乃木坂46が「サヨナラの意味」初披露!鈴木愛理(℃-ute)×SCANDALコラボも!『日テレハロウィンライブ2016』開幕

『日テレハロウィンライブ2016』の初日公演が、10月28日に東京・代々木第一体育館で開催された。この日はカントリー・ガールズ、Little Glee Monster、SCANDAL、KEYTALK、乃木坂46、℃-uteの6組が参加し、4時間弱に及ぶ熱いパフォーマンスを繰り広げた。

冒頭には、総合MCの桝太一(日本テレビアナウンサー)がドラキュラ姿に扮して登場。「Happy~~~!」と呼びかけ、「ハロウイーン ~~~!」と返すコール&レスポンスの練習でまずは会場を温める。

トップバッターは、カントリー・ガールズ。黒い角に白いドレスの自称るんるんデビル(!?)に扮したメンバーがステージに上がるや、場内に無数のサイリウムが揺れる。「VIVA!バラ色の人生」「愛おしくってごめんね」と元気よく続け、「最初から飛ばしていくよ!」と「恋泥棒」に突入。思い思いの仮装に扮した客席を見渡した、ももち(嗣永桃子)は「仮装だらけで楽しいイベントですね? 私たちカントリーガールズも可愛くないですか?」と呼びかけ、「気分はとってもアガってます!」とロカビリー調の最新シングル「どーだっていいの」を披露。間奏ではランウェイに移り、客席にボールを投げ入れるメンバーからのトリック・オア・トリートでハロウィンらしさも演出した。

Little Glee Monsterは、赤をベースに黒い翼や角にマント、魔女風の帽子などの仮装で登場。テーマはリトル・デビル・モンスター。「SAY!!!」でのタオルパフォーマンスの熱演に、客席もアーティスト名にちなんでサイリウムの色をグリーンにして応える。中盤の応援曲メドレーでは、ドリカムの「何度でも」や中島みゆきの「ファイト」などの応援ソングをメンバー6人だけのアカペラだけで次々に歌っていき、歌の巧さとハーモニーの美しさで客席を圧倒した。「こころを込めて歌いたいと思います!」とラストは、11月9日にリリースする新曲「はじまりのうた」を初披露し、次の出演者へとバトンを渡した。

ホラー系やアメコミキャラにいきがちなハロウィン仮装のなかで異彩を放ったのは、SCANDALの出で立ち。イメージはピーターパンに出てくるタイガー・リリーだったが、「誇張しすぎたかも」と、自嘲気味に話すのはボーカルのHARUNA。ネイティブアメリカン調のフォークロアスタイルは、60年代のヒップなロックスターを見ているよう。

中盤には、℃-uteの鈴木愛理が飛び入り。タイガー・リリーに合わせ、衣装やメイクは「トイ・ストーリー」のジェシーを意識。鈴木が、SCANDALのライブを観に行くほど彼女たちのファンであることをきっかけに、この共演が実現したのだが、実はHARUNAもかつて鈴木が所属していたグループ、あぁ!時代のデビューシングルを持っており、実はファンだったと明かすひと幕も。彼女たちのコラボレーションの曲は、鈴木のリクエストで「瞬間センチメンタル」。アイドルとガールズロックの異色のコラボレーションで場内を沸かせた。

「笑点」のテーマ曲に乗って、紫、緑、黄色、赤の着物姿でステージに現れたのは、この日唯一の男性アーティスト、KEYTALKの4人。座布団を持ち込んだ大喜利風の寸劇から、パッと着物を脱ぎ捨てヘヴィなロックを披露。11月23日にリリースされる新曲「Love me」を演奏した後、コール&レスポンスで煽って客席を充分に温め、ダンスロックナンバー「MATSURI BAYASHI」に突入。「もう一丁、踊りの曲をやっていいですか?」と一挙に「MONSTER DANCE」に雪崩れ込む。途中からゾンビ姿に扮したダンサーもジョイン、さらにカントリー・ガールズのももちと桝アナも乱入。ももちのモンスターダンスには会場から「可愛いっ!」と歓声が飛び交う。広い会場を巨大なダンスフロアに転じさせたKEYTALKのパフォーマンスはさすがのひとことだった。

