美しすぎる“HYDEクイン”に熱狂!そして会場全体が息を飲む出来事が!!『HALLOWEEN PARTY 2016』幕張初日レポ

神戸ワールド記念ホールでの2日間を経て、幕張メッセ国際展示場9・10・ 11ホールにて3日間にわたり開催されるVAMPS主宰のハロウィン・ライヴイベント『HALLOWEEN PARTY 2016』の初日がついにスタート。この日は折しも雨模様。だが、会場に集まったオーディエンスは雨もなんのその。思い思いの仮装姿で宴の始まりに期待を膨らませている。

幕張初日の先陣を切ったのは、ハロパ初登場となるOLDCODEXだ。ゾンビ姿のバンドを従え、唇を赤く染めたTa_2が歌い始めたのはラウドなロックチューン「Rage on」。ステージの両脇には、アートワークが描かれたキャンバスが置かれ、ペインターのYORKE.が血のように赤いペンキを塗っていく。

「見てのとおり、世にも珍しい絵描きがいるバンドとしてやってます。<Deal with>という曲は、TVアニメ<SERVAMP -サーヴァンプ->という吸血鬼アニメの主題歌なので、ハロウィンにはうってつけではないかと」と語るTa_2の言葉どおり、彼は「SERVAMP -サーヴァンプ-」の椿、耳の付いたパーカー風ジャケットを着たYORKE.はクロの仮装姿だ。

最後に披露されたヘヴィネスなデジタルロック・チューン「Scribble and Beyond」が終わる頃、キャンバスにはハロウィンらしいゴーストのイラストが完成していた。

続いてはVAMPSメンバーに選ばれたハイクオリティな仮装をしたオーディエンスがランウェイを歩く「HALLOWEEN COLLECTION」。幕張初日のこの日は、ハロコレに出たいという5年越しの夢をかなえた、血まみれ3人組などが登場。

さらにオールスターズとして、K.A.Zから借りたマッドハッターの衣装を着た淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88)、これだけのために来たという青木隆治が、HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAのMVでの衣装でステージへ。総合MCのやまだひさしの無茶ぶりで、L’Arc〜en〜Cielの「Winter Fall」を昔と今のHYDEの歌い方で披露する青木。「(昔と今では)抜くところがちょっと違う」という鋭い観察眼と表現力に、場内からは感嘆の声と大きな拍手が上がる。

荘厳なBGMをバックにフロートに乗って現れたのは、『モンスターハンター』の衣装を着たBREAKERZだ。「この鎧GTGTしててね。あ、ゴツゴツね(一同爆笑)」とMCも絶好調なDAIGOが、最新作『モンスターハンター ストーリーズ』のCMに出演していることから、メンバー3人が身につけている衣装はすべてCAPCOM提供の本物。

実はハロパでBREAKERZが「モンハン」の仮装をするのは去年に続き2度目。
DAIGOがソロで出演した際も含めると、これが3度目だ。そんなおなじみの仮装でランウェイを走り回りながら「CLIMBER×CLIMBER」を披露したあとは、アッパーチューン「灼熱」でオーディエンスとともにタオルを回し、盛り上げる。「もしBREAKERZをかっこいいと思ったらTwitterとかInstagramとか~」というDAIGOのお決まりの件にも場内から大歓声が上がった。

この日の『THE ROAD TO HALLOWEEN PARTY 2016』は、幕張第3位のロックアイドル、DEEP GIRL。去年に続き2度目の参加となる4人は、ロリータVOとデスボが入り乱れる熱いパフォーマンスを披露した。

「以前にも増してハロウィンが大好きになりました」と、去年に続き今年もハロパに参加した喜びをMCで披露したのは、でんぱ組.inc。神戸に続き、この日も、リーダーの相沢梨紗がデザインしたというメキシカン・スカルを題材にしたカラフルなミニドレスで熱演。ハロウィンにぴったりな「永久ゾンビーナ」から、リボンを使ったパフォーマンスに目を奪われる「でんでんぱっしょん」まで、キュートな歌声とダンスで、カラフルでキャッチーなシンセサイザーポップの数々をハッピーに盛り上げた。

HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAの一員でもあるTommyは、映画「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クインに扮し、今回はSPECIAL PERFORMERとしてSPECIAL ACT STAGEに出演。アコースティック・ギターをメインにしたバンドサウンドを響かせ、the brilliant greenの名曲を気だるく歌う。

