会場からはすすり泣きの声も……。注目のシンガーソングライター、claquepot、フルバンド編成のライブに絶賛の嵐

11月24日、渋谷・WWW Xにて開催された『SWISH Presents“音遊~OTOASOBI~』に、claquepot(クラックポット)が出演。満員の観客のなか、フルバンドでライブを行った。

claquepotは、ソロで活動中のシンガーソングライター。ライブハウスでの活動を中心に人気を集め、今年公開された「テノヒラ」「むすんで」の2曲のミュージックビデオは合わせて10万回を超える再生数を記録した。包み込むような優しい歌声と、喜怒哀楽の感情が絶妙に織り交ぜられた歌詞の世界観が、人の心を掴んで離さない。

この日はフルバンドでの演奏。代表曲「テノヒラ」で会場の雰囲気をぐっとエモーショナルな雰囲気に持ち込むと、続けて「ケダモノ」を披露。誰にも言うことのない、人々の内面や感情が散りばめられた2曲。会場が一気にclaquepotの雰囲気にのみこまれる。

その後、新曲「バイバイ」を披露。タイトルどおり、切ない歌詞に感情を込め歌う姿が印象的な1曲。続けて「感傷ファインダー」で会場はクラップで一体になると、ラスト曲「むすんで」へ。「バイバイ」と同じく、切なく語りかける歌詞、そしてリフレインで入るピアノの旋律がとても綺麗な1曲。会場からはすすり泣く声が。心から感情を洗われる、そんなデトックスにも近いライブとなった。

ライブ後には「寝ても起きても余韻が抜けません」「号泣しました」「世界観に浸りたい」と、絶賛の嵐。まさに、claquepotの魅力が詰まったライブとなった。


claquepot OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/claquepot


161129-TR-160003

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人