【今週のオリコン】欅坂46が3作連続首位!アルバム1位はジャニーズWEST、ストーンズが22年半ぶりにトップ3に

【シングル】
欅坂46の3rdシングル「二人セゾン」(11月30日発売)が、発売初週に44.2万枚を売り上げ、今週発表の最新12月12日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:11月28日~12月4日)で初登場1位を獲得した。

同グループは、1st「サイレントマジョリティー」(最高1位:今年4月発売)から3作連続、通算3作目のシングル1位獲得。また今作は2nd「世界には愛しかない」(最高1位:今年8月発売)の累積売上39.2万枚を発売初週にして上回り、シングル自己最高売上をマークした。

さらに、デビュー1年以内でのシングル週間売上40万枚突破は、女性グループとしてはPUFFYに続く歴代2組目。女性アーティストとしては、前出のPUFFY、宇多田ヒカル、倉木麻衣に続く歴代4組目、およそ16年半(16年7ヵ月)ぶりの達成となった。【※】

今作表題曲のセンターは、デビューから3作連続の大役となる平手友梨奈が担当。その誕生以来、破竹の快進撃を見せている同グループは、12月24・25日の両日、東京・有明コロシアムで行う初の単独ライブを控えており、大みそかには「第67回NHK紅白歌合戦」への初出場も決定している。

【※】PUFFYは「これが私の生きる道」(1996年10月21付:初週40.3万枚)、宇多田ヒカルは「Movin’ on without you」(1999年3月1日付:同47.4万枚 ※12cmシングルとの合算)と「Addicted To You」(1999年11月22付:同106.8万枚)の2作、倉木麻衣は「Secret of my heart」(2000年5月8日付:同41.1万枚)でそれぞれ達成。同歴代記録は再デビュー(グループからのソロデビューや派生ユニットなど)アーティストによる作品はのぞく。

【シングル、その他のトピック】
◆E-girlsの最新シングル「Go!Go!Let’s Go!」(11月30日発売)が、初週売上2.4万枚で、シングル自己最高位タイの2位に初登場。同グループのシングルTOP10入り作品数は、「Follow Me」(最高2位:2012年10月発売)以来16作連続、通算17作目となった。
◆年内での解散を発表しているSMAPの代表曲「世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)」(2003年3月発売)が、週間売上2.1万枚で、先週付12位より3位に浮上。同シングルは、2016年9月19日付以来12週ぶりのTOP3入りとなり、累積売上枚数を297.5万枚とした。
◆TOKIOの最新シングル「愛! wanna be with you…」(11月30日発売)が、初週売上1.7万枚で4位に初登場。シングルTOP10入り作品数を通算51作目としたTOKIOは、同記録におけるアーティスト歴代3位(1位はモーニング娘。の62作、2位はSMAPの55作)の座をキープしている。
◆桑田佳祐の最新シングル「君への手紙」(11月23日発売)が、週間売上1.3万枚(13,242枚)で5位にランクイン。初登場2位を記録した先週付に続いて2週連続のTOP5入りを果たした(累積8.3万枚)。
◆声優で歌手としても活躍する内田彩の1stシングル「SUMILE SMILE」(11月30日発売)が、初週売上1.3万枚(12,693枚)で6位に初登場。内田は、アルバムでは最新作まで3作連続でTOP10入りを達成しているが、シングル初作もこれに続いてTOP10入りを果たした。

【アルバム】
ジャニーズWESTの最新アルバム『なうぇすと』(11月30日発売)が、発売初週に8.6万枚を売り上げ、今週発表の最新12月12日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:11月28日~12月4日)で初登場1位を獲得した。

同グループは、初のオリジナルアルバム『go WEST よーいドン!』(2014年8月発売)と、ミニアルバム『パリピポ』(2015年4月発売)に続いて3作目のアルバム1位獲得。また今作は、前作『ラッキィィィィィィィ7』(最高2位:2015年12月発売)の初週8.5万枚を上回り、アルバム自己最高初週売上を記録している。

今作初回盤には、メンバー・藤井流星が出演中の日本テレビ系日曜ドラマ「レンタル救世主」(毎週日曜 22:30~)の挿入歌「one chance」を含めた10曲とそのミュージックビデオ、メイキング(約35分)を収録したDVDが付属。通常盤にはシャッフルユニットによる3曲が追加収録されている。

【アルバム、その他のトピック】
◆英ロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズにとって約11年ぶりとなる最新アルバム『ブルー&ロンサム』(12月2日発売)が、発売初週に2.2万枚(22,427枚)を売り上げ、3位に初登場した。

同バンドによるアルバムTOP3入りは、『ヴードゥー・ラウンジ』(1994年7月発売)が、1994年7月25日付で2位を獲得して以来、約22年5ヵ月ぶりで、不動の人気を見せつけた。

また同バンドは、今作のTOP10入りによって、1970年代から2010年代まで5つの年代においてTOP10入りを達成【※】。洋楽アーティストとしてはエリック・クラプトン、ザ・ビートルズ、エアロスミス、ポール・マッカートニーに続いて5組目の達成となった。

今作は、キャリア50年以上を誇るとともにメンバーの平均年齢が72歳に達している同バンドの最新作。わずか3日間でレコーディングされたブルースのカバーアルバムで、エリック・クラプトンが2曲にゲスト参加していることでも話題を呼んでいる。

【※】オリコンがアルバムランキングの集計を開始した1970年1月5日付以降、1970年代はLP『山羊の頭のスープ』(1973年10月発売、最高7位)ほか、1980年代は『スティール・ホイールズ』(1989年9月発売、最高5位)ほか、1990年代は『ヴードゥー・ラウンジ』(1994年7月発売、最高2位)ほか、2000年代は『フォーティー・リックス』(2002年9月発売、最高4位)ほかにて週間TOP10入り。

◆RADWIMPSの最新アルバム『人間開花』(11月23日発売)が、週間売上3.8万枚で2位にランクイン(累積売上24.2万枚)。現在もロングセールス中の前作『君の名は。』(8月24日発売)に続き、2週連続のTOP3入りとなった。
◆ASIAN KUNG-FU GENERATIONにとって初の1位獲得となった2ndアルバム(2004年10月発売)を全曲再レコーディングし、装いもあらたになった『ソルファ』(11月30日発売)が、初週売上2.2万枚(22,076枚)で4位に初登場。『Wonder Future』(2015年5月発売)に次いで、通算14作目のTOP10入りとなった。
◆AOAの日本での2ndアルバム『RUNWAY』(11月30日発売)が、初週売上1.5万枚で5位に初登場。同1stアルバム『Ace of Angels』(2015年10月発売、最高2位)に続き、2作連続でのTOP5入りとなった。本作にはH Jungle With tが1995年に発売し、その後数々のアーティストによってカバーされている「WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント」(最高1位)を小室哲哉自身がプロデュース・リメイクした「~ girls ver.」ほかが収録されている。
◆中森明菜の最新カバーアルバム『Belie』(11月30日発売)が、初週売上1.0万枚で8位に初登場。中森は約6年ぶりに発売されたオリジナルアルバム『FIXER』(2015年12月発売)に次いで、通算39作目のTOP10入り(女性アーティスト歴代5位)となった。一連の“歌姫シリーズ”などにおいて数々のカバー作品に挑み続ける中森だが、本作には「サウダージ」「限界Lovers」をはじめとするポップ、ロックナンバー10曲を収録。現在、2009年以来7年ぶりとなるディナーショーを開催中で、“歌姫復活”に華を添えた。


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/


161205-st-183302

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人