「今日はこのままずーっとしんみりしてるんで。次の曲も盛り上がるかわかりません」と相変わらずマイペースなTommy。最後に名曲「There will be love there -愛のある場所-」を披露するまで何度も「かわいい!」と観客に言わせ、場内の笑いを誘っていた。

ゴールデンボンバーは、今回も抱腹絶倒の姿で登場。珍百景のSEと共に、各メンバーは仮装のネタを書いた紙を観客に披露していくのだが、樽美酒研二が<ピンクパンサー>、歌広場淳がアニメ「とっても! ラッキーマン」の<ラッキーマン>、喜矢武豊が<「進撃の巨人」の普通の巨人>、鬼龍院翔が「ど根性ガエル」の<ピョン吉>と、4人中3人がほぼ裸。

特に全裸にしか見えない喜矢武は、「安心してください。(ベージュのTバックを)履いてますよ」とアピール。「まさし」の激しいイントロで場内がヘドバンの坩堝と化すと、歌広場はペットボトルの水を一気飲みしてみせる。ラストの「女々しくて」では、全裸状態の3人と、Tシャツからびろしがはみ出した鬼龍院が、アリーナに突き出たステージをところせましと走り回る。

本日2組目のSPECIAL PERFORMERは、韓国の7人組女性アイドルグループ、AOA。抜群のスタイルを生かしたセクシーな黒猫風の仮装とダンスで、キャッチーなR&Bチューンを歌い踊った。

もし今年のVAMPSのステージにテーマがあるなら、恐らくこの日のテーマは<日常からの解放>だ。

暗転したステージを覆う幕に映るのは、日常の義務やしがらみを象徴するような吊り下げられた女性のシルエット。そこへ、映画「スーサイド・スクワッド」のキャラクターに扮したメンバーがフロートに乗ってアリーナに登場。エンチャントレスに扮したARIMATSU、キラー・クロック姿のJIN、エル・ディアブロに扮したJu-ken、そしてジョーカー姿のK.A.Zが、笑った口のタトゥーが描かれた左手を口に当てると、場内に黄色い声が響きわたる。

やがて幕が開き、ステージの上の巨大なオリの下から、ツインテールのヒロイン、ハーレイ・クイン姿のキュートなHYDEが登場。

VAMPSを象徴する「666」の数字がプリントされたオレンジ色のつなぎ姿で、HYDEクインはオリの中から叫ぶようにリアーナの「DIAMONDS」を歌う。原曲よりもぐっとエモーショナルでヘヴィなVAMPSバージョンに鳥肌が立つ。「TROUBLE」では、天井から吊り下げられたブランコにハーネスなしで乗り、アリーナ中央のサブステージまで観客の頭上を空中移動。「ANGEL TRIP」で再びブランコで戻る際には、「みんなでハロパ行かな~い? カワイイおじさん見に」と、ジョークたっぷりのMCでオーディエンスを笑顔にする。

だが非日常には危険が伴うのか? それは、HYDE×K.A.Zによる圧倒的なギターアンサンブルで始まった「AHEAD」での出来事だった。

場内の熱気が最高潮に達したとき、ギターを奏でながら木箱に飛び乗ったHYDEクインが、バキッという音を立てて箱の中へ落下。その瞬間、歌声もHYDEの姿も消え、メンバーが奏でるインストだけが続く。しかしそこは元精神科医で元体操選手という設定のハーレイ・クイン。あっと言う間にギターを抱えた美しいHYDEクインがステージに帰還。「SEX BLOOD ROCK N’ ROLL」では、巨大なエンチャントレスARIMATSU人形にバズーカでカラーボールを撃ち込み、見事にヒットを決める。

ところが、ほっとしたのもつかの間。今度はオーディエンスの仮装を紹介していたMCのやまだひさしがステージから落下。びっくりした~!!」と言いつつも、もともとゾンビなだけに無事! 巨大な王冠をかぶった王子様や厚みのない棺など、個性的な観客の仮装を楽しく紹介していく。

「さて、いよいよパーティーも大詰めだ。お待ちかねのHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAの登場だ!」

