“ボイメンがボイメンを演じる”話題の映画の舞台挨拶が本日開催!「ボイメンファン専用の作品ではないです」

映画「BOYS AND MEN 〜One For All, All For One〜」が、10月29日に全国公開。これを記念して、本日30日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲 SCREEN 1にて、BOYS AND MENフルメンバーの10名と、愛知県出身のベテラン俳優で本作では事務所社長役を演じた渡辺いっけい、植田尚監督が登壇して舞台挨拶が実施された。

公開日を迎えてメンバーを代表して今の気持ちを聞かれたリーダーの水野は、「5年間の想いや葛藤が、一生残る作品という形で全国の皆さんに発信できるのが非常にうれしいです」と挨拶。また、本日限定でボイメンに加入し、冒頭では「アイドルになるのが夢でした」と笑いを誘った渡辺いっけいは、ボイメンの印象について「すごく近い距離で話してくる子もいれば、こちらから寄っていかないと話さない子もいて、先生のような気分でした(笑)。アイドルというより、一人ひとりに個性があって、それぞれの距離感で話してくるのが面白い。これからも付き合っていきたいなという奴らです」とコメントした。

本作にについて“ひと言”で作品をアピールすると? との質問には、「生きざま」(水野)、「夢」(田中)、「元気が出る」(田村)、「ナチュラルな自分(笑)」(辻本)、「今まで出会った人との絆」(小林)、「青春」(本田)、「名古屋」(勇翔)、「唯一無二の作品」(平松)、「何度観ても熱くなる作品」(土田)、「成長」(吉原)、「一緒に前を向ける」(渡辺)、「世代を超えて自分は今何をできるのか考えられる作品」(監督)とアピールした。

さらに、今回のこのメンバーの中で、映画の公開に合わせたかのように10月27日に誕生日を迎えていた渡辺いっけいがいることが判明。サプライズで誕生日が祝われた。メンバーと観客でハッピーバースデーが歌われ、メンバーを代表して水野から花束を贈呈。渡辺は「54歳になりました。本当の誕生日のときに、ボイメンのメンバーから個人的なプライベートムービーをもらって感動しましてね…、本当こういう奴らなんですよ。今日はありがとうございます!」と照れた。

最後に登壇者を代表して、「“夢は諦めなければ必ずかなう”というのがボイメンのモットーで、珍しい言葉ではないですが、それを本当に実行しているんです。信念や想いがリアルに詰まっている作品だと思います」と監督。「ボイメンファン専用の作品ではないです。僕も彼らと出会って、彼らのことをもっともっと知ってほしいと思いました。なので、そのきっかけになればうれしいなと思っています。観て感じたことをひとりでも多くの友達に話してもらえたらうれしいです」と渡辺。「この映画はフィクションとノンフィクションがおり混ざっていますが、スタッフの皆さん、いっけいさん、キャストの皆さんとの関係性はすごくリアルで、真実しかないなと思っています。本当にたくさんの人に愛されてこの映画が出来ました。全力で作った映画をたくさんの人に観て欲しいと思っています。皆さん、全力で応援お願いします!」と、水野が締めくくった。


映画情報

「BOYS AND MEN ~One For All, All For One~」
10月29日(土)より全国ロードショー

出演:水野勝 田中俊介 田村侑久 辻本達規 小林豊 本田剛文 勇翔 平松賢人 土田拓海 吉原雅斗
西丸優子 鈴木アメリ / 尾美としのり 石丸謙二郎 / いとうまい子 渡辺いっけい
企画・原案:谷口誠治
脚本:早野円・植田尚
監督:植田尚
主題歌:BOYS AND MEN「YAMATO☆Dancing」(ユニバーサル ミュージック)
(C)2016『BOYS AND MEN ~One For All, All For One~』製作委員会


リリース情報

2016.08.24 ON SALE
SINGLE「YAMATO☆Dancing」


映画「BOYS AND MEN ~One For All, All For One~」作品サイト
http://bm-movie.com/

BOYS AND MEN OFFICIAL WEBSITE
https://boysandmen.jp/

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人