Hilcrhymeの名曲「春夏秋冬」が映画化!主演は「逃げ恥」出演の葉山奨之と、“東宝シンデレラ”山崎紘菜

2017.01.25

Hilcrhymeの楽曲「春夏秋冬」をモチーフにした映画「春夏秋冬物語」が、4月8日より全国の劇場で公開されることが決定した。

「春夏秋冬」は、今から約10年ほど前に、TOCが結婚する友人夫妻に贈る曲として作り、2009年9月にHilcrhymeの2ndシングルとして発売された楽曲。発売と同時に幅広い層に支持され、オリコン6週連続TOP10入りを果たし、日本語ラップ作品としては異例のCDセールス80万枚突破、配信総数は700万ダウンロードを越えた。

ミュージックビデオ再生回数も1,700万以上を記録、さらに第51回レコード大賞や第42回日本有線大賞など各新人賞を総ナメにするなど各方面で話題となり、2009年最大級のヒット曲となった。

時代や世代を超えて今も人々の心に響き続けているこの楽曲をタイトルに冠した今回の映画「春夏秋冬物語」は、“LIVE&ドラマ”という企画になっており、主演にテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などに出演し、注目を集める俳優・葉山奨之、そして第7回「東宝シンデレラ」オーディション審査員特別賞受賞の山崎紘菜を起用。ノスタルジックで切ない恋愛ストーリーを、Hilcrhymeのヒット曲「春夏秋冬」「パラレル・ワールド」などのライブ映像で紡いでいく音楽映画となっている。

TOCは今回の映画化について、「作ってからもう10年経つんですが、そんな前の曲を映画化していただけることは大変うれしいです。僕自身、忘れていたこの曲の思い出や、曲で書かれている“大切な人と四季を過ごす”という感情を思い出させてくれました」とコメントしている。

そして、この映画の公開にあわせ、結成10周年を記念した自身初のオールタイムベスト『BEST 2006-2016』を4月5日に発売することが決定。これまで発売されたHilcrhymeの楽曲の中から、ファン投票による人気曲TOP44に、入手困難となっている幻のインディーズデビューシングル「もうバイバイ-Indies Version-」を加えた全45曲を収録し、CD3枚組で発売。結成からのHilcrhymeの10年の歴史を辿ることができる作品となる。


映画情報

「春夏秋冬物語」
4月8日(土)より全国の劇場で公開予定
監督:園田俊郎
脚本:CRG、Kyse
主演:葉山奨之 / 山崎紘菜
主題歌:Hilcrhyme「タイトル未定」(発売未定)

【ストーリー】
舞台は東京。26歳デザイナーを目指す美由、夢を追い続け苦悩する美由を支える幼なじみの修二。
そんな修二には年上の彼女美麗がいた。彼女との生活を大切にしつつも、美由のことが気になる修二。そんなとき、美由に思いがけない事件が起きる。そして、美麗からも決断を迫られることに。
交差する3人の想い、修二の選ぶ決断は……。


リリース情報

2017.04.05 ON SALE
ALBUM『BEST 2006-2016』


Hilcrhyme特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/hilcrhyme/10th/

Hilcrhyme OFFICIAL WEBSITE
http://hilcrhyme.com/


170124-st-200103

170124-st-200102

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人