初の大阪開催!星野 源、藤原さくら、レキシら出演『ビクターロック祭り』で11,000人が大熱狂

レコードメーカーである、ビクターエンタテインメント(以下ビクター)のロックフェスティバル『ビクターロック祭り2016~大阪秋の陣~』が、10月9日に大阪城ホールにて開催された。

『ビクターロック祭り』は、音楽事業で80年を超える歴史をもつ日本のレコード会社として、いつの時代もロックシーンに確かな足跡を残し続けているビクターが「ずっとロック、これからもロック」を合言葉に、満を持して開催する“ロックのお祭り”。これまで、2014年、2015年、2016年と関東地区で開催されてきたが、今回はMBSとの共催で初の大阪開催となった。

『ビクターロック祭り~大阪秋の陣~』のスタートは、まずはオープニングアクトとしてXmas Eileenがステージに登場。新人離れした勢いのある熱いパフォーマンスでまずはステージをあたためた。

本編のトップバッターとしてステージに登場したのは、Gacharic Spin。9月7日にリリースしたばかりのニューアルバム『確実変動』からCMソング「シャキシャキして!!」ほかの楽曲を、いつもどおりの全力パフォーマンスで披露し、大阪の観客を熱狂させた。

3番目に登場したのは、春のテレビドラマで福山雅治と共演して一躍話題になった、女性シンガーソングライターの藤原さくら。本人出演ドラマの主題歌「Soup」などの楽曲を、個性的なスモーキーボイスで披露し、満員の観客から大喝采を浴びた。

ステージも中盤戦。今年も多くのフェスで大人気だった若手ロックバンド、KEYTALKが登場。最新シングルの「MATSURI BAYASHI」ではダンサーも舞台に上がって、一気に大阪城ホールを秋祭り会場に変えた。

そして、今や大型フェスティバルにはなくてはならない存在となった、レキシが登場。代表曲の「狩りから稲作まで」の演奏時での会場全体に揺れる稲穂の光景はまさに「大阪の秋」を感じさせた。

そしてステージもいよいよ後半戦。スガ シカオが同じビクター所属のTHE BACK HORNのギタリスト菅波栄純を迎えてステージに登場。ハードかつディープなサウンドのパフォーマンスで、観客を魅了した。

そしてイベントの最後を務めるのは、10月5日にニューシングル「恋」をリリースしたばかりの星野 源。奇しくも、現在出演中の大河ドラマでも縁の深い大阪城にて、会場全体の熱い声援に応え9曲を熱唱した。アンコールでは、リリースになったばかりの新曲「恋」も初披露。オオトリにふさわしい圧巻のライブを展開し満員の大阪城ホールを沸かせた。

こうして約7時間に及んだ『ビクターロック祭り2016~大阪秋の陣~』は大盛況のうちに終演。なお、2017年3月18日には幕張メッセにて4回目の開催が発表されている。

<セットリスト>
■Xmas Eileen(オープニングアクト)
M1  Fly High
M2  Walk the Talk
M3  March
M4  Keep on A・B・C・ing

■Gacharic Spin
M1  KAKUHEN
M2  赤裸ライアー
M3  シャキシャキして!!
M4  ダンガンビート

■藤原さくら
M1  Lucky boy
M2  Walking on the clouds
M3  I wanna go out
M4 Cigarette butts
M5  好きよ 好きよ 好きよ
M6  Soup
M7  We are You are
M8「かわいい」

■KEYTALK
M1 HELLO WONDERLAND
M2  パラレル
M3  fiction escape
M4  エンドロール
M5  桜花爛漫
M6  Love me
M7  MATSURI BAYASHI
M8  MONSTER DANCE

■レキシ
M1  きらきら武士
M2  SHIKIBU
M3  狩りから稲作へ
M4  KMTR645

■スガ シカオwith菅波栄純(THE BACK HORN)
M1  夜空ノムコウ
M2  赤い実
M3  あなたひとりだけ 幸せになることは 許されないのよ
M4  19才
M5  真夜中の虹
M6  奇跡
M7  Progress

■星野 源
M1  くせのうた
M2  地獄でなぜ悪い
M3  化物
M4  桜の森
M5  夢の外へ
M6  Crazy Crazy
M7  SUN
M8  Week End

EN  恋


ライブ情報

ビクターロック祭り2017
2017/03/18(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場


『ビクターロック祭り2017』OFFICIAL WEBSITE
http://rockmatsuri.com


161012-TR-170010

161012-TR-170011

161012-TR-170012

161012-TR-170013

161012-TR-170014

161012-TR-170015

161012-TR-170017

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人