「THE ALFEEには、すでに見た目で勝っています」。噂の新人バンド“The KanLeKeeZ”待望のメジャーデビュー

J-ROCKシーンにおける、最年長新人バンド“The KanLeKeeZ”(ザ・カンレキーズ)のメジャーデビューが決定した。

カラフルなミリタリールックを身に纏い、2015年から突如、THE ALFEEのコンサートのステージに現れた謎の3人組バンド、The KanLeKeeZ。1960年代を席巻したGSサウンドをルーツに、さらに進化したサウンドを携え、12月には早くもデビューアルバム『G.S. meets The KanLeKeeZ』をリリースする。

【The KanLeKeeZとは】
1960年代、音楽に大きな革命が起きた時代。
世界ではザ・ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディランが大注目され、日本ではグループ・サウンズ(GS)が大ブームだった。これらの音楽を奏でる者は、見た目のインパクトも目新しく、皆この時代のアイドルだった。
ギターを手に、バンドスタイルで、強いメッセージを載せたロックもあれば、快楽を追及するサウンドもあった。
The KanLeKeeZのメンバーが青春を迎えたのもこの60年代だった。メロディー、リズム、歌詞の世界観、これらの要素が時代を作っていた。音楽が豊かだったその時代に、彼ら3人は「音楽」で人を笑顔にする「夢」を見た。3人はTHE ALFEEというカタチでその夢をかなえたが、還暦を過ぎてから、改めて初心に戻るかのように、子供の頃の自分たちを魅了した音楽を甦えらせる新しい手段を創った。

〜誕生〜
THE ALFEEのメンバーが3人全員が還暦を迎えた、2015年の春、TOURパンフレットに登場しその存在が話題になる。
ザ・カンレキーズとして突如ステージ現れたのは、THE ALFEEの『Best Hit Alfee Final 2015』の武道館。THE ALFEEの新曲である「G.S. I Love You」をカバーした。当時は赤いミリタリールックが象徴だった。
2016年のザ・カンレキーズは青いミリタリールック。THE ALFEEのコンサートのみで会える3人のユニットだったが、いよいよCDでもデビュー。
2016年12月現在平均年齢61.67歳のこのロック・バンドは、その名も“The KanLeKeeZ”と改め、最年長新人としていよいよ正式デビューすることになる。

〜コンセプト〜
The KanLeKeeZはTHE ALFEEのコンサートにて、彼らのルーツであるGSサウンドを奏で、国内外のGS/サーフロックの名曲をパフォーマンス。演奏し、歌い、そして振付もある彼らのアーティストスタイルは、古き良きポップミュージックへのリスペクト、当時のバンドサウンドへの憧れが凝縮されている。60年代の象徴であった、見て楽しい、聴いて楽しい「音楽」の本質を、2016年に改めて振り替える機会を与えるべく、彼らのデビューアルバムには、ライブでお馴染みの名曲のカバーのほか、The KanLeKeeZのオリジナル楽曲も収録されている。

音楽の楽しみ方を正しく伝えることができるのは、還暦を超えても日本の音楽業界の第一線で活躍している彼らにしかできないことであろう。またそれは、彼らの使命なのかもしれない。

The KanLeKeeZ コメント
バンド結成42年目、The KanLeKeeZは、今年デビュー42年目のTHE ALFEEにつられて12月21日発売の『G.S. meets The KanLeKeeZ』でCDデビューします!
新人バンドでは最年長ですが、GS愛にかけてはTHE ALFEEには負けません!
THE ALFEEの衣装はバラバラですが、僕らは懐かしのGS風ミリタリールックのユニフォームで統一! すでに、見た目で勝っています! ぜひ、このデビューCDでもTHE ALFEEには勝ちたい!
現在、The KanLeKeeZは、THE ALFEEのツアーと共に回っていますが、夢は単独ライブツアー!
THE ALFEEのクリスマス武道館では新曲を披露して、彼らを越えたいと密かに闘志を燃やしている次第です!


リリース情報

2016.12.21 ON SALE
ALBUM『G.S. meets The KanLeKeeZ』


THE ALFEE OFFICIAL WEBSITE
http://www.alfee.com/


161026-CI-123001

The KanLeKeeZのライバルグループ、THE ALFEE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人