チャン・グンソクのユニットTEAM H、のべ4万人を動員したツアーが横浜で幕。追加公演のサプライズ発表も

10月12日に発売したニューアルバム『Monologue』をひっさげて、10月16日の大阪城ホール公演で幕をあけた、チャン・グンソクとBIG BROTHERによるユニット、TEAM Hのワンマンツアー『TEAM H PARTY 2016 -Monologue-』が、10月27日に熱狂の渦の中、横浜アリーナでファイナルを迎えた。

公演ロゴがプリントされた黒幕が振り落され、ふたりの姿が現れた瞬間、会場は割れんばかりの歓声に包まれた。発表したばかりのアルバム曲を中心にしながらも、これまでの楽曲も絶妙に織り交ぜた構成で、序盤から“これがTEAM Hだ”という圧巻のパフォーマンスで会場を盛り上げた。

TEAM Hといえば、センターステージというのがこれまでお決まりになっていたが、今回はそのステージ構成そのものから変えてきた彼ら。エンドステージからまっすぐ伸びる花道の先にあるサブステージ、さらにそこから左右に伸びる花道の先にもそれぞれサブステージが組まれており、少しでもファンの近くでパフォーマンスをしようという彼らの思いが伝わる。ライブでは「ただひたすらにファンと遊ぶ」ということをコンセプトにしてきたが、デビューから5年。今回のライブでは“音楽”で遊ぶだけではなく、聴かせる・魅せるといったこだわりも随所に感じられた。

アルバムのリード曲である「Like a zombie」では、ゾンビに扮したダンサーたちをグンソクが自在に操るような演出で、曲の世界観を見事に表現して会場を沸かせた。途中いくつかのブレイク映像を除き、ほぼノンストップで17曲を披露。「Yoga fire」ではダンサーを従えて、初の本格的なダンスパフォーマンスを見せた。続く「WOW」は、今回のライブの最大の盛り上がり曲となっており、「WOW~WOW~」という掛け声に合わせた振り付けをファンたちも一緒になって盛り上げる。その後ブレイク映像を挟んだ後は、一転しっとりとした演出で、メロディアスなナンバー「I feel you」を聴かせた。

その後、ようやく初のMCタイム。ここでは、最近のお互いについてやニューアルバムに込めた想い、さらにはふたりの出逢いにまで遡ってトーク。日本語がなかなか上達しないBIG BROTHERを茶化しながらも、彼の話す言葉をグンソクが流暢な日本語で通訳するなど、ステージング中だけではないふたりの息の合ったやりとりに彼らが築いてきた絆が垣間見えた。そしてここで、急遽決定した12月の追加公演を発表したふたり。思いがけないサプライズに会場は悲鳴にも似た歓声に包まれた。

アンコールブレイク後は「Shake it」や「Feel the beat」などおなじみのナンバーで、大エンディングに向けて会場をさらに煽るふたり。最後は演出席にまで乱入し、ファンだけでなくスタッフをも巻き込んでの「WOW」に会場の盛り上がりは最高潮に。そして、この日発表された代々木第一体育館での追加公演での再会を約束して、大阪・横浜あわせてのべ4万人を動員した“PARTY”を締めくくった。

@FRAU INTERNATIONAL


ライブ情報

TEAM H PARTY -Monologue-
12/15(木)東京・代々木第一体育館
12/16(金)東京・代々木第一体育館


リリース情報

2016.10.12 ON SALE
TEAM H
ALBUM『Monologue』


チャン・グンソク OFFICIAL WEBSITE
http://www.jang-keunsuk.jp/

チャン・グンソク ユニバーサルミュージック EMI Records OFFICIAL WEBSITE
http://www.universal-music.co.jp/jang-keunsuk

TEAM H OFFICIAL BLOG
http://ameblo.jp/th-jangkeunsuk/


161029-st-172901

161029-st-172902

161029-st-172903

161029-st-172904

161029-st-172905

161029-st-172906

161029-st-174602

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人