HYDEゴーストのアナウンスで始まったのはHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAだ。ROLLY(墓場から甦ったエルビス・プレスリーのファン<腐乱ケンジ>)のギターで曲を当てる「HALLOWEEN 曲当てQUIZ」では、HYDEクインとキリショーカエル、さらに青木隆治と鬼灯の冷徹:逹瑯(MUCC)が、ヴァンパイア:明希(シド)、AKIHIDE(BREAKERZ)、SHINPEI(BREAKERZ)、淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88)という豪華メンバーによる生演奏をバックに、X JAPANの「X」を披露。

HYDEと明希の衝撃のキスシーンを筆頭に、でんぱ組.incの成瀬瑛美とOLDCODEXのYORKE.、樽美酒とTommyが、箱の中身を当てて爆笑を誘う場面など、ハロパでしか目撃出来ないシーンが続出した。

「俺、さっきライヴでえらい目にあったんだけど。箱の上に乗ったらかっこいいかなと思って飛び乗ったの。たらね、パカって箱の天井がなくなってお尻から落ちたの。で、(仰向けになり両足を胸の方に引き寄せた格好をして)箱の中でこうやってギター弾いてた(笑)。頑張りました。プロですから」とドヤ顔でピースするHYDEクイン。

さらにAOAのメンバーに混じって「ワタシ、ハイドデース」と自己紹介するお茶目さも発揮。最後は、化け狐姿の分島花音ら出演者全員で「HALLOWEEN PARTY」のテーマ曲を歌い、客席にお菓子をまきながらアリーナを練り歩く。

『HALLOWEEN PARTY』の真髄とは、仮装をすることで日常から解き放たれ、本能のまま楽しめること。幕張を舞台に3日間開催される『HALLOWEEN PARTY 2016』はまだまだ始まったばかり。さて、明日はどんな楽しいサプライズが飛び出すやら!

TEXT BY 早川加奈子
PHOTO BY 今元秀明、緒車寿一、田中和子

HALLOWEEN PARTY 2016
2016.10.28 (Fri)  幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
<SET LIST>
OLDCODEX
M1:Rage on
M2:night flight
M3:WALK
M4:Deal with
M5:Scribble and Beyond

BREAKERZ
M1:WE GO
M2:Miss Mystery
M3:CLIMBER×CLIMBER
M4:灼熱

でんぱ組.inc
M1:永久ゾンビーナ
M2:でんぱれーどJAPAN
M3:最Ψ最好調!
M4:でんでんぱっしょん

DEEP GIRL(THE ROAD TO HALLOWEEN PARTY 2016 幕張 第3位)
M1:STEREO
M2:Sweetness
M3:I kill

Tommy(SPECIAL PERFORMER)
M1:冷たい花
M2:そのスピードで
M3:Rock’n Roll
M4:There will be love there -愛のある場所-

ゴールデンボンバー
M1:じれったい
M2:抱きしめてシュヴァルツ
M3:まさし
M4:女々しくて

AOA(SPECIAL PERFORMER)
M1:Like a Cat
M2:胸キュン
M3:愛をちょうだい
M4:WOW WAR TONIGHT
〜時には起こせよムーヴメント girls ver.

VAMPS
M1:DIAMONDS
M2:DEVIL SIDE
M3:INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White
M4:TROUBLE
M5:ANGEL TRIP
M6:AHEAD
M7:SEX BLOOD ROCK N’ ROLL

HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
M1:Penalty Waltz
M2:HALLOWEEN 曲当てQUIZ
M3:HALLOWEEN PARTY

<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA>
青木隆治 / 明希(シド)/ VAMPS / AOA / OLDCODEX / ゴールデンボンバー / 淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88)/ 逹瑯(MUCC) / DEEP GIRL / でんぱ組.inc / Tommy / BREAKERZ / ROLLY / 分島花音


HALLOWEEN PARTY 2016 オフィシャルサイト
http://hwp2016.vampsxxx.com/


161108-TR-170000

161108-TR-170001

161108-TR-170002

161108-TR-170003

161108-TR-170004

161108-TR-170005

161108-TR-170006

161108-TR-170007

161108-TR-170009

161108-TR-170010

161108-TR-170011

161108-TR-170012

161108-TR-170016

161108-TR-170013

161108-TR-170015

161108-TR-170014

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人