[Alexandros]、六本木ヒルズアリーナのリリイベでファン3,000人を魅了

[Alexandros]が、11月10日に、東京・六本木ヒルズアリーナで6枚目のアルバム『EXIST!』の発売記念フリーイベント、『[Alexandros]「EXIST!」Launch Party at Roppongi Hills』を開催。会場は平日にも関わらず約3000人のファンで埋めつくされた。また、ライブは「AbemaTV」にて独占生中継され、約20万人が視聴した。

[Alexandros]のメンバーがそれぞれ黒塗りの車に乗って登場し、レッドカーペットならぬグリーンカーペット(通称:ドロスグリーン)の上をハリウッド俳優のごとくひとりずつ歩きステージへ。次々到着する彼らに観客が大興奮するなか、ステージに初めに到着した庄村聡泰(ds)がドラムを鳴らし始め、次に磯部寛之(b&cho)がステージに上がりベース音を重ね、そして白井眞輝(g)がギターを手にしながらステージへ向かいギターの音を奏で、最後に川上洋平(vo&g)が登場し、ステージ上にメンバー全員が揃うとファンにはおなじみの「Burger Queen」を演奏しライブがスタートした。

川上が「元気ですか、六本木のみなさん。気持ちいいね、この六本木ヒルズでやるってのは。昨日発売になりました『EXIST!』、我々の渾身の6枚目のニューアルバムですけれども、みなさん買っていただけましたでしょうか」とMCを行うとファンからは大歓声が起こり、また、オリコンデイリーチャートが発表初日から2日連続1位という好状況をファンに伝えると、磯部が思わず「あー、よかった」と漏らし会場のファンからは笑いが起こった。

ライブは、今回のアルバムに収録されているドラマタイアップ曲の「Girl A」やアルバムのリードトラックである「ムーンソング」、CMで耳なじみの深い「Feel like」、最後に「NEW WALL」などを演奏し、大歓声のなか終了した。


リリース情報

2016.11.09 ON SALE
ALBUM『EXIST!』


ライブ情報

[Alexandros] Tour 2016~2017 ~We Come In Peace~
11/16(水)神奈川・横浜アリーナ
11/22(火)京都・KBS ホール
11/23(水・祝)京都・KBS ホール
12/05(月)東京・Zepp Tokyo
12/06(火)東京・Zepp Tokyo
12/10(土)香川・高松 festhalle
12/11(日)香川・高松 festhalle
12/17(土)新潟・LOTS
12/18(日)新潟・LOTS
2017年
01/07(土)広島・BLUE LIVE
01/08(日)広島 ・BLUE LIVE
01/14(土)宮城・仙台 PIT
01/15(日)宮城・仙台 PIT
01/21(土)石川・金沢 EIGHT HALL
01/22(日)石川・金沢 EIGHT HALL
01/26(木)愛知・Zepp Nagoya
01/27(金)愛知・Zepp Nagoya
02/03(金)北海道・Zepp Sapporo
02/04(土) 北海道・Zepp Sapporo
02/11(土・祝)岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
02/12(日)岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
02/17(金)大阪・Zepp Osaka Bayside
02/18(土)大阪・Zepp Osaka Bayside
03/04(土)福岡・福岡国際センター
03/11(土)沖縄・沖縄ナムラホール
03/12(日)沖縄・沖縄ナムラホール
03/25(土)香港・Music Zone@E-Max
04/01(土)韓国・sangsangmadang
04/08(土)台湾・台北 Legacy
04/09(日)台湾・高雄 LIVE WAREHOUSE
04/22(土)千葉・幕張メッセ国際展示場 9~11ホール
04/23(日)千葉・幕張メッセ国際展示場 9~11ホール


『EXIST!』スペシャルサイト
http://sp.universal-music.co.jp/alexandros/exist/

[Alexandros] OFFICIAL WEBSITE
https://alexandros.jp/


161111-TR-110006

161111-TR-110007

161111-TR-110008

161111-TR-110009

161111-TR-110001

161111-TR-110002

161111-TR-110003

161111-TR-110010

161111-TR-1100005

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人