冨田ラボ、新作アルバムからの第3弾先行シングルは高城晶平(cero)&坂本真綾コラボ曲!ティザー映像も公開

冨田恵一によるセルフプロジェクト、冨田ラボが、オリジナルアルバム『SUPERFINE』(11月30日発売)から、第3弾先行リリースとして「ふたりは空気の底に feat.高城晶平/荒川小景 feat.坂本真綾」を配信および7インチシングルで発売する。
※「高城晶平」の高は、はしごだかが正式表記。

『SUPERFINE』(意味:極上・繊細)と名付けられた新作アルバムは全10曲収録予定。YONCE(Suchmos)、安部勇磨(never young beach)、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、城戸あき子(CICADA)、高城晶平(cero)、坂本真綾、AKIO、藤原さくら、かせきさいだぁ、ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)、 鴨田潤(イルリメ / (((さらうんど))))、Avec Avec(Sugar’s Campaign)、若林とも(CICADA)、堀込高樹(KIRINJI)らを迎え、冨田ラボによりレコーディングが行われている。

同作からは「Radio体操ガール feat.YONCE / 雪の街 feat.安部勇磨」(9月23日発売)、「冨田魚店 feat.コムアイ/ 鼓動 feat.城戸あき子」(10月24日発売)が先行リリースされており、アルバム先行シングルは、今回の第3弾が最終となる。

独創的なサウンドと巧みなストーリーテリングで人気のバンド、ceroの中心人物である高城晶平をフィーチャーした「ふたりは空気の底に feat.高城晶平」は、サウンド面のみならず高城の歌唱力も評価していた冨田が、ceroとはまた違った魅力を感じることができる曲に仕上げている。

一方、2015年にCDデビュー20周年を迎え、歌手、声優、エッセイストなど多岐にわたって活躍、日本国内のみならず世界各国のファンから支持を得ている坂本真綾をフィーチャーした「荒川小景 feat.坂本真綾」は、坂本のボーカルのセンチメンタリズムが堪能できる作品。冨田は、以前より親交のあった坂本の参加をアルバムの構想段階から熱望していたという。作詞を担当した堀込高樹(KIRINJI)によるリアルな女性目線の猫写にも注目だ。

「ふたりは空気の底に feat.高城晶平」「荒川小景 feat.坂本真綾」、それぞれのレコーディングの様子を垣間見ることができるティザー映像と、シングルのジャケット写真もあわせて公開された。

「ふたりは空気の底に feat.高城晶平/荒川小景 feat.坂本真綾」は、11月11日よりレコチョク、iTunes、moraなど各配信サイト、Apple Music、AWA、LINE MUSICなど定額制サービスにて配信をスタート。7インチアナログ盤は、500枚限定でHMVレコードより発売される。


リリース情報

2016.10.21 ON SALE
DIGITAL SINGLE「冨田魚店 feat.コムアイ/ 鼓動 feat.城戸あき子」

2016.11.11 ON SALE
DIGITAL SINGLE「ふたりは空気の底に feat.高城晶平 / 荒川小景 feat.坂本真綾」
※7inchアナログ盤もHMVレコードより500枚限定リリース

2016.11.30 ON SALE
ALBUM『SUPERFINE』


冨田恵一 OFFICIAL WEBSITE
http://www.tomitalab.com


161029-st-035802161021-TR-150000

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人