UVERworld、マンウィズらが横アリに集結!『バズリズム LIVE 2016』初日公演レポート

日本テレビ系列で放送中の音楽番組「バズリズム」が、昨年に引き続き開催するライブイベント『バズリズムLIVE 2016』の初日公演が11月5日に神奈川・横浜アリーナで行われ、5時間にわたり6組のアーティストが熱いライブパフォーマンスを繰り広げた。

16時過ぎ、ルーマニアと日本のハーフである女性ボーカル、Luizaを擁するThe Winking Owlがオープニングアクトとして出演し、4曲を熱演。続いてモニターにオープニングVTRが流れ、番組でもMCを務めるバカリズムとマギーが登場。「ふたり合わせてバズリズムです! 最後まで盛り上がっていきましょう!!」と宣言し、いよいよイベントがスタート。

トップバッターは、去年のオープニングアクトとして出演したスリーピースロックバンド、WANIMA。彼らの紹介VTRが流れるやいなや、観客は総立ち状態。場内は一瞬で臨戦体制へ! 「テンション上げろ! 横アリ! 日本でいちばんバカリズムとマギーが好きです!」と客席を煽り、「THANX」でライブスタート。「いいから」「リベンジ」と、立て続けにアッパーチューンを披露した後は、ボーカルのKENTAの亡き祖父へ宛てたメッセージソング「1106」へ。

「真面目な曲歌った後は、みんなで踊ろう!」の掛け声とともに「オドルヨル」が始まると、広い会場はさながらダンスホールへ。一気に会場の空気をヒートアップさせ、トップバッターを見事に務めた。

山中綾華の力強いドラムソロからスタートしたMrs.GREEN APPLE。1曲目の「VIP」を演奏し終わり、広い会場を見渡した大森元貴は「今までで、いちばん広い会場で緊張してます!」と興奮を隠せない様子。続いてアニメ番組のエンディング曲にも起用された「Speaking」から、ポップでカラフルなロックチューンを次々に畳みかける。「僕らは(今日出演する)他のバンドとは色が違うなと自覚してますが、今日のお客さんはみんなが温かくてとってもうれしいです!」とコメントした後、ラストはリリースしたばかりの新曲「In the Morning」を披露し、35分のステージを駆け抜けた。

ボーカルGENの「横浜アリーナ! 準備できてますかー? 04 Limited Sazabys始めまーす!」という短い挨拶に続き、アップテンポなナンバー「monolith」で、04 Limited Sazabysのライブがスタートすると、客席内のテンションは一気にマックスへ。レーザービームが会場中を飛び交い、拳を振り上げたオーディエンスをさらに煽って、「Warp」「drops」「midnight cruising」とアップチューンを畳み込む。

GENの繊細かつ伸びやかなボーカルが会場中に響き渡り、ラウドでノイジーなのにポップな唯一無比のフォーリミ・サウンドで観客を圧倒していく。「こんなに大きい会場で歌わせていただいて、曲たちも喜んでいます。今日は会場の皆さんがいてくれてパワーもらって、最高に楽しいです! あとちょっとの時間ですけど、楽しみましょう! ありがとう!」と、その場にいる人々との別れを惜しむかのようなコメントの後、2曲続けて披露しステージを降りた。

スペア・リブの豪快なドラムソロ、ステージ下手からはカミカゼ・ボーイ、上手からジャンケン・ジョニーが現れ、演奏が始まると飛び跳ねながら元気よくトーキョー・タナカが満を持して登場。待ってました! と言わんばかりに客席は総立ち状態になり、地響きのような揺れが起きる。「Get Off of My Way」「database」と怒濤のアッパーチューンを連打して、オーディエンスを圧倒する。

「人間ノ野郎ドモヲ、ブッ潰シ二来マシタ! テメェラ全員マトメテ、カカッテ来イヤ!」と煽り、「Emotions」に突入。ステージ前方で炎が吹き出す演出で、場内は興奮の坩堝に。続いてはヘヴィなリフをバックに始まる「Hey Now」。12月3日にリリースされる新曲で、そのグルーヴはあらたなマンウィズアンセムになりそうな予感をさせる。圧巻は鉄板ナンバーの「FLY AGAIN」。サビではスタンド最上段までギッシリ埋まったオーディエンス全員が、お約束の両腕を大きく振り上げる踊りでメンバーに応える。ステージと客席が一体となった感動的な瞬間だ。この勢いのまま、一挙にラストへ。貫禄のパフォーマンスをまざまざと見せつけた濃厚な35分。「マタ遊ボウゼ!」とステージを颯爽と降りた。

