板野友美、ボイメン、ぺこ&りゅうちぇるら旬のアーティストが集結!話題の『日本女子博覧会』をレポート

日本の“女子のカルチャー”を大阪から世界へと発信する体験型エキスポ『日本女子博覧会 2016 meets MUSIC CIRCUS RED』が、10月23日にインテックス大阪6号館Bにて開催され、2万7,000人が来場した。

『日本女子博覧会』は、国内外の人気アーティストをはじめ、DJ、アイドル、ファッション、ビューティー、お笑い、グルメ&スイーツ、占い、アート、サブカルから日本の伝統音楽まで、女の子が大好きなコンテンツが大集合した、女の子が主役になって好きなものを体験・体感できる唯一のガールズエキスポ。

4回目を迎えた今年は“ハジケル女子ワールド!躍る!体験・体感!”というテーマのもと、関西最大級のダンスミュージックフェスティバル『MUSIC CIRCUS』とのコラボが実現。なかでもライブやファッションショー、お笑い、アイドル、ダンスと、ジャンルレスに展開する「RED STAGE」をフィーチャーし、6号館Bのメイン会場のステージは、クラブのようなグルーヴ感溢れる熱い盛り上がりを見せた。

また、会場内の約100種に及ぶブースは、ファッション・メイク・ネイル・占い、そして女の子が大好きなスイーツ&グルメが大集合。ほかにも体験ブースや、芸人、モデルと一緒に盛り上がることができるプログラムもあり、終日行列が絶えないほどの盛況ぶりだった。

■メインステージ ライブレポート
【ビューティー】

NMB48の“あかりん”こと吉田朱里が、尼神インター・誠子にアイドルメイク。メイク前はケンドーコバヤシから「同級生のオカン」と揶揄された誠子だったが、アイドルメイクをしたあとも「ツボ売りババア」と揶揄される結果に…。吉田いわく、ポイントはピンクのチークやリップ、「でか目効果のあるアイメイク」とのこと。また、吉田は簡単にできるアイドルメイクをレクチャー。そのほか、旬のメイクからすぐマネしたくなるお手入れ術まで、昨今のビューティー事情に女の子たちは興味しんしんだった。

【ファッション】
2016年秋冬ファッションが大集結。DJとコラボしたファッションショーでは、トップバッターにぺこ・りゅうちぇるが仲よく登場。さらに今井華、宮城舞・宮城大樹姉弟など人気モデルが最新ファッションを着こなして、ランウェイを華やかに盛り上げた。また、最大級オーディションイベント『スタースカウト総選挙』でグランプリを受賞した秋山未有なども登場。フレッシュな魅力で会場を魅了した。この日、ライブを開催した板野友美プロデュースの「Petit Tomo」のウエディングステージも行われた。

【お笑い】
総合MCはケンドーコバヤシが担当。かまいたちや銀シャリなどによるネタもあった。ファッションショーでも芸人らが大活躍。椿鬼奴は艶やかな着物姿を披露。渡辺直美プロデュースのファッションショーでは、ヘンダーソン、ゆりやんレトリィバァなどがモデルとして登場。「吉本新喜劇in日本女子博覧会」では、りゅうちぇるがゲスト出演。森田まりことゴリラの芸をコラボした。りゅうちぇるはゴリラでランウェイを進み、ウンコを投げる仕草も。「ゴリっちゃった」と笑顔で語った。さらに、山田花子が「カモ〜ン!」と誘いをかけた際には「ぺこりーん!」と惑わされ、内場らから「ぺこりんなわけないでしょ!」とツッコまれ、お客さんを喜ばせていた。

【DJ】
『MUSIC CIRCUS』とのコラボということもあり、DJステージが大充実。なかでもDJ HelloKittyは、キッズダンサーも巻き込んで最新エレクトリックミュージックで観客を魅了した。DJ FUMI★YEAH!、DJ寿定といったクラブシーンを牽引する実力派が勢揃い。DJ KELLY(ギャロップ・毛利)、DJ けんじ(モンスターエンジン・大林)という、DJとしても活動する芸人も大活躍。DJ KELLYはDJ&お笑いのマッシュアップに挑戦。藤崎マーケット×ZAZY、ラニーノーズ×大村ジーニアス、ヘンダーソン×ゆりやんレトリィバァのネタとコラボ。重低音とレーザー光線のなかで熱狂するオーディエンス。これまでの『日本女子博覧会』にはない、ディープで刺激的な演出が印象的だった。

【音楽】
旬のアーティストが続々と出演。板野友美は、11月2日発売の2ndアルバム『Get Ready▽』の中からアップテンポなクラブナンバーを。東海エリアを代表する名古屋発のボーイズグループ、BOYS AND MENは、歌詞に名古屋グルメが登場する「なごやめしのうた」で観客とのコール&レスポンス。女性ファンが多く駆けつけたFlowBackや、BsGirls、CHERRSEE、P.IDLといったアイドル勢も。グランドファイナル後、今年の『日本女子博覧会』のラストを飾ったのは世界が誇る無敵のパーティーロック番長と呼ばれるRedfoo。DJブースから降りてランウェイで歌った際は観客のテンションも最高潮に。今年のテーマ“ハジケル女子ワールド!躍る!体験・体感!”にふさわしいエンディングとった。
※▽はハートマーク

【キッズダンスステージ】
キッズダンスステージも大盛り上がり。小学生から高校生までの混合チーム小学生から高校生までの混合チームVILS MLB crewは、仲良しが取り柄のチームというだけあって、息ピッタリのダイナミックなダンスで魅了。ひとりひとりがパッションあふれるダンスで魅了したのはnasty。華麗なダンスでイベントを盛り上げた。


『日本女子博覧会 2016 meets MUSIC CIRCUS RED』OFFICIAL WEBSITE
http://japan-girls-expo.com/


161024-TR-100000

161024-TR-100001

161024-TR-100003

161024-TR-100005

161024-TR-100006

161024-CI-113000

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人