瑛太×増子直純(怒髪天)=「サンバイザー兄弟」!「この作品は、バカの皮を被った人生論だと思う」

本日11月13日から、東京・サンシャイン劇場にて東京公演がスタートし、以降12月にかけて、東京、大阪、仙台で上演されることが決定している、大パルコ人(3)ステキロックオペラ「サンバイザー兄弟」の公開フォトコールと初日前会見が本日行われた。

大パルコ人(3)ステキロックオペラ「サンバイザー兄弟」は、2009年のメカロックオペラ「R2C2(アールツーシーツー)〜サイボーグなのでバンド辞めます!〜」、
2013年のバカロックオペラバカ「高校中パニック!小激突!!」に続く、“大パルコ人”第3弾。

大人計画とパルコが共同プロデュースする、日本の後世に残るパワフルでスリリングな舞台作品を世に送り出す、“大パルコ人”宮藤官九郎作・演出のオリジナルロックオペラシリーズで、映画、テレビドラマ、音楽、エッセイ執筆など、ジャンルを超えて活躍し続ける宮藤官九郎が、ホームグラウンドともいえる舞台で、思う存分本領をする。

舞台は2033年の池袋。新しい年号は「素敵」。東池袋の歌のうまいヤクザ、サンバイザー兄弟の「兄弟愛」と「父娘愛」を、怒髪天・上原子友康のオリジナル楽曲にのせて、自由に! 華やかに! バカバカしく! 描いていく。

宮藤作品への出演は、宮藤が脚本を担当した映画「なくもんか」以来となり、12月公開予定の映画「土竜の唄 香港狂騒曲」の出演も決定している瑛太が、今回“ロックオペラ”に初参戦。今まであまり披露されてこなかった歌声にも注目が集まっている。

瑛太の「兄貴」役には、初の舞台挑戦となる怒髪天のボーカル増子直純が抜擢。本気の歌声を響かせる。また、ミツカン「味ぽん」のCMでお馴染み、近年の活躍目覚ましいアクションを得意とする期待の女優・清野菜名と、クールでキュートな演技で、映像に舞台にCMにと、幅広く活躍し続ける女優・りょうをはじめ、もちろん“大パルコ人”シリーズのレギュラーメンバーも勢ぞろい。

NHK連続テレビ小説「あさが来た」の番頭・亀助役でも人気を呼んだ三宅弘城、比類なき強力キャラで、つねに舞台をさらう、笑いの起爆剤・皆川猿時、宮藤作品には欠かせない俳優・少路勇介、人気ロック・バンド“JAPAN-狂撃-SPECIAL”を経て、「∴(さんてん)」等での音楽活動と同時に、大パルコ人(2)で演技に初挑戦したよーかいくんが、今回も参加する。

また、宮藤官九郎も出演、ギター演奏でも舞台を盛り上るとのこと。大人計画期待の新人・篠原悠伸、上川周作にも注目だ。

この秋、チケット争奪抗争必至の舞台、大パルコ人(3)ステキロックオペラ「サンバイザー兄弟」。要注目だ。

【大パルコ人(3)ステキロックオペラ「サンバイザー兄弟」
公開フォトコール&初日前会見 概要】
11/13(日)東京・サンシャイン劇場
登壇者:瑛太、増子直純(怒髪天)、三宅弘城、皆川猿時、清野菜名、少路勇介、よーかいくん、篠原悠伸、上川周作、宮藤官九郎、りょう

※「大パルコ人(2)」「同(3)」の(2)(3)は丸数字が正式表記

PHOTO BY 引地信彦

出演者コメント
■作・演出・出演:宮藤官九郎
今回は、ストーリーが「ブルースブラザーズ」を下敷きにしていて、「ブルースブラザーズ」を日本の池袋に置き換えたときに、根拠はないですけど“ヤクザ”で“サンバイザー”がいいんじゃないかなと思って書きました。増子さんと瑛太君は前作を観に来てくれていたので、これは嫌われていないんじゃなかな(笑)、と思ったので迷わずオファーしました。おふたりには“暑苦しい兄弟愛”を表現してほしいとずっと言い続けてきました。瑛太君の歌も期待していただければと思います。ほかのことを考えながらでも、何も考えなくても楽しめる作品ですし、生LIVEのシーンが多いのでぜひ劇場で観てください。

