高知県産・超絶無名ガールズバンド、sympathy、“メジャーに台風を巻き起こす”決意のデビューアルバムを2月リリース

2017.01.12

ビクターエンタテインメントのレーベル、CONNECTONEよりメジャーデビューすることを発表した高知産・超絶無名ガールズバンド、sympathyが、2月22日にメジャーデビューアルバム『海鳴りと絶景』をリリースすることが決定した。

たった1回の東京でのライブが所属事務所の目にとまり、レーベルのCONNECTONEに至ってはライブを観ずに音源だけを聴いて契約してしまったというシンデレラストーリーで話題となり、2015年7月にインディー流通盤となるミニアルバム『トランス状態』をリリース。2016年には読売テレビで放送中の番組「Cune!」の音楽コーナープロデューサーの目にとまり、番組内で特集が組まれたり、エンディングテーマに起用されるなどして話題となり、今年2017年、満を持してメジャーデビューを果たす。

高校のフォークソング部で結成し、平均年齢21歳である彼女らは、高校卒業後メンバー全員が東京・京都・高知と別々の学校に進学し「絶賛遠距離中」のため、LINEやSkypeを駆使しながらこのメジャーデビューアルバムを完成させた。

インディーズ時代からの人気曲を再アレンジしたリード曲「泣いちゃった(4人ver.)」を筆頭に、この年代ならではの瑞々しい感性が等身大に描かれた全7曲を収録している。

メジャーデビューにあたり公開されたアートワークは、RADWIMPSなども手掛ける双葉七十四の佐々木千代が担当。また、3月末より東京、大阪、地元・高知を含め全国3ヵ所で自主企画ライブツアーの開催を発表している。

柴田ゆう(vo) コメント
sympathyメジャーデビューアルバム『海鳴りと絶景』。
海鳴りという言葉には「台風や津波が来る前触れとして海から響いてくるうなり」という意味があります。
私たちの音でメジャーに台風を巻き起こすという決意、そして自分たちの音楽を轟かせたあとに絶景を見たい、そんな意味を込めています。
メジャーデビューするにあたって、改めて自分たちの音楽について向き合うことで完成したアルバムです。
この1枚に私たちの進化、そして日々の息づかいを閉じ込めました。
皆さんの耳、そして心に、海の音のようにずっと残りますように。

制作スタッフ コメント
曲、詩、声、サウンド、すべて好みなバンドsympathy、そんなバンドのメジャーデビューという大切な作品に関わることができて光栄です!
普段は普通の女の子なんですが、演奏したり歌ったりすると、意外と男気あったりで、そこも魅力のひとつではないかと思います。
あと、柴田さんがたまにする巻き舌も最高です!
(recording & mix engineer / 池内 亮)

音楽で表現することの難しさとか、産んだ作品の大切さとかを無意識に感じているような人たちだと思います。
計算いっさいなしの、この4人のリアルです。
これからも想像もつかないような出来事がたくさん待っているでしょう。それをシンパシーの音楽として表現し続けて欲しいし、それができるバンドだと思います。
(sound produced / akkin)

sympathyの女子深海ワールドにぐんぐんはまっております!
(ad&design / 佐々木千代 双葉)


リリース情報

2017.02.22 ON SALE
ALBUM『海鳴りと絶景』


ライブ情報

sympathy 自主企画ライブツアー
03/24(金) 高知・高知X-pt.
04/01(土) 大阪・阿倍野ROCKTOWN
04/02(日) 東京・渋谷STAR LOUNGE


sympathy OFFICIAL WEBSITE
http://sympathy.strikingly.com/


170112-TR-140016

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人