いきものがかり×バカリズムの共演も!『バズリズム LIVE 2016』2日目公演レポート

日本テレビ系列で放送中の音楽番組「バズリズム」が開催する『バズリズム LIVE 2016』公演の2日目が11月6日に神奈川・横浜アリーナで行われ、6組のアーティストが競演。最後は一夜限りの新ユニット、いきもの“ば”かりが登場し、客席を大いに沸かせた。

この日のオープニングアクトは5人組バンドのwacci。グループ名にちなんだ「こんにちワッチ(wacci)!」で場内に挨拶。どこか懐かしさを感じさせるような、美しいメロディの上質なポップチューン3曲を歌って会場をゆっくりと温めてゆく。そして番組のMCでもあるバカリズムとマギーのふたりが現れ、「今日もたくさんお客さん入ってますね!! 皆さん最後まで盛り上がっていきましょうねー!」とコメントして、『バズリズムLIVE』の2日目が開会した。

青い照明が会場を照らし、DJ2人組が浮かび上がる。SEが流れるなか、ファンキー加藤がセンターに登場。口から勢いよく水しぶきを出し、ステージがスタート。1曲目からテンションマックスで「踊れー! 歌えー! 横浜ー! 飛べー!」と煽れば、客席も負けじと会場全体が飛び跳ね、クラッピングで応える。2曲を歌い終えると、酸素ボンベを吸引。息を整えてから「最後まで一生懸命歌わせていただきます! よろしく!」と短く挨拶すると、新曲「走れ 走れ」をミュージックビデオをバックに披露。続けて、ファンモンの代表曲「あとひとつ」を歌詞を噛みしめるように熱唱。間髪入れずに「みんなで持ってるタオル回しましょう!」と鉄板曲「まわせ!」で会場を盛り上げ、ラストは「みんな一緒に歌ってください!」とファンモンファンにはおなじみの「ちっぽけな勇気」。会場狭しと縦横無尽に駆け抜け、ファンも大興奮!! 最後はオフマイクで「以上、ファンキー加藤でしたー!」と別れを惜しみステージを後にした。終始、テンションがマックスで、バカリズムも「最初からトップギアで大丈夫?」と心配するほどの熱過ぎるパフォーマンスであった。

インダストリアルロック系のSEが流れるなか、スタンドマイクを掲げながらIKEがゆっくりとステージ中央に歩み寄る。SPYAIRのライブはスローでヘヴィなナンバー「THIS IS HOW WE ROCK」でスタート。「現状ディストラクション」「ROCKIN’ OUT」と徐々にテンポを上げていく。曲間に短いMCを挟みながら、じっくりと観客のアドレナリンを上昇させ、「ファイアスターター」でにハートに火を点ける。ダイナミックにドライブする「イマジネーション」でオーディエンスをさらに盛り上げる。この鮮やかに流れるような選曲構成はまさにSPYAIRの真骨頂。「今日のお客さんはあったかく最高! スペシャルな日なんで、新曲やっていいですか?」と11月9日リリースの「RAGE OF DUST」を初披露。このまま、タオルパフォーマンスの定番曲「サムライハート」に入り、タオルを振り回しながらステージを左右に走り回り、大いに会場を盛り上げた。

3番手は、Fear, and Loathing in Las Vegasが初登場。ふだん彼らが共演したことがないラインナップに囲まれ、ギターのSxunは「初めましての方が多いと思います。名前が長いのでせめて、最後のラスベガスだけでも覚えていってね」と挨拶。スタンディングのライブハウスが主戦場の彼らにとって座席のあるアリーナは新鮮だったようで、会場を見渡しながら「環境は違いますが、自分たちらしくやっていきます!」と高らかに宣言し、後半曲に突入。オートチューンを駆使したハイトーンにスクリーム系というツインボーカル。あらゆるジャンルの音楽を詰め込み、重厚なハードコアに軽妙なポップを違和感なく同居させる唯一無二のサウンドで客席を翻弄し続ける。彼らが作りだすカオスな世界はふだん接することが少ないであろう、他の共演者のファンも渾然一体となり客席もカオス状態。カオスとカオスがぶつかり合い横浜アリーナは異様な化学反応の空間となった。

暗転したステージから印象的なイントロが始まると悲鳴のような黄色い歓声が湧き上がる。buck numberのステージは、すっかりこの季節の定番曲となった「クリスマスソング」からスタート。続けて「花束」を言葉を手渡すように清水依与吏がていねいに歌っていく。「こんばんは! buck numberです。よろしくお願いします! 横アリー!」と清水が雄叫びにも似た声を張り上げ、軽快なナンバー「SISTER」へ。観客も飛び跳ねながら拳を振り上げて応える。間髪入れず清水のギターに導かれ「黒い猫の歌」が始まると、自然と拍手が起こる。続いて11月16日発売の新曲「ハッピーエンド」を披露した後、「今日は、事務所の先輩や曲を書くうえでの師匠のような大先輩とご一緒できてうれしいです! 5年半かかってわかったことがあって、無駄なこと話すより1曲でも多く歌おうと(笑)。最後の曲です!」と「高嶺の花子さん」へ。イントロで歓声が上がり客席は総立ちになり、ジャンプと拍手で会場が揺れる。35分間の美メロの応酬に観客も完全にノックアウトされた。

