中田ヤスタカ×きゃりー×Charli XCXが、“顔だけの参加”で新バンドを結成!?「いろいろ勝手にやってすみません」(MV監督談)

1月18日にリリースされた中田ヤスタカ/きゃりーぱみゅぱみゅの両A面スプリット盤シングルより、中田ヤスタカのソロ最新作「Crazy Crazy(feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu)」のMVトレーラー映像が公開された。

Charli XCXは、楽曲参加したアイコナ・ポップ「アイ・ラヴ・イット」が全米7位、イギー・アゼリア「ファンシー」が全米7週1位を記録。また自身の楽曲「ブーム・クラップ」が全米8位にランクインするなど、世界中で注目を集めるシンガーソングライター。

中田ヤスタカが書き下ろした楽曲に、Chari XCXが作詞&ゲストボーカルで参加、きゃりーぱみゅぱみゅも初の全編英語詞に挑戦し、きゃりーぱみゅぱみゅとしてはデビュー5周年を記念して掲げられた“5つのたくらみ”の最後のひとつである「海外アーティストのコラボレーション」としてスペシャルなコラボ楽曲となっている。

Charli XCXは、きゃりーぱみゅぱみゅの大ファンで、以前にきゃりーがロンドンでライブを行った際にも、足を運んでいるほど。そんなふたり夢の競演が実現した。

同ミュージックビデオでは、中田ヤスタカと、楽曲に参加したロンドンの歌姫Charli XCX、きゃりーぱみゅぱみゅの3人が架空の新バンドを結成、バンドの全編パフォーマンスによる作品が完成した。

監督は、Perfume、OK Goなど国内外数々のミュージックビデオを手がける関和亮が担当。実際のパフォーマンスは、それぞれ別のミュージシャンが演奏を行い、昨今携帯アプリでも大人気の“FACE SWAP”という手法を用いて、ミュージシャンの顔がそれぞれ、中田、Charli、きゃりーの顔へと変化していく。撮影は、ロサンゼルスと東京で行われ、海外とのコラボによる唯一無二な作品となっている。

また、新曲「Crazy Crazy(feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu)」の配信が、1月18日より全世界110ヵ国の国と地域で随時スタート。

そして、1月28日には、スプリット盤リリースを記念して、『ASOBINITE!!! -KYARY PAMYU PAMYU BIRTHDAY SPECIAL-YSTK×KPP CLUB EDITION』も開催。今年11月に東名阪3ヵ所のみで開催され、各地満員御礼となった中田ヤスタカ×きゃりーぱみゅぱみゅによるツーマンライブツアー「~SPECIAL DJ×LIVE ZEPP TOUR 2016~『YSTK×KPP』」のCLUB EDITIONとして、中田ヤスタカときゃりーぱみゅぱみゅによるスペシャルなライブセットが披露される。

中田ヤスタカ コメント
今回の新曲MVは、僕と参加アーティスト全員がアバター化したキャラクターによる不思議な映像が、クレイジーな世界観を盛り上げます。サウンドと共に楽しんでいただければうれしいです。

きゃりーぱみゅぱみゅ コメント
普段は、全身を使って表現をすることがほとんどなので、今回は顔だけという限られた中で表現するのが難しかったです。頑張っていろいろな表情にチャレンジしてみました。3人の顔が合成されて、微妙な違和感が出ていて面白い作品に仕上がったと思います!

Charli XCX コメント
今回この楽曲でコラボレーションできてとてもワクワクしています。この曲が世界中に届けられ、スマッシュヒットになることが待ちきれません。絶対に素晴らしいものになるでしょう。ピースアウト!

関和亮 監督コメント
魅力的な3人の顔をイジって遊んだビデオです。いろいろ勝手にやってすみません。


リリース情報

2017.01.18 ON SALE
中田ヤスタカ/きゃりーぱみゅぱみゅ
SINGLE「Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) / 原宿いやほい」


イベント情報

ASOBINITE!!! -KYARY PAMYU PAMYU BIRTHDAY SPECIAL-
YSTK×KPP CLUB EDITION
01/28(土)東京・新木場 ageHa


中田ヤスタカ OFFICIAL WEBSITE
http://yasutaka-nakata.com

きゃりーぱみゅぱみゅ5周年特設サイト
http://kpp5.jp


170120-TR-110001

170120-TR-110003

170120-TR-110002

170120-TR-110004

170120-TR-110005

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人