ACIDMAN、新ビジュアル解禁&ニューシングル「最後の星」トレーラー映像公開

2016.10.21

2016年10月よりバンド結成20周年のアニバーサリーイヤーを迎えるACIDMANのニュービジュアルと、ニューシングル「最後の星」(10月26日のミュージックビデオのトレーラーが公開された。

監督は2010年以降、ACIDMANのすべての楽曲のミュージックビデオを手がける盟友・柿本ケンサク。ロケ地はアメリカ、ニューメキシコにあるホワイトサンズ。

チリ、ボリビア(「ALMA」)、上海(「赤橙 Acoustic」)、ケニア、タンザニア(「to live」)、 モロッコ(「アルケミスト」)、 アイスランド(「世界が終わる夜」)と、旅を続けてきたACIDMANと柿本監督。

「最後の星」をイメージさせる無限に広がる白い砂漠で鳴らされたロックアンセムは、大木自身が描き続ける生命の美しさ、強さ、儚さに加え、見たこともないような絶景をバックに演奏するメンバーシーンも重なり、ひとつのショートムービーのような作品に仕上がった。

「ALMA」「アルケミスト」「世界が終わる夜」という至極のロックバラードのミュージックビデオに収められてきた、大木が真理を求め彷徨う、これまでの旅の集大成として、深く心に届く映像となっている。

今回のアートワークは、薄明かりに映える「虹」がキーテーマ。『中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2016』の出演前に突如、現れた虹は、「最後の星」のジャケットのイメージとも重なる素晴らしい虹だったが、今回、ミュージックビデオ撮影のラストカットに、またしても虹が浮かび上がるという奇跡的な巡り合わせを起こした。


リリース情報

2016.10.26 ON SALE
SINGLE「最後の星」


ACIDMAN OFFICIAL WEBSITE
http://acidman.jp/content/


161021-TR-150007

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人