X JAPANのドキュメンタリー映画「We Are X」のテーマ曲「La Venus」が、アカデミー賞歌曲賞対象曲に選出

2016.12.26

X JAPAN の新曲「La Venus」が第89回を迎える今年のアカデミー賞ベストオリジナルソング賞対象曲に選出されたことが、映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences、AMPAS)より発表された。

「La Venus」は、作曲家、ドラマー、クラシックのピアニストにして、X JAPANのリーダーでもあるYOSHIKI が、X JAPANのドキュメンタリー映画「We Are X」のテーマ曲として書いた曲。

「第89回アカデミー賞の発表は、2017年1月26日に米国・ハリウッド&ハイランドのドルビー・シアターにて行われ、その模様はABCテレビジョンネットワークにて放送される。

さらに、この「La Venus」が、ソニー・ミュージック・エンタテイメントのレガシー・レコーディングスより、2017 年初旬にリリースされることが決定。

YOSHIKIが「La Venus」への思いを語った映像もYouTubeで公開されている。

PHOTO BY Tanya Braganti

ソニー・ミュージック・エンタテイメント レガシー・レコーディングス社長 アダム・ブロック コメント
映画「We Are X」のテーマ曲でもある X JAPAN の最新シングル「La Venus」をレガシー・レコーディングスからリリースできることを非常にうれしく思っています。素晴らしい映画のテーマ曲となった、美しく、そして力強いトラックは、今年のアカデミー賞でベストオリジナルソング賞の有力候補曲であることは間違いありません。


「We Are X」OFFICIAL WEBSITE
http://www.wearexfilm.com/

X JAPAN OFFIAL WEBSITE
www.Xjapanmusic.com

YOSHIKI OFFICIAL WEBSITE
www.Yoshiki.net

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人