ブリトニー・スピアーズのセクシー悩殺MVが、公開初日で再生回数1,000万回突破

全世界トータル・セールス1億枚、YouTube総再生30億回という記録的な数字を叩き出し、1998年にデビューして以来、“今世紀最大のポップ・アイコン”として世界中から愛され続けるブリトニー・スピアーズ。

今年発売した“栄光”を意味する通算9作目となるオリジナル・アルバム『グローリー』が大ヒット中の彼女が、同アルバムからの1stシングル「メイク・ミー…feat.Gイージー」に続く2ndシングル「スランバー・パーティーfeat.ティナーシェ」のミュージックビデオを公開。公開初日で再生回数1,000万回突破し、話題となっている。

自身のシングル「2・オン」が全米シングル・チャートに21週ランクインし、その圧倒的美貌とマルチな才能で注目を集める新世代ストリートプリンセス=ティナーシェを迎えた同曲は、ブリトニーの代表曲のひとつ「アイム・ア・スレイヴ・フォー・ユー」(2001年)を彷彿とさせるような官能的でセンシュアルな仕上がり。

ミュージックビデオは鬼才コ―リン・ティリーが監修(ケンドリック・ラマー/DJスネイクほか)。デビュー当時から記憶にも記録にも残る数々の歴史的ミュージックビデオを生み出してきたブリトニーだが、今回のミュージックビデオでも、ティナーシェと共に五感を刺激する悩殺ポーズを惜しげもなく大胆披露しており、中でも“腰くねくねポーズ”(1:28頃)、“脚くるりポーズ”(1:31頃)、“舌出しポーズ”(2:58頃)など見どころ満載! 公開初日だけで再生回数1,000万回を突破し、ブリトニーとティナーシェのセクシーな歌声と肉体美がたっぷり詰まった最高傑作となっている。

ブリトニーの大ファンであることを公言しているティナーシェは、今回の共演に関して「早い時期から歌って踊ることに恋した理由は、ブリトニー・スピアーズの影響なの。ステージやミュージックビデオで踊る姿は私にとってとてつもない“事件”だった。あんな風になりたいって強く願ったの。ブリトニー・スピアーズは今でも多くの影響を受けているアーティストで、今回初共演できて夢を見ている気分。彼女は私にとって史上最強の歌姫よ!」とコメント。

“今世紀最大のポップアイコン”ブリトニー・スピアーズのあらたな展開に注目が集まっている。


リリース情報

2016.08.26 ON SALE
ALBUM『グローリー』


スペシャル・サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/britneyspears/

ブリトニー・スピアーズ 日本OFFICIAL WEBSITE
http://www.sonymusic.co.jp/britneyspears


161124-TR-090002

161124-TR-090003

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人