AAAの東京ドーム初日。デビュー11年目、待望の大舞台で作り上げた最高の景色【ライブレポート】

AAA
AAA Special Live 2016 in Dome -FANTASTIC OVER-
2016年11月15日@東京ドーム

デビュー11年目にして立つ、初のドーム。まずは11月12日・13日に大阪・京セラドーム大阪を。そして、その追加公演として東京ドーム2デイズに臨んだ。うれしいことも、つらいことも、11年ともに乗り越えてきた7人が見せるステージとは?

TEXT BY 大野貴史
PHOTOGRAPHY BY 石井裕之


誰に何と言われようと徹底的に楽しんでやる

「会いに来たぜトーキョー!」と日高光啓が吠える。4曲目の「Charge & Go!」冒頭のバラードのような部分から、そこにいきなり鋭利なビートが加わって曲調が大きく変化するところ。その瞬間、場内のテンションは、もうひとつ上のレベルへと跳ね上がる。あらゆる意味でのタガが外れてしまう。誰に何と言われようと徹底的に楽しんでやる。そんな観客の決意が大歓声となって7人を直撃する。

11月15日。火曜日。AAAにとって初のドーム公演『AAA Special Live 2016 in Dome -FANTASTIC OVER-』の、その3公演目(追加公演という位置づけの東京初日)。7人はドームという巨大な会場ならではの壮大なエンターテインメントショーを見せてくれた。

自信と確信に満ちた姿。ため息が出るくらい完璧な幕開け

とにかくオープニングから圧倒的だった。メンバーそれぞれを魔法使いに見立てたスタイリッシュな映像(炎や時間や稲光を自在に操る!)に導かれて、この特別な夜はスタート。スモークの中を横一列に並んだ7人がゆっくりとせり上がってくる。

これでもかというくらいの量のレーザー光線(大きな会場だけに距離も長い!)が飛び交う中での「LEAP of FAITH -Dome ver-」。最初は微動だにしない7人だが、やがて少しずつアクションが大きくなっていく。スクリーンに映し出されるクールな表情。自信と確信に満ちた姿。ため息が出るくらい完璧な幕開けだ。

続く「愛してるのに、愛せない」では一転して感情を爆発させる。思いを激しく叩きつけるように歌う7人。サビの終わりの“愛してる”というフレーズがドーム内にこだまする。

161123-ys-174803

わずか5曲。それでいて、この濃密な内容

SHOUT & SHAKE」になると今度は少しずつ笑顔がこぼれるようになる。ラップパートではセンターステージに向かって花道を歩きはじめる。ファッションショーのウォーキングみたい。センターに到着すると西島隆弘が「いくぜっ」。そのセクシーな声をきっかけに切れ味鋭いダンスに突入する。

そして「Charge & Go!」。メンバーの笑顔の眩しさに酔っていると、なんとセンターステージが上昇しはじめるではないか! で、そのまま動いて会場後方の小さなステージへと7人を運んでいく。それと同時に左右の前方からは2台の移動式LEDスクリーンが登場する。

曲が「LOVER」に変わると、そのLEDスクリーンに乗り込むメンバー。それはスクリーンとワイヤレスカメラを備えた豪華なフロートだったのだ。開放的なサマーチューンを歌いながら、たくさんの風船の中をメインステージに向かって両側から進んでいく。歌っている末吉秀太に背後から與 真司郎が抱きつき、その様子がスクリーンに映し出されると、さらに大きな歓声が上がる。メンバーもオーディエンスも笑顔を爆発させている。フロートの高さは約6メートル。スタンド席の観客でも7人を近くに感じることができる。

ここまで、わずか5曲。それでいて、この濃密な内容。ちょっとサービスしすぎなんじゃないかと心配になるくらいだが、これ以降も手を緩めることなく……いや、それどころか、より充実したパフォーマンスと演出でとことん楽しませてくれた。

しっかり言葉を響かせた最新シングル「涙のない世界

中盤の見どころとなったのはウィンターソング「Miss you」。途中のアカペラパートでは、とてつもなく広い会場の隅々にまで浦田直也と西島隆弘の歌声が浸透していく。言葉にできないほどの切なさに会場全体が包み込まれた。

宇野実彩子と伊藤千晃による“MisaChia”の「Jewel」では、ここぞとばかりに女子ふたりのキュートネスが炸裂。ポップでカラフルでガーリーな色彩にドームを染め上げてしまった。

ああ、もう視線が追いつかない! そんな悲鳴を上げたくなったのは「Eighth Wonder」だ。この曲では7人が、それぞれにステージをめまぐるしく移動する。会場のあちこちに7人が散って歌う、というのはAAAのライブではよくある風景だが、しかし広大な東京ドームともなるとメンバー間の距離も半端じゃない。全員の動きを追うのは不可能。このあたりは映像ソフト化されたら、じっくりと見返したいポイントだ。

反対に派手な仕掛けは一切なしで、しっかり言葉を響かせたのが最新シングル「涙のない世界」。恋の終わりに直面している主人公の祈るような気持ち。それが痛いくらい伝わってきた。

161123-ys-174802

“この会場でやるのが当たり前でしょ”

アンコールは、まず「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」「Getチュー!」「MUSIC!!!」というライブの定番曲を連続投下。このメドレーで盛り上がるなと言うほうが無理な話。ここで全力で大騒ぎして、そして締めは「Love」「」というメッセージ性の強い2曲。「」の“ここまで歩いてきた 足跡振り返り眺めていた どれも覚えているよ”という歌い出しに、このドーム公演までのAAAとファンの約11年間の歩みが重なって思わず感動してしまった。

全20曲(メドレーを個別にカウントすれば22曲)。そして、それ単独でもバラエティ番組として成立しそうなロングサイズのMCが2回。トータルで約3時間。そんなファンタスティックな夜を締めくくったのはリーダー、浦田直也の力強い感謝の言葉だ。

「初めてこうして東京ドームのステージに立って。皆さんに温かい声援、拍手をもらえて本当にうれしく思っています。これからも7人で力を合わせて“この会場でやるのが当たり前でしょ”って言われるぐらい大きいグループになりたいと思います!」

161123-ys-174804

SETLIST

00.OPENING
01.LEAP of FAITH –Dome ver–
02.愛してるのに、愛せない
03.SHOUT & SHAKE
04.Charge & Go!
05.LOVER
06.ぼくの憂鬱と不機嫌な彼女
07.Miss you
08.恋音と雨空
09.さよならの前に
10.Jewel(MisaChia)
11.Eighth Wonder
12.GAME OVER?
13.NEW
14.涙のない世界
15.Next Stage
16.PARTY IT UP
17.Yell
[ENCORE]
01.ハリケーン・リリ、ボストン・マリGetチュー!MUSIC!!!
02.Love
03.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人