秦 基博、歌詞を10言語に翻訳した「70億のピース」のリリックビデオ×10本を一斉公開

本日11月8日にデビュー満10週年を迎えた秦 基博が、配信限定ミニアルバム『秦 基博と映画主題歌』をリリースした。

『秦 基博と映画主題歌』には、この10年間で秦が手掛けてきた映画主題歌6曲を収録。「STAND BY ME ドラえもん」主題歌で、国民的スタンダード曲となった「ひまわりの約束」、「君の名は。」が大ヒット中の新海誠監督作品「言の葉の庭」主題歌で、再注目を集めている名曲「Rain」、さらに第29回東京国際映画祭公式クロージング作品にも選出された、松山ケンイチ主演映画「聖の青春」(11月19日公開)主題歌「終わりのない空」など、“秦 基博の映画主題歌は名曲揃い”ということを再認識させてくれる内容となっている。

また、10月19日にCDリリースされたニューシングル「70億のピース」の世界配信が本日よりスタート。あわせて、「70億のピース」の“リリックビデオ~世界バージョン~”もYouTubeにて公開された。

英語、フランス語、ポルトガル語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、中国語、韓国語、タガログ語、ヒンディー語の計10言語に翻訳されたこのリリックビデオは、「世界をひとつのパズルに例え、人と人との結びつきだったり、その中で皆が誰かと関わり合いながらどうやって生きているかを考えて作った曲」という秦の平和への想いを受け、企画されたもの。「かたちの違う僕らは/ひとつに今なれなくても/でも互いが離れないよう寄り添えるんだ」と歌われる同曲のメッセージを、世界中のひとりでも多くの誰かと共有できたら、という願いが込められている。

現在、全国6都市7公演、合計7万人を動員する10周年記念アリーナツアーを開催中の秦 基博。来年5月には初の横浜スタジアムライブも決定! 今後の10周年アニバーサリー企画にも注目だ。

新海 誠監督 コメント
映画制作はロジックである。物語も映像も、観客の心を動かすために僕たちは徹底して理屈立てて構築していく。でも、ロジックなんかを飛び越える瞬間も映画には必要で、観客はそこにこそ感動したりする。そのための巨大な力が、秦 基博の映画主題歌だと思う。「言の葉の庭」の主題歌「Rain」は、「言葉にできず」という「言葉」から始まる。秦さんの声はいつだって、言葉にできない言葉――理屈を超えた感情たちを、彼にしかできないやり方で僕たちに運んでくれるのだ。デビュー10周年、本当におめでとうございます。


リリース情報

2016.10.19 ON SALE
SINGLE「70億のピース / 終わりのない空」

2016.11.08 配信開始
DIGITAL ALBUM『秦 基博と映画主題歌』


秦 基博 OFFICIAL WEBSITE
http://www.office-augusta.com/hata


161108-st-195702

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人