【今週のオリコン】RADWIMPSが2作連続で首位獲得!シングルはモーニング娘。’16が通算18作目の1位

【アルバム】
大みそか恒例「第67回 NHK紅白歌合戦」への初出場が決定したRADWIMPSの最新アルバム『人間開花』(11月23日発売)が、発売初週に20.4万枚を売り上げ、今週発表の最新12月5日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:11月21日~11月27日)で初登場1位を獲得した。

同バンドによるアルバム1位獲得は通算2作目。また、劇中音楽全般を手がけた長編アニメーション映画「君の名は。」(新海誠監督)のサウンドトラックで、発売から2週連続で1位獲得、12週連続TOP10入りのヒットとなった『君の名は。』(今年8月発売)に続き2作連続となる。

今作には、映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」「スパークル」のオリジナルバージョンを含む全15曲を収録。初回限定盤のDVDに収録される、新海誠監督による「スパークル[original ver.] 」ミュージックビデオは、あらたたに描き下ろされたスペシャルカットが、同映画の感動を追体験できることでも話題となっている。

RADWIMPSは今作を引っ提げ、来年2月25日のマリンメッセ福岡公演を皮切りに、5月9・10日の東京・日本武道館2デイズまで12ヵ所21公演を行う全国ツアー『Human Bloom Tour 2017』の開催が決定している。

【アルバム、その他のトピック】
◆中島みゆきのベストアルバム『中島みゆき・21世紀ベストセレクション「前途」』(11月16日発売)が、週間売上1.7万枚(累積売上6.2万枚)で2位にランクイン。『EAST ASIA』(1992年10月発売)が1992年10月26日付で記録して以来の2週連続TOP3入りを果たした。
◆米ハワイ州出身の男性歌手、ブルーノ・マーズの約4年ぶり3枚目となるアルバム『24K・マジック』(11月18日発売)が、週間売上1.6万枚(累積売上3.6万枚)で、先週の6位から3位に上昇。前作『アンオーソドックス・ジュークボックス』(2012年12月発売)で獲得した5位を上回り、自己最高順位を更新した。また、男性洋楽アーティストとしても、ザ・ビートルズが『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』(今年9月発売)で9月19日付に獲得した3位とならび、今年度(2015年12月28日付~)最高位タイとなった。
◆約6年ぶりにアーティスト活動を再開した大⿊摩季のベストアルバム『Greatest Hits 1991-2016 ~ALL Singles+~』(11月23日発売)が、初週売上1.3万枚で4位に初登場した。自身のTOP5入りは『大黒摩季 ベスト オブ ベスト~All Singles Collection~』(1999年12月発売)で2000年1月24日付で3位を獲得して以来約16年10ヵ月ぶり、通算9作目。大黒は来年2017年に全国47都道府県で開催されるライブツアーが決定している。
◆久保田利伸にとって初となるコラボレーションベストアルバム『THE BADDEST ~Collaboration~』(11月23日発売)が、初週売上1.2万枚で5位に初登場した。自身のTOP10入りは前作『L.O.K』(2015年3月発売)に続き、通算19作目。デビュー30周年記念企画となっている本作には、ナオミ・キャンベルとのコラボで大ヒットとなった「LA・LA・LA LOVE SONG」ほか全30曲が収録されている。
◆和楽器バンドのボーカルを務める鈴華ゆう子の1stソロミニアルバム『CRADLE OF ETERNITY』(11月23日発売)が、初週売上1.1万枚で6位に初登場。ゲームソフト「SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス」オープニングテーマ「永世のクレイドル」ほかを収録している。
◆1989年11月に発売された、伝説のロッカー・忌野清志郎によく似た人物“ZERRY”率いる4人組覆面バンド、THE TIMERSのアルバム『ザ・タイマーズ』に、未発表⾳源・映像を追加収録した『THE TIMERS スペシャル・エディション』(11月23日発売)が、初週売上0.6万枚で14位に初登場した。本作としては、『ザ・タイマーズ』が1989年12月11日付で19位にランクインして以来、約27年ぶりのTOP20入りとなった。

【シングル】
モーニング娘。’16の最新シングル「セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って/そうじゃない」(11月23日発売)が、発売初週に9.8万枚を売り上げ、今週発表の最新12月5日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:11月21日~11月27日)で初登場1位を獲得した。

同グループは通算18作目のシングル1位獲得となり、同・獲得作品数における女性グループ歴代2位の座を堅守。これとともに、同グループが全アーティスト歴代1位を独走している「シングルTOP10入り獲得作品数」(同・歴代2位はSMAPの55作)も通算62作に更新した。

トリプルA面となる今作に収録され、サックスの⾳色が印象的な「セクシーキャット~」は、リーダー・譜久村聖と、工藤遥、小田さくらがセクシーな“猫”に扮するミュージカルタッチの楽曲。また、“歌謡曲”をテーマとした「そうじゃない」では牧野真莉愛が初の単独センターを務めている。

なお、同グループはこれまで選考を行っていた13期メンバーのお披露目を、現在展開中の全国ツアーの最終日となる12月12日の日本武道館公演で行うことが決定。これに先がけての1位獲得で、あらたな仲間を万全の体制で迎え入れる。

【シングル、その他のトピック】
◆桑田佳祐の最新シングル「君への手紙」(11月23日発売)が初週売上7.0万枚で2位に初登場した。桑田は「悲しい気持ち」(最高2位:1987年10月発売)でのソロデビューから17作連続のシングルTOP10入り。今作の獲得順位は、60代以上の男性アーティスト(※ソロのみを対象)によるシングルとしては、桑田自身が今年7月11日付において「ヨシ⼦さん」(今年6月発売)で記録した2位とならび、歴代最高位タイとなる。
◆人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場するアイドルグループ・Aqoursの担当声優たちの同名ユニットによる、スマホゲーム「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」とのコラボシングル「ジングルベルがとまらない」(11月23日発売)が、初週売上4.4万枚で3位に初登場。同ユニットは、1stシングル「君のこころは輝いてるかい?」(最高3位:2015年10月発売)から全8作連続のTOP5入りとなる。
◆乃木坂46の最新シングル「サヨナラの意味」(11月9日発売)が、週間2.7万枚で4位にランクイン。1位に初登場した先々週11月21日付から、3週連続のTOP5入りを果たした。先週付でシングル自己最⾼売上を記録した今作は、引き続き上位をキープし、累積売上枚数を89.4万枚に伸ばした。
◆アイドルプロデュースゲーム「あんさんぶるスターズ!」のユニットソングCDが2作同時にTOP10入り。「あんさんぶるスターズ! ユニットソングCD 第2弾 vol.05 流星隊(五色のShooting☆Star!!!!!)」(11月23日発売)が初週売上2.1万枚で5位、「~ vol.06 Ra*bits(Hoppin’ Season♪)」(同)が同じく1.6万枚で9位にそれぞれ初登場した。


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/


161128-st-185002

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人