チームしゃちほこの新作の全貌が判明!あらたに高橋 優、MICRO(HMKU)、HISASHI(GLAY)の参加が明らかに

名古屋発アイドルグループ、チームしゃちほこの、2ndアルバム『おわりとはじまり』の収録曲全曲がついに明らかになった。

今回あらたに発表になったのは6曲。

同じレーベルunBORDEに所属し、昨年9月には自身が主催する『秋田CARAVAN MUSIC FES』にてチームしゃちほことコラボするなど、交流のあった高橋 優が書き下ろした作品「なくしもの」。地元・名古屋での『KAZOKU FES』での共演のためにHOME MADE 家族のMICROが書き下し、すでに2016年8月に行われた武道館公演などでも披露されていた、両親への感謝を込めた楽曲「ワタシノユウキ」。印象的なギターリフ全開の名古屋ソング「完全満足NGY」にはギターでHISASHI(GLAY)も参加。

すでに発表されているBLUE ENCOUNTの初提供曲「START」を含め、豪華なラインナップが参加した渾身のアルバムとなっており、前出の「完全満足NGY」と「ロードムービー」はお馴染みの浅野尚志氏の書き下ろし。また1曲目の「プロフェッショナル思春期」では、その浅野尚志と「Cherie!」や「夢でもいいの」のSAKRA氏が初共作、さらにもう1曲の名古屋ソング「Kissy-麺」など個性豊かな作品が揃っている。
※「Cherie!」の1つめの「e」はアキュートアクセント付きが正式表記。

チームしゃちほこは、アルバム発売後の3月21日に、結成以来の悲願であった地元・愛知県、ガイシホールで単独公演を開催。また、路上デビュー記念日の2017年4月7日より、全国12ヵ所20公演をまわる過去最大規模のアルバムツアー開催と、いよいよ2ndシーズンへ突入していく。

■高橋 優「なくしもの」コメント
ゲットしたもの全部を背負って生きていくのは難しいので、誰かにあげたり、捨てたり、知らないうちに落としたり失くしたりしながら、歩いているように思うときがあります。
大切なものが大切じゃなくなるときもあれば、ガラクタが宝物に変わる日もあったり。
そんな日々の中で自分にとって本当に大切なものって一体なんだっけ? という自問をやめてしまわないために、この曲を書きました。
僕にとって大切な仲間である、チームしゃちほこにこの楽曲を唄ってもらえることをとても誇らしく思います。

■MICRO(HOME MADE 家族)「ワタシノユウキ」コメント
初めて出会った頃の彼女たちは、天真爛漫であどけない少女たちでした。
フェスなどで一緒になると「ミクロマン! 元気しとったぁ!?」と、楽屋に入るなりイジリ倒してくるのです。当時は会うのがちょっとコワくなるくらい、それはもうすごい勢いで。それから時を重ね、何度もライブを観させてもらうようになり、気付けば、いつも元気をくれる彼女たちの虜に。
そんな中、開催された2015年5月の『KAZOKU FES. 2015』。ステージ袖からチームしゃちほこのライブを観ていてふと思ったのです。「来年には高校を卒業するのか、大人になったな〜」と。成長する彼女たちの姿が妙に、うれしくもあり寂しくも感じたのです。高校を卒業し子供から大人へと羽ばたくメンバーが、日頃の感謝の思いをサプライズで両親に向かって歌うステージ。これを2016年の『KAZOKU FES. 2016』でどうしても観たいなと。
幼い頃からアイドルと学生の両立は、本当に大変なことだったと思います。でもそれができたのはきっと、親というもうひとつの“チームしゃちほこ”の存在があってこそですよね。普段は照れくさくて言えない、お互いへのありがとうが、この歌でひとつに結ばれたら最幸だなと。
溢れる想いは止められず、頼まれてもいないのに勝手に曲を作り、勝手に送りつけ、みんなに気に入ってもらえ、歌っていただけることに(笑)。そして、正式な作品としてアルバムにも収録されることに!
アルバムタイトルもまさに『おわりとはじまり』。あらたなスタートを切る“チームしゃちほこ”から皆様への感謝の歌声「ワタシノユウキ」をぜひ受け取っていただけたら幸いです! だってチームしゃちほこを応援してくれるすべての皆さんが、彼女たちの育ての親ですからね!

■咲良菜緒(チームしゃちほこ)コメント
「なくしもの」は、私たちにはかなり挑戦的な楽曲で、歌詞や世界観も考えさせられるし、雰囲気も初めてなものだったので、たくさん優兄さんの曲を聴きました! 力強くて、リアリティがあって、繊細で、発見的ですごい綺麗な歌だなぁって思います。
めっちゃ好きです! 優兄さんにしか作れない感じがすごい出てる気がします♪ うれしい♪
一度、番組でご一緒させてもらったのをきっかけにかなり仲良くなってる気が勝手にしてます(笑)。
優兄さんはすごく気さくで優しいんですけど、楽屋とかだと頭の回転が早くて、ボケを探してそれに素早くツッコミをしてるイメージです。それがめちゃめちゃ面白い!!(笑)
レコーディング当日には、優兄さんがスタジオに足を運んでくださって、ケーキを差し入れしてくれました! 美味しかった。
私は優兄さんにレコーディングのディレクションをしていただいたんですが、曲を実際に作ってくれた方にディレクションしていただくのは初めてで、緊張しましたが、アドバイスもしてくださったおかげで、新しいものができた気がします。

■坂本遥奈(チームしゃちほこ)コメント
「ワタシノユウキ」は、私たちを普段支えてくれている親への感謝の気持ちをMICROさんが歌詞にしてくれました。歌詞を初めて見たときに共感することが多くて、MICROさんは私たちの気持ちをわかってるなぁ。すごいな。と思いました。サビに「ありがとう」がたくさん出てくるので、この曲を聴くと、ホッコリとしたあたたかい気持ちになれる。そんな曲です。
「ワタシノユウキ」はライブで先に披露している楽曲なのですが、初披露のときにステージで一緒に歌ってるとき、MICROさんの目がうるうるしているように見えたんです。後から聞いたら、「今みんなの親御さんがこの歌聴いてくれてるって思ったら、あ〜(涙)、もうだめだ〜って思っちゃった(涙)」って言っていました。
「しゃちのメンバーと横に並んでも身長的に、違和感ないよね? 俺」って言ってきてくれたり、涙もろくて、おちゃめなところもある、MICROさん。そんなMICROさんのことがメンバーみんな大好きです。作っていただいた方とご一緒して歌わせてもらうことは、初めてだったのでとってもうれしかったです。


リリース情報

2017.02.22 ON SALE
ALBUM『おわりとはじまり』


『おわりとはじまり』特設サイト
http://sp.wmg.jp/syachi/owahaji

チームしゃちほこ OFFICIAL WEBSITE
https://team-syachihoko.jp


170109-CI-130001

170109-CI-130002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人