■瑛太
宮藤さんが書かれた作品に出演したことはあったのですが、演出は初めてで稽古から楽しくて今日の初日を前にワクワクしています。お客さんの反応が楽しみです。
(増子さんとの兄弟愛について)控え室が一緒で、増子さんがアイパーをセットしている横で、いただいた自叙伝を読みながら「果てしない人だな」と(笑)。出演者みんなバカで…じゃなくて(笑)、出てくるキャラクター全員がバカで、こんなに面白い作品は観たことがありません。「これを観ないで何を観るんだ!」というくらい気合いが入っています!

■増子直純
32年間バンドをやっていますが舞台は初めてで、安請合いをしてはいけないなと身にしみています。舞台は、大人数でバンドを組み直してアルバムを作る感じで楽しいです。いっぱいいっぱいになっていても生暖かい目で見ていただければと思います(笑)。この作品は、バカの皮を被った人生論だと思うくらい素晴しい作品です。瑛太君とも何回も飲みに行って兄弟愛も深まっているので、そろそろスクープされることがあるかもしれません(笑)。スカっとして笑える作品です! よろしく!!

■三宅弘城
11人で歌もバンドもダンスもやって、“Do it yourself”がいっぱいの舞台です。世の中いろいろありますが、この舞台を観てスカッとしていただければと思っています。

■皆川猿時
ホステスの“汚ったねえの”です(笑)。今日、家を出て来るとき、うちの奥さんに「応援してるよ」と言われましたので頑張ります!

■清野菜名
稽古のときからいろいろ悩んで考えてきましたので、あとは楽しむだけだと思っています。(楽器初挑戦について)今回のためにギター「グレッチ」を買いました。最初の頃はひとつのことに集中してあまり周りを感じられなかったのですが、自分の楽器で弾けるとなるとさらに楽しくなって、ようやくみんなと一体になれた感じで本当にLIVEをしている気分で楽しいですので、ぜひ生演奏を楽しみにしてほしいです!

■少路勇介
(韓国語で)少路勇介です。お酒が大好きです。(日本語で)宮藤さんに謝らないといけないことがあります…。今日、気合いを入れようとお風呂に入ったときに、剃ってはいけないヒゲを剃ってしまいました。すみません! ヒゲとパワーを蓄えて頑張ります!
(宮藤→)ここが会見の場じゃなかったら許さないよ(笑)

■よーかいくん
前回の大パルコ人にも出演させていただいたときに楽しくて、味を占めてしまいました。今回も呼んでいただけてすごくうれしいです。一生懸命頑張ります!

■篠原悠伸
今回は黒人の役です。自分自身が面白くないので、宮藤さんに面白くしていただいています! 少しでも面白くなるように頑張ります。

■上川周作
緊張していますが、本番もお客さんと一緒に楽しんでやりたいです。

■りょう
(着物姿で)見ての通り極道の妻(おんな)をやります。今回初めてピアノを演奏したり、歌を歌ったり、普通のお芝居と違うことをしているので苦労しましたが、稽古でやってきたことを信じて、皆さんに喜んでいただけるよう頑張ります。(ピアノ初挑戦について)今回2曲演奏しますが、1曲は稽古に入ってから追加になった曲で、間違ったら目立ってしまう感じなのですが、昨日の稽古でようやく初めて間違えずに弾けました。不安で仕方ないですが、大好きな増子さんがボーカルをしている後ろで弾けるのは幸せだと、いつも増子さんを思いながら乗り越えました。皆さんに喜んでいただけるように頑張ります。


舞台情報

大パルコ人(3)ステキロックオペラ「サンバイザー兄弟」
11/13(日)〜12/04(日)東京・サンシャイン劇場
12/08(木)〜12/18(日)大阪・森ノ宮ピロティホール
12/21(水)〜12/23(金)仙台・サンプラザホール


大パルコ人(3)ステキロックオペラ「サンバイザー兄弟」OFFICIAL WEBSITE
http://www.parco-play.com/web/play/sanba/


161113-CI-172001

161113-CI-172002

161113-CI-172003

161113-CI-172004

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人