オオトリはUVERworld。真太郎が横浜アリーナのオリジナルキャラクター「ヨコアリくん」に扮して登場し、ドラムソロを始めるとメンバーがステージに上がる。TAKUYA∞が「35分、たった8曲、2100秒にすべてを込めるぞー!」と叫ぶと、客席からもオーッ! と歓声が上がる。「Wizard CLUB 」では、銀テープが勢いよく宙に舞う演出もあり、さらにヒートアップ! 「全身全霊で歌うから、お前らも全力でかかってこいよー!」と「Collide」へ。

中盤の「ALL ALONE」「七日目の決意」「PLAYING RUN」では、TAKUYA∞は言葉をじっくりと、ひとつひとつ絞りだすように発信していく。まさに全身全霊をかけたすさまじいまでの歌いっぷりだ。ステージ後方モニターの映像では歌詞も映し出され、オーディエンスはじっくりと聴き入っていた。

うってかわってラストナンバーの「IMPACT」では、メンバーがステージを縦横無尽に走り回って観客を沸かせまくり、サビでは観客が大合唱で応じる。「最高の夜でした! ありがとう! また、どっかでお会いしましょう!」と感動のフィナーレ。と、ここで終わると思ったら、ベースの信人が「ちょっと待った!」とさえぎる。ここからTAKUYA∞とのMC応酬ナンバー「Dis is TEKI」が突然、始まった。幼稚園の頃からの付き合いだという幼馴染みのふたり、お互いをディスリあう絶妙な掛け合いで場内は抱腹絶倒。

そして最後は、この日誕生日を迎えた真太郎がステージ中央に。冒頭の「ヨコアリくん」の仮装コスチュームはTAKUYA∞からのバースデイプレゼントだそうで、「『バズリズム LIVE』という真太郎生誕祭にお越しいただきありがとうございました!」と場内を煙に巻く締めのMC。これにはバカリズムも「今日って誕生日ライブでしたっけ?」って思わずマギーに確認するほどで、笑いあり、感動ありのUVERworldの熱演が終了。5時間近くにも及んだ『バズリズム・ライブ2016』の初日公演が終了した。

この日の模様は、11月25日の日本テレビ系「バズリズム」で(一部の地域では放送日が異なる。詳細は「バズリズム」番組ホームページで)、また、CS放送の日テレプラスで12月25日18時より放送される。

PHOTO BY 山内洋枝、Yuji Honda(WANIMA)

『バズリズム LIVE 2016』
2016年11月5日(土)神奈川・横浜アリーナ

<セットリスト>
■The Winking Owl(オープニングアクト)
01.Open Up My Heart
02.This Is How We Riot
03.Stars04.Bloom

■WANIMA
01.THANX
02.いいから
03.リベンジ
04.1106
05.オドルヨル
06.ともに

■Mrs. GREEN APPLE
01.VIP
02.Speaking
03.うブ
04.アンゼンパイ
05.StaRt
06.In the Morning

■04Limited Sazabys
01.monolith
02.Night on
03.fiction
04.Warp
05.drops
06.midnight cruising
07.Horizon
08.swim

■MAN WITH A MISSION
01.Get Off of My Way
02.database
03.Give it Away
04.Emotions
05.Hey Now
06.FLY AGAIN
07.Raise your flag

■UVERworld
01.ナノ・セカンド
02.Wizard CLUB
03.Collide
04.ALL ALONE
05.7日目の決意
06.PLAYING RUN
07.零HERE~SE~
08.IMPACT
09.Dis is TEKI


「バズリズム」番組公式サイト
http://www.ntv.co.jp/buzzrhythm/

『バズリズムLIVE 2016』OFFICIAL WEBSITE
http://www.ntv.co.jp/buzzrhythm/live2016


161106-st-121501

161106-st-121502

161106-st-121519

161106-st-121520

161106-st-121503

161106-st-121504

161106-st-121505

161106-st-121506

161106-st-121507

161106-st-121508

161106-st-121509

161106-st-121510

161106-st-121511

161106-st-121512

161106-st-121513

161106-st-121514

161106-st-121515

PHOTO BY Daisuke Sakai(FYD inc.)

161106-st-121516

161106-st-121517

161106-st-121518

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人