米アニメ映画「SING/シング」の日本語吹き替え版制作に蔦谷好位置&いしわたり淳治が参加

3月17日より全国公開される米アニメ映画「SING/シング」の日本語吹き替え版の音楽プロデューサーを蔦谷好位置、日本語歌詞監修をいしわたり淳治が務めることが決定した。

第74回ゴールデングローブ賞2部門にノミネートされた本作は、マシュー・マコノヒー、 リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、トリー・ケリーといった豪華スターが夢の共演を果たし、歌声を披露することで世界中から注目を集めている話題作。

動物だけが暮らす世界で劇場支配人をしているコアラのバスターが、劇場再建のため世界最高の歌を求めてオーディションを開催する物語が描かれ、フランク・シナトラ、ビヨンセ、テイラー・スウィフト、レディー・ガガ、スティーヴィー・ワンダーなど、グラミー賞受賞総数100を超える、そうそうたるアーティストたちのヒットソングや名曲が60曲以上が使用されている。

そしてこのたび、本作の日本語吹き替え版音楽プロデューサーにYUKI、Superfly、ゆず、エレファントカシマシ、木村カエラ、Chara、JUJU、絢香、back numberなど、多くのアーティストへの楽曲提供や、アレンジ、プロデュースを手がける蔦谷好位置、日本語歌詞監修にSuperflyの「愛をこめて花束を」の作詞をはじめ、JUJU、布袋寅泰、Little Glee Monster、今井美樹、SMAPなど、幅広いアーティストへ歌詞を提供、そして、チャットモンチー、9mm Parabellum Bullet、GLIM SPANKYなどのバンドプロデュースも手がけ、歌詞も含めたトータルプロデュースに定評がある歌詞プロデューサー・いしわたり淳治という、音楽界のスペシャリストが参加、共同制作を行った。

全世界で続々と公開され世界各国で初登場1位を獲得するなど大ヒットしている本作だが、特別に全編吹き替え版の制作が許されたのはここ日本のみ。全世界で唯一の吹き替え版において、音楽が物語のテーマである本作のクオリティを高めるため、ハリウッド映画としては異例の豪華クリエイターが参加。いしわたりは名曲からオリジナル曲まで登場する本作を、より日本の観客の心に響くような言葉で伝えるために日本語歌詞の監修を担当。蔦谷はキャストがより映画の世界に入り込み歌えるように、レコーディング時のプロデュースやボーカル収録のディレクションなどを担当した。

きゃりーぱみゅぱみゅの楽曲が劇中で使用されることや、先日、主人公のコアラであるバスター・ムーンの吹き替えを内村光良さんが務めることが発表され話題となっている本作。今後、吹き替え版キャストを続々発表予定。はたしてどんな豪華キャストが個性豊かなキャラクターたちを演じるのかにも注目が集まる。

蔦谷好位置 コメント
Q. オファーが来たときのお気持ちを教えてください。
A. とてもうれしかったです。子供の頃から聞いていたのは8割方洋楽で、その名曲の数々を日本の観客のために、日本の素晴らしいアーティストや声優と一緒に作れることはとても光栄なことでした。

Q. 日本だけが特別に吹替え版を制作しますが、そういった特別な状況の中でプレッシャーなどはありましたか?
A. 吹き替えをすることが、より多くの日本のお客さんに映画と楽曲の素晴らしさを知ってもらう架け橋になると思ったので、プレッシャーというよりは、どうしたらもっと伝わるだろうか、ということをずっと考えて作業していました。

Q. キャラクターの歌のプロデュースにあたり、曲に感情を込める作業にいつも以上に取り組まれたかと思いますが、日本版の楽曲制作にあたり心がけたことはなんでしょうか?
A.キャラクターの特徴とストーリーの流れ、感情をいかに引き出すかを意識してやりましたが、皆さん一流の人ばかりで非常にスムーズにレコーディングが進みました。さらに日本語にすることで、原曲の魅力や本国がやりたかったことが損なわれないように、かつ日本の観客にわかりやすく伝えることを考えて作業しました。アニメが先にあるものに歌をあとから入れるのでリップシンクもかなり気をつけました。ブレスのタイミング、リズム、語尾の長さなどかなり細かく確認しながら進めていきました。それも今回の訳詞を担当してくれた、いしわたり淳治くんの素晴らしい歌詞のおかげでかなりやりやすかったです。

Q. 本作をご覧になっての感想を教えてください。
A. 最初に見させてもらったのは2016年の8月、まだ字幕もない本国版でしたが、英語が完全にわからなくてもとても楽しめたし感動しました。と同時に、この映画をきっかけに僕の大好きなスティーヴィー・ワンダーやサム・スミスなどたくさんの名曲を多くの人に知ってもらうチャンスだなと思いました。キャスティングと訳詞について考えながら映画を見ていた感じです。

Q. 60曲以上のヒットソングや名曲が登場しますが、蔦谷さん一押しの曲はどれですか?
A. 一押しはなかなか決められないですが、マイクによる「マイ・ウェイ」とミーナの「ドント・ユー・ウォーリー・アバウト・ア・シング」です。

Q. ご自身の人生を変えたシーンがあれば教えてください。
A. この映画のお話をいただいて自分にとって新たな挑戦をすること自体が人生を変えたと言えるので、「SING/シング」すべてです。

Q. 映画を楽しみにしている方へメッセージをお願いします。
A. 新旧様々な洋楽の超名曲が「SING/シング」全体を彩っています。普段洋楽をあまり聞かない人も、この映画をきっかけに興味を持ってくれたらとても嬉しいです。ぜひ劇場でその歌声をお楽しみください。

いしわたり淳治 コメント
Q. オファーが来たときのお気持ちを教えてください。
A. 純粋にうれしかったです。作業に入る前からずっとわくわくしていて、その気持ちは制作が進んでいくうちにさらに高まっていきました。

Q. 日本だけが特別に吹替え版を制作しますが、そういった特別な状況の中でプレッシャーなどはありましたか?
A. すべてが楽しい作業で、プレッシャーを感じる瞬間など1秒もありませんでした。

Q. 有名な楽曲からオリジナル楽曲まで登場しますが、監修にあたって、こだわりの点や苦労した点などありますか?
A. いちばん気を配ったのは、いかに内容を崩さずリップシンクさせるか、です。そこにさらにキャラクターに合わせて、コミカルさであったり、繊細さであったりを盛り込んでいく、という作業でした。たとえ一瞬しか出てこないキャラクターでも、その性格にまで想像を巡らせて、その間ずっと表情と口の動きを凝視していたので、すべてのキャラクターたちに対する思い入れというか、愛情がものすごいです。

Q. 本作をご覧になっての感想を教えてください。
A. 素晴らしい映画です。いわゆるミュージカルとも違う、新しい形で音楽と映像と物語が融合した映画だと思います。

Q. 映画を楽しみにしている方へメッセージをお願いします。
A. 観終わって劇場を出るときには誰もが何かしらの音楽を口ずさんでいるのではないかと思います。きっと新しい音楽体験になるはずです。ぜひ劇場へ足を運んで体感してください。


映画情報

「SING/シング」
2017年3月17日(金)より全国公開
監督・脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
出演:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー他
【吹替え版】
演出:三間雅文
日本語吹替え版音楽プロデューサー:蔦谷好位置
日本語歌詞監修:いしわたり淳治
配給:東宝東和
(C)Universal Studios.


映画「SING / シング」公式サイト
http://sing-movie.jp/


170126-st-171402

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人