5組目は、乃木坂46。白と黒のモノトーンのドレスに身を包んだメンバーが、ときにはステージの左右に、ときにはセンターで入り混じる。「OVERTURE」での一糸乱れぬフォーメーションでのパフォーマンスでスタート。怒号にも似た地響きのような大歓声に「制服のマネキン」「命は美しい」「きっかけ」と、怒涛の3連発で応える。『日テレハロウィンライブ』には2年連続出場の乃木坂46、今年のハロウィンコスチュームのテーマは天使と悪魔。白い衣装はヴィンテージウェデイングドレスを解体して作られ、黒はゴシックをモチーフ。しかも、それぞれが少しずつデザインが違うという凝ったもの。昨年に続いて桝アナとのコラボレーション“桝坂46”コーナーも実施。桝アナはなんと、白い天使姿で参戦し「裸足でサマー」を共にパフォーマンス。メンバーからは「完璧!」と評判も上々だった。

この日は、橋本奈々未が初センターを務める新曲「サヨナラの意味」も初お披露目。自身のカラーでもある緑色のサイリウムに染まった会場を見渡した橋本は「とっても綺麗だった!」と感激。「これから進んでいく人たちに向けて、また、これからの私自身にとっても大事な曲です!」と新曲への想いを語る。これを受け、キャプテンの桜井玲香は「さみしいなと思いますけど、いろんな方に聴いていただいて、残りの時間をみんなで噛み締めながら大事にしていきたいと思います!」とエールを送った。最後は、橋本が「これからも乃木坂46をよろしくお願いします!」と締め、7曲30分のステージを終えた。

トリは、来年6月での解散を発表した ℃-ute。彼女たちにとっては、これが最後のハロウィンライブ。白が鮮やかなナースのコスプレ姿で登場。11月2日リリースの新曲「夢幻クライマックス」から始まり、鉄板ナンバーをキレッキレッのダンスで次々に披露していく。℃-uteの息もつかせぬ熱演にオーディエンスも大きな声援を送り続ける。そんな会場の雰囲気に、メンバーも「アウェイに弱いのですが、今日のお客さんは本当に温かく楽しいライブができました!」と感激。「今日知ってくれたお客さんもぜひとも気軽にライブに来てください!」と呼びかけた。

『日テレハロウィンライブ2016』は、同会場で10月30日まで開催。出演者など詳細はイベント公式サイトで。なお、28日の公演の模様は、11月26日、21:30よりCS日テレにて放送される。

PHOTO by 山内洋枝

『日テレハロウィンライブ2016』
2016年10月28日(土)東京・代々木第一体育館

<セットリスト>
■カントリー・ガールズ
01.VIVA!バラ色の人生
02.愛おしくってごめんね
03.恋泥棒
04.浮気なハニーパイ
05.リズムが呼んでいるぞ
06.どーだっていいの

■Little Glee Monster 
01.好きだ。
02.SAY!!!
03.私らしく生きてみたい
04.応援メドレーアカペラ
05.はじまりのうた

■SCANDAL
01.LOVE SURVIVE
02.EVERYBODY SAY YEAH!
03.瞬間センチメンタル with 鈴木愛理(℃-ute)
04.テイクミーアウト
05.会わないつもりの、元気でね
06.太陽スキャンダラス

■KEYTALK
01.HELLO WONDERLAND
02.YURAMEKI SUMMER
03.Love me
04.MATSURI BAYASHI
05.MONSTER DANCE

■乃木坂46
01.制服のマネキン
02.命は美しい
03.きっかけ
04.裸足でSummer with 桝太一 from 日テレ
05.サヨナラの意味
06.おいでシャンプー
07.ガールズルール

■℃-ute
01.OPSE~夢幻クライマックス
02.愛ってとっても新鮮
03.kiss me愛してる
04.会いたい 会いたい 会いたいな
05.悲しきヘブン
06.人生はSTEP!
07.アイアンハート

MC:桝 太一 (日本テレビ アナウンサー)

『日テレハロウィンライブ2016』イベントサイト
http://www.ntv.co.jp/halloweenlive/


161029-st-153901

161029-st-153902

161029-st-153903

161029-st-153904

161029-st-153905

161029-st-153906

161029-st-153907

161029-st-153908

161029-st-153909

161029-st-153910

161029-st-153911

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人