キングコング西野亮廣の絵本の読み聞かせイベントで、ロザリーナが西野と「えんとつ町のプペル」を演奏

12月7日に1stミニアルバム『ロザリーナ』をリリースしたばかりのロザリーナが、12月12日に東京キネマ倶楽部で行われた、絵本の読み聞かせを行うイベント『えんとつ町のプペル~読み聞かせと音楽の夜~』にて、同作に収録されている「真夏のスノーマン」と「えんとつ町のプペル」を披露した。

今回のイベントにはキングコングの西野亮廣、ピアニストのanoa、ウクレレ奏者のRioらと共にロザリーナも出演。キングコング西野による自身の絵本3作品と新作の物語の朗読には、会場を一気にその物語の世界に引き込む語りから、涙ぐむ人たちも多く、会場は大きな感動に包まれていた。

イベントの最後に朗読されたのは最新作「えんとつ町のプペル」。朗読が終わるとanoaのピアノからRioのウクレレ、ロザリーナの歌声、そして西野のギターも加わりテーマ曲の「えんとつ町のプペル」が披露された。ロザリーナが同曲をライブで歌唱するのは初めてとなったが、すでにSoundCroudや「えんとつ町のプペル展」、テレビなどで耳にし、口ずさむ人も多く、会場の空気がひとつになり、絵本の世界と音楽が融合した素晴らしいイベントとなったことがうかがえる瞬間となった。

ロザリーナはそのほかにも自身の楽曲「真夏のスノーマン」を弾き語りで歌唱。心をぐっと掴む歌声に、観客も自然と絵本の世界観からロザリーナの世界観に引き込まれていき、しっかりと聴き入る観客の姿が印象的なステージとなった。

そしてロザリーナ初めてのミュージックビデオ「真夏のスノーマン」が公開。

理想と現実のギャップ、自分への怒り、焦燥感。日々に溶けそうになりながら夢を追う自分を描いた「真夏のスノーマン」。ミュージックビデオでは、ロザリーナが雪だるまに海を見せるためにいろんなところを旅をし、海に行きついたとき、雪だるまとの別れが訪れ、雪だるまは消え、ロザリーナの頭上からは雪が降り始める……。海を目指し、旅をする姿は夢を追い求める姿にも重なり、ファンタジックさと儚さ、切なさの中にある強さを感じることができる内容となっている。

なお、現在、下記対象店舗では1stミニアルバム『ロザリーナ』を購入した人に先着で、12月19日に行われるライブイベント『CONTACT!!-ABENO-MINAMI WHEEL EDITION-』の招待チケットプレゼント中(先着順、各店舗定員達し次第終了となります)。要チェックだ。

【対象店舗】
タワーレコード梅田大阪マルビル店
タワーレコード難波店
タワーレコード梅田NU 茶屋町店
タワーレコードあべのHoop 店


リリース情報

2016.12.07 ON SALE
MINI ALBUM『ロザリーナ』


ライブ情報

CONTACT!!-ABENO-~MINAMI WHEEL EDITION~
12/19(月) 大阪・阿倍野ROCK TOWN
出演:Amelie/リリィ、さようなら。/ロザリーナ


ロザリーナ OFFICIAL WEBSITE
http://lozareena.com/


161213-TR-130005

161213-TR-130006

161213-TR-130007

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人