山本彩、全国4大都市ツアー最終公演のオフィシャルライブレポが到着。「ほんまに、ほんまにみんな大好き!」

「シンガーソングライターになりたい」という長年の夢を1stソロアルバム『Rainbow』で形にした山本彩。この11月には名古屋、東京、札幌、大阪4都市を周る『山本彩 LIVE TOUR 2016〜Rainbow〜』を敢行、11月22日にツアー最終日を大阪・Zepp Nambaで迎えた。全国ツアーは、各会場ともチケット完売。この日もフロアはファンで超満員となった。

場内をレインボーカラーで照らし出すと、ステージに浮かんだ山本のシルエットに大歓声が沸き上がる。幕がサッと下り姿を現した山本は、お返しとばかりに「オオサカ〜〜〜〜」と叫び、お客さんを刺激。1曲目の「ヒトコト」に続き披露された「レインボーローズ」ですでにオーディエンスのテンションは最高潮に。

「一緒に熱くなってくれますか?」と山本が呼びかけると、もちろんだとばかりに上がった声を確かめ「そのまま今日は最後までよろしく!」と、自身で作詞・作曲を手がけた「雪恋」「スマイル」など激しいロック曲からしっとりとしたバラードまで全16曲を歌い上げ、約2時間を駆け抜けた。曲調に合わせてお客さんが手にした「レイブバンド」が光り会場の雰囲気が作り上げられ、目にも楽しい演出が施されていた。

MCでもファンを魅了。バンドメンバー紹介時には、ギターの草刈浩司に「そのネクタイはピコ太郎ですか?」と“金色繋がり”なだけで無茶ぶりする山本。振りにしっかりと応え「PPAP」をやり遂げた草刈は「ユーハブアギター」と山本に逆襲を仕掛ける。まさかの出方にビックリした表情で山本は「何が来るのか?」と構えると「ユーハブアシャクレ!」と言われ、ギターのくぼみにすっぽりとあごを乗せて応戦。そのかわいらしい山本の姿に、拍手喝采が巻き起こった。

「幸せを日々更新させてもらっているなと思う」としみじみ語り「愛のおすそ分けという気持ちを込めて書きました」という「幸せの欠片」を最後の曲として歌い上げる。このときにはハート型の紙ふぶきも舞い、まるで山本の想いが客席に届いたかのようだった。

山本がステージを去ってスグに「さやかコール」が巻き起こる。「愛のアンコールを受けまして、もう少し歌って帰ろうと思います!」とふたたびバンドメンバーを引き連れて山本が登場。今年のレコード大賞にノミネートされた「365日の紙飛行機」、「ソロで歌ったことがなかったので」とセレクトした「太宰治を読んだか?」を熱唱。「この一年は充実していたので早かった」と満足げに語り「2017年は2016年以上に成長して進んでいきたい」とシングル発売、フェス出演の野望を口にしていた。

バンドメンバーらと手を繋ぎ、深々と頭を下げステージを後にした山本。だが、オーディエンスの気持ちはまだまだ収まらない。「さやかコール」に引き戻されて「まだいくか、大阪!!!」と「レインボーローズ」を再熱唱。スピーカーに足を掛け、激しく頭を振りながら「今日イチのテンションで上げてきます!」とファンを最後まで楽しませる。「最後はみんなでジャンプしますよ!」と会場が一体となって興奮の夜を締めくくった。

「ほんまに、ほんまにみんな大好き。ありがとうございました!」。山本は何度も何度も感謝の気持ちを客席に届けながら、「今日のことは一生忘れないです」と感激の言葉を投げ掛け、ステージを去って行った。
(C)Sayaka Yamamoto


リリース情報

2016.10.26 ON SALE
山本彩
ALBUM『Rainbow』


山本彩 OFFICIAL WEBSITE
http://yamamotosayaka.jp/

NMB48 OFFICIAL WEBSITE
http://www.nmb48.com/


161122-CI-232003

161122-CI-232006

161122-CI-232008

161122-CI-232000

161122-CI-232002

161122-CI-232004

161122-CI-232005

1617122-CI-23200

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人