【今週のオリコン】宇多田ヒカル最新アルバムが4週連続首位!シングルはSexy Zone、イエモンが1、2位を獲得

【アルバム】
宇多田ヒカルの最新アルバム『Fantôme』(9月28日発売)が、週間売り上げ4.6万枚を記録。今週発表の最新10月31日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:10月17日~10月23日)で、初登場1位を記録した10月10日付から、4週連続となる1位獲得を達成した。

4週連続のアルバム1位獲得は、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEによるベスト盤とオリジナル盤のセット作品『THE BEST/BLUE IMPACT』(2014年1月発売:最高4週連続)が2014年1月27日付で達成して以来、2年9ヵ月ぶり。女性アーティストとしては、安室奈美恵のベスト盤『BEST FICTION』(2008年7月発売:最高6週連続)が2008年9月1日付で達成して以来、8年2ヵ月ぶりとなる。

また、単独のオリジナル盤としては、コブクロの『5296』(2007年12月発売:最高4週連続)が2008年1月21日付で達成して以来、8年9ヵ月ぶり。女性アーティストのオリジナル盤としては、倖田來未の『Black Cherry』(2006年12月発売:最高4週連続)が2007年1月22日付で達成して以来で、9年9ヵ月ぶりの快挙となった。

『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』(2004年3月発売)と並び、自己最高タイとなる4週連続1位獲得を果たした今作。NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」や、日本テレビ系報道番組「NEWS ZERO」のテーマ曲「真夏の通り雨」など全11曲が収録され、今週付時点における累積売上は46.5万枚に達した。

【アルバム、その他のトピック】
◆CNBLUEの日本における5thアルバム『EUPHORIA』(10月19日発売)が、初週売上3.3万枚で2位に初登場。CNBLUEは日本におけるメジャーアルバム5作すべてでTOP3入りを果たした。同バンドは、日本デビュー5周年の記念日当日に発売された今作を引っ提げ、11月2日の幕張メッセイベントホール公演より、アリーナツアー「CNBLUE 5th ANNIVERSARY ARENA TOUR 2016 -Our Glory Days-」をスタートさせる。
◆藍井エイルのベストアルバム『BEST -E-』と『BEST -A-』(ともに10月19日発売)が、2作同時に初登場TOP5入り。『BEST -E-』が初週売上2.0万枚(2万497枚)でアルバム自己最高位となる3位を獲得、『BEST -A-』は同じく2.0万枚(2万373枚)で4位にランクインした。ソロアーティストによるアルバム2作同時TOP5入りは、西野カナの『Secret Collection ~GREEN~』と『同 ~RED~』(2015年11月発売)が2015年11月30日付と12月7日付で記録して以来11ヵ月ぶりとなる。
◆My Hair is Badの2ndフルアルバム『woman’s』(10月19日発売)が、初週売上1.7万枚で5位に初登場した。同バンドの音楽作品による過去最高位は、アルバムではインディーズで発売された1stフルアルバム『narimi』(2014年10月発売)の最高45位、シングルではメジャー初シングル「時代をあつめて(戦争を知らない大人たち/最愛の果て/悪口たち/卒業)」(2016年5月発売)の最高18位だったが、今作はいずれも大きく上回る好発進。アルバム・シングル通じて初の「オリコンTOP5入り」を果たした。

【シングル】
Sexy Zoneの最新シングル「よびすて」(10月19日発売)が、発売初週に11.5万枚を売り上げ、今週発表の最新10月31日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:10月17日~10月23日)で初登場1位を獲得した。

Sexy Zoneは、デビュー曲「Sexy Zone」(2011年11月発売)からのシングル連続1位獲得作品数を12作連続(※)に更新。また、アルバムも含めた全音楽(CD)作品の連続1位獲得作品数もデビューから16作連続としている。
※デビューからのシングル連続1位獲得作品数でアーティスト歴代6位。

今作表題曲は、まもなくデビュー5周年の節目を迎えるSexy Zoneにとって初となるミディアムバラード。想いを寄せる相手の名前を初めて “よびすて” で呼んだ時の心情を中心に、淡く切ない⻘春模様を歌ったラブソングとなっている。

そして、今年15年ぶりに再集結したTHE YELLOW MONKEYの最新シングル「砂の塔」(10月19日発売)が、発売初週に9.5万枚を売り上げ、2位に初登場した。

THE YELLOW MONKEYのシングルTOP3入りは通算7作目で、2001年2月12日付において「プライマル。」(2001年1月発売:最高3位)が3位を獲得して以来、15年9ヵ月ぶり。ファン待望の再集結後初のシングルで、その根強い人気ぶりを表す結果となった。

今作の表題曲は、TBS系金曜ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」の主題歌に起用されており、カップリングには、今年2月に発表された再集結後初の新曲で、バンド集結のことを歌うと同時に、今の日本を元気づけたいという思いが込められた楽曲「ALRIGHT」が収録されている。

【シングル、その他のトピック】
◆アンジュルムの最新シングル「上手く言えない/愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間/忘れてあげる」(10月19日発売)が、初週売上3.1万枚で3位に初登場。同グループは、スマイレージからの改名後の初シングル「大器晩成/乙女の逆襲」(最高2位:2015年2月発売)から5作連続となるシングルTOP3入りを果たし、安定した人気ぶりをうかがわせた。
◆サカナクションの最新シングルで、表題曲が資生堂「アネッサ」のTVCMソングに起用された「多分、風。」(10月19日発売)が、初週売上2.6万枚で4位に初登場。今作は前作「新宝島」(2015年9月発売)の初週売上1.9万枚と最高9位をいずれも上回る好スタートとなり、同バンドは通算10作目のシングルTOP10入りを果たした。
◆SUPER JUNIORのリードボーカルを務めるイェソンの、日本における初のソロシングル「雨のち晴れの空の色」(※SUPER JUNIOR-YESUNG名義:10月19日発売)が、初週売上2.3万枚で5位に初登場した。表題曲はイェソンと女優・佐々⽊希のダブル主演で来月より公開される映画「いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」の主題歌となっている。


オリコンランキングはこちら
http://www.oricon.co.jp/rank/


161024-st-181902

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人