橋洋子スペシャルタッグマッチシングル(タイトル未定)」

2017.03.22 ON SALE
ALBUM『YOKO SINGS FOREVER』


ライブ情報

シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽
03/22(水) 東京・Bunkamuraオーチャードホール
03/23(木) 東京・Bunkamuraオーチャードホール

エグゼクティヴ・プロデューサー:庵野秀明
作曲、編曲、総監督:鷺巣詩郎
指揮:天野正道
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
合唱:新国立劇場合唱団
ゲスト演奏:エリック宮城(トランペット)、今剛(ギター)、高水健司(ベース)、山木秀夫(ドラム)、宮城純子(ピアノ)
キーボード:鷺巣詩郎
特別ゲスト:高橋洋子、和田薫
司会:林原めぐみ、松尾諭


『シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽』コンサートの詳細はこちら
http://www.khara.co.jp/gve_symphony/

高橋洋子 OFFICIAL WEBSITE
http://king-cr.jp/artist/takahashi/


170127-TR-100009

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人