斎藤 工がTAKAHIRO&登坂広臣に胸中を吐露!?「遠い存在になってしまったな……」

2016.11.06

10月8日に公開され、11月5日までに77万人を動員、興行収入は10億円を突破する大ヒットとなっている「HiGH&LOW」プロジェクト映画第2弾「HiGH&LOW THE RED RAIN」。これを受けて、11月5日に東京・新宿ピカデリーにて大ヒット御礼舞台挨拶が行われた。

舞台挨拶には映画で主役の雨宮3兄弟を演じているTAKAHIRO、登坂広臣、斎藤 工が登壇。キャスト直々に感謝の言葉が述べられるとともに、今後の「HiGH&LOW」プロジェクトへの思いなどが語られた。このイベントの模様は、2回実施された舞台挨拶合計で全国301館(1回目:176館、2回目:125館)でライブビューイング中継もされた。

また、「2016年にやり残したことは?」という質問に、3人は口々に「雨宮兄弟で食事に行こうとずっと言っているが、スケジュールが合わずにできていない」と話し、「せっかくだし、3人でクリスマスパーティでもしようか」と盛り上がるなど、雨宮三兄弟の仲の良さ、絆の深さを感じさせる場面も。

以下、イベントの模様を紹介する。

「HiGH&LOW THE RED RAIN」大ヒット御礼舞台挨拶
2016年11月6日(日)東京・新宿ピカデリー
登壇者:TAKAHIRO、登坂広臣、斎藤 工

Q. これまでのプロモーションを振り返ってみていかがですか。国内のみならず台湾、韓国と海外プレミアも実施しましたが……。
TAKAHIRO:台湾、韓国の空港に降り立った瞬間に、ファンの皆さんが温かく迎え入れてくれて、国境を越えてアジアの皆さんもこの映画に期待してくださっているということが、心よりうれしかったです。
登坂:台湾、韓国の皆さんの反響を現地で肌で感じ、言葉の壁はあってもいい作品、いい音楽を作れば、国境関係なく繋がる、ということを体感できました。自分自身にとっても貴重で有意義な経験になったと思っています。
斎藤:スケジュールが合わず行くことができなかったですが、テレビでその様子は拝見していました。(TAKAHIRO、登坂が)遠い存在になってしまったな……と少し寂しく感じました。
TAKAHIRO:それはこっちの台詞ですよ!(笑)

Q. 今後の「HiGH&LOW」プロジェクトに対する期待、また、やってみたいことはありますか?
TKAHIRO:この「HiGH&LOW」プロジェクトはまだまだ続くので、ぜひ期待してほしいです。
登坂:僕個人的には、「タケルがまさかの復活!」とか観たいです(笑)。
斎藤:今はクローン技術も発達していますから、その最先端のクローンの技術で700体のタケルが駆けつける……とかどうでしょう(笑)。


映画情報

「HiGH&LOW THE RED RAIN」
大ヒット上映中
出演:TAKAHIRO、登坂広臣 / 斎藤工
吉本実憂 / 岩田剛典、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹、藤井萩花、坂東希、濱田龍臣、小野寺晃良、吉澤太陽、中井ノエミ
石黒賢 / 中村達也、早乙女太一、渡邉紘平、三浦誠己、小木茂光、片岡礼子、近江谷太朗、長谷川初範 / 飯島直子 / 岩城滉一

企画プロデュース:EXILE HIRO
監督:山口雄大
脚本:松田裕子、牧野圭祐、平沼紀久、渡辺啓
音楽:中野雄太
企画制作:HI-AX
製作著作:「HiGH&LOW」製作委員会
配給:松竹

(C)2016「HiGH&LOW」製作委員会


リリース情報

2016.10.12 ON SALE
ACE OF SPADES ×PKCZ(R) feat. 登坂広臣
SINGLE「TIME FLIES」

2016.10.12 ON SALE
Blu-ray&DVD「HiGH & LOW SEASON2 完全版BOX」


「HiGH&LOW」OFFICIAL WEBSITE
http://high-low.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人