オオトリのいきものがかりの前にバカリズムから「ライブ終わっても、もう少し待ってくださいね。何かデザート的なものが出るかもしれませんのでね(笑)」と意味深なメッセージが告げられた。そして紹介VTRに「いきものがかり」が映しだされると、会場からはいっせいに拍手が起こる。ライブは「ありがとう」からスタート。今年デビュー10周年を迎えた彼らにとって、この日は今年最後のライブになるという。水野は「締めくくりをバズリズム・ライブで迎えますので、皆さん最後までよろしくお願いします!」と今夏発表したバラードナンバー「ラストシーン」を披露。しっとりと歌い上げる吉岡聖恵のボーカルをオーディエンスもじっくりと聴き入る。

そして、いよいよみんなのお待ちかねのコーナー。吉岡が「ここからみなさんいけますかー? 行くよー!」と「気まぐれロマンティック」「じょいふる」とアップチューンを立て続けに披露。メンバーもステージ左右にある花道を元気いっぱいに走り回り、会場のテンションもマックスに。興奮醒めやらぬステージで水野の「呼んでいただいてどうもありがとうございます! ライブという形は、今年これが最後なので、3人だけでやりたいと思います」と感謝のコメントに続いて、メンバー3人で演奏したのはデビュー曲の「SAKURA」。集まった観客も彼らと共に大合唱。10周年を締めくくりにふさわしい感動的なフィナーレとなり、3人はゆっくりとステージを降りた。

この余韻に浸りつつ、終演かと席を立ち始めた客席に向かってマギーが「この後はデザートがあります!」と言い放ち、ステージ後方モニターには勢いよく「いきものばかり」の文字が映し出され、革ジャンにサングラス姿のバカリズムと水野良樹が登場。おもむろにマイクの前に立ったバカリズムは「水野っちとはラインIDを交換した仲だけど、まだ1回もやり取りしてなくて」とメンバーとの親密さを強調。「でも、俺たちは音楽と小田急線(!?)で繋がってるからと」と意味不明なコメントに続いて、「最後の演目となりました!イケますか!」と水野のギターカウントから始まったのは、バカリズムの最新曲「I think」。途中からは同じ革ジャンスタイルに扮した吉岡聖恵と山下穂尊が現れ、コーラスとハーモニカで合流。オチはどこか? と周囲の困惑をよそに、ボブ・ディランばりのフォークロックを最後まで大マジに歌い切った。

吉岡に「すごくカッコよかったよ!」と冷やかされるとバカリズムは「オシッコちびるぐらい緊張した(笑)。だって両脇に、いきものがかりがいるんだもん!」とようやくひと息。2日間に渡って熱演が繰り広げられた『バズリズム LIVE 2016』のオオトリは、一夜限りの企画ユニット“いきものばかり”で締めた。

バカリズムは「来年もできるように頑張ります!」と早くも次回イベントの開会宣言をしてステージを降りた。客の送り出しBGMはちゃっかり、さっき演った自身の新曲。最後は爆笑の大団円で、2日間で2万4,000人を動員した『バズリズム LIVE 2016』は幕を閉じた。

2日間の模様は5日公演が11月25日、6日公演が12月2日と、2週に渡って「バズリズム」内で放送。一部の地域では放送日程が異なるので、詳細は番組サイトにて確認を。また、CS日テレでも12月25日に放送される。

<セットリスト>
■wacci(オープニングアクト)
01. リスタート
02. 大丈夫
03. 東京

■ファンキー加藤
01. MUSIC MAGIC
02. 輝け
03. 走れ 走れ
04.あとひとつ
05. まわせ!
06. ちっぽけな勇気

■SPYAIR
01. THIS IS HOW WE ROCK
02. 現状ディストラクション
03. ROCKIN’ OUT
04. ファイアスターター
05. イマジネーション
06. RAGE OF DUST
07. サムライハート(Some Like It Hot!!)

■Fear, and Loathing in Las Vegas
01. Rave-up Tonight
02. Jump Around
03. Just Awake
04. Party Boys
05. Let Me Hear
06. Virtue and Vice
07.  Love at First Sight

■back number
01. クリスマスソング
02. 花束
03. SISTER
04. 黒い猫の歌
05. ハッピーエンド
06. 高嶺の花子さん

■いきものがかり
01. ありがとう
02. 笑ってたいんだ
03. ラストシーン
04. 気まぐれロマンティック
05. じょいふる
06. SAKURA -Acoustic ver.-

■いきものばかり(バカリズム+マギー+いきものがかり)
01.  I think

PHOTO BY 山内洋枝


「バズリズム」番組公式サイト
http://www.ntv.co.jp/buzzrhythm/

『バズリズムLIVE 2016』OFFICIAL WEBSITE
http://www.ntv.co.jp/buzzrhythm/live2016


161107-TR-120001

161107-TR-120002

161107-TR-120003

161107-TR-120004

161107-TR-120005

161107-TR-120006

161107-TR-120007

161107-TR-120008

161107-TR-120009

161107-TR-120010

161107-TR-120011

161107-TR-120013

161107-TR-120014

161107-TR-120015

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人