焚吐(たくと)、10代最初で最後の1stアルバム『スケープゴート』のアートワーク解禁。モチーフは“山羊”

2017.01.13

焚吐が、10代最初で最後の1stアルバム『スケープゴート』を2月8日にリリース。そのアートワークが公開された。

また、アルバム収録曲「夢負い人」がエンディング曲に決まっているテレビ東京アニメ「闇芝居 四期」(1月15日〜)のオンエアスタートを記念して、焚吐×アニメ「闇芝居」4期オンエア直前記念イベントの開催が決定。

兼子昌也監督×船田晃ゼネラルプロデューサー×焚吐による「闇芝居」トークショーや、テーマ曲「夢負い人」含めた焚吐によるミニライブを実施、さらにイベント当日の模様はツイキャスでも配信予定となっている。

なお、「夢負い人」は、amazarashiの全作品の編曲のほか、サウンドプロデュース、ドラマ、アニメ、映画の劇中音楽、CMなどのインストゥルメンタル音楽を手がける作曲家の出羽良彰が、アレンジを担当した注目曲だ。

焚吐 コメント
(アルバム『スケープゴート』のアートワークについて)
スケープ“ゴート”にかけて、山羊をモチーフをブックレットなど使っていただきました。デザインチックでありながらも素の自分が出せたので気に入っています。


リリース情報

2017.02.08 ON SALE
ALBUM『スケープゴート』


イベント情報

焚吐×アニメ「闇芝居」4期オンエア直前記念イベント
01/15(日) 東京・タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
イベント内容:「闇芝居」トークショー+ミニライブ&焚吐ロゴ入り色紙サイン会
※イベントの観覧はフリーです。


焚吐 OFFICIAL WEBSITE
http://takuto-official.com


170112-TR-090007

[初回盤/CD+DVD]

170112-TR-090008

[通常盤